Mixed Realityから始まる産業革命

不動産物件の魅力を「体感」で訴える

「 VR や AR の時には決して感じなかった可能性を Mixed Reality(複合現実)に感じた」。品川マイクロソフト本社で Microsoft HoloLens を体験した大京グループのメンバーらは一様に口をそろえた。『ライオンズマンション』で知られる大京グループでは、業界に先駆け VR や AR を活用してきた。仲介物件やリノベーション済み物件の空室空間に 3D データのインテリアを仮想的に配置したり、物件の内覧を VR で体験したりするサービスなどを数多く展開しているのだ。そうした先進技術活用の実績豊富な彼らが、Microsoft HoloLens に見出した“新たな可能性”とは? 大京グループの3人の担当者が語る。

[ 大京グループ プロフィール ]

顧客に対して未来の姿を先取りした提案を

―大京グループでは VR や AR をいち早く活用してこられましたが、その背景を教えてください。
株式会社大京 事業統括部
販売管理室WEB戦略課 課長 寺内 肇氏
寺内:私たちは、住まいという「居住空間」をお客さまに提供していますので、まだ完成していない”空間”をどうすれば分かりやすくお伝えできるのかということは大きな課題でした。そこで着目したのが VR や AR です。新築マンションの販売時には、VR 技術の活用によって、モデルルームではお伝えしきれない「共用部」や「周辺環境」を表現できるようになりました。
また、リノベーション物件では、AR 技術によってリフォーム後のお部屋や家具レイアウトがイメージしやすくなり、スピーディーなご提案にも役立っています。他社との差別化という観点ももちろんありますが、顧客サービスの向上につながることが、導入の大きな理由です。
-今回、Microsoft HoloLens を体験いただいた感想はいかがでしたか?
株式会社大京穴吹不動産 事業統括部
研究開発室 係長 田渕 裕美氏
寺内:「想像していた以上に見やすい」というのが第一印象です。空間をスキャンする認識速度も非常に速く、現実世界とのギャップが少ないので、いわゆる「 VR 酔い」などの問題もありませんね。

田渕:MR のデバイスは、今回初めて体験しましたが、実際の空間の中に仮想的画像が現れるので“未来の姿を垣間見た”というワクワク感があります。これをビジネスにどう活かしていこうかという夢が広がっていきますね。

河村:私もこれまでに VR や AR は体験してきましたが、MR が思いのほか見やすいのに驚きました。VR などと違って“いま自分がいる実際の空間が見えている”という安心感もあります。今後、急激に普及していきそうな予感がします。

本文は以下に続く ↓

品川マイクロソフト本社での Microsoft HoloLens 体験の様子。当日は総勢6名の大京グループメンバーが MR の様々なアプリケーションを実際に操作した。

人体の3Dモデルを実物大で観られる研修用のアプリ。
床の上に置いた 3D モデル周囲を自由に歩き回って構造を確認できる。

部屋の壁や床など好きなところに仮想の“穴”をあけることができるアプリ。
穴の向こうには広大な空間が広がっており、実際に距離感が得られる。

3D CAD の建築モデルを自在に縮尺を変えながらシミュレーションできるアプリ。
1/1スケールに拡大すれば本当に建物の中にいるような体験ができる。

Mixed Reality によって新たな顧客体験が可能に

-顧客に対する提案プロセスで「こんな風に使えそうだ」というアイデアは?
株式会社大京穴吹不動産 事業統括部
研究開発室 係長 河村 圭衣子氏
河村:中古マンションの場合、物件の内装は本物をお見せして、その中を自由にリフォームしていただきたいわけです。VR だとすべてが CG なので、それこそバーチャルな「作りモノ」感がありますが、MR ならば周囲の箱はまさに本物です。それと AR はスマートフォン上にイメージ画像を映し出すので、本当のサイズ感は把握しにくい。MR なら実際に物件の中を自由に回遊し、さまざまな角度から原寸大で確認することができるのも大きな魅力だと思います。
田渕:インテリアをリアルなサイズ感で体感できるのはいいですね。例えば、家具のカタログデータを 3D で取り込んでおけば、現場にメジャーを持ち込んで採寸するなどの手間も省けて、そのまま家具を設置した時のリアルなイメージが把握できます。そうなると、家具の販促にも貢献してくれそうです。
寺内:先ほども話題に出ましたが、空間認識が速いので、仮想の壁を築いて自由に間取りを変えたり、壁紙や床材などをチョイスしたり、什器や調度を置いたりできますね。外側の「箱」だけ築ければ、即座にさまざまなインテリア環境が提示できるので、営業としては提案力が格段に上がります。一般のお客様にとって、壁紙や床材などを小さな見本帳で選んで、完成したインテリア全体のイメージを思い描くのはそれほど容易ではありません。一方 MR なら、それがリアルに可視化でき、その中にご自身が立つことができますから。

物件の保守・メンテナンス面でもパワーを発揮

―どんどんアイデアが浮かんできますね。施工業者などとのコミュニケーション面での活用はいかがでしょう?
寺内:いま、施工技術者の高齢化や後継者問題などもあり、メンテナンスや営繕の技術的継承性も、無視できない問題となっています。Microsoft HoloLens は装着者が見ている映像をそのまま内蔵カメラでとらえてインターネット経由で共有することができますね。これを活用すれば、現地の施工業者と当社の設計者やエンジニアが、同一のビジュアルイメージを共有しながら、一層きめ細かなコミュニケーションが図れるようになります。加えて、Microsoft HoloLens の視界の中に CAD の設計図や工程表のウィンドウを自在に開いて確認できる機能なども大いに役立ちそうです。
河村:管理会社と現地に常駐する管理員の連携を深めることもできますね。
田渕:マンションの大規模修繕工事の場合、工事のあり方を巡って、住民の皆さんと施工業者との意思疎通が大切になります。ここでも、工事方針や施工中~施工後の姿などを時系列を追って視覚的に共有することができるので、両者間で誤解の基となる認識の齟齬を生むこともなく、スムーズに調整が進められるのではないでしょうか。

時間やロケーションにとらわれない販売活動が実現

―Mixed Realityが、今後販売活動のビジネスモデルを変えていく可能性はありますか?
河村:Microsoft HoloLens の、別々の場所にいる人同士が共通の CG イメージを共有できる機能も使えそうです。複数の営業拠点をまたいで活用すれば、例えばお客様は東京に居ながら、札幌の担当者が物件を案内するなど、商圏を越えた営業も可能になります。リゾート物件やセカンドハウス・ニーズにも、さらにきめ細かくお応えすることができます。札幌の物件を見ていただいたのに続いて、そのまま沖縄と宮崎のマンションを見ていただくとか。また、海外の投資家の中には、現地においでになることなく、カタログ情報だけで物件を検討するケースも多いのです。海外から Microsoft HoloLens 経由でアクセスしてもらい、現地に居ながらにして日本の物件を疑似体験していただければ、さらに購入意欲を膨らませていただくこともできそうです。
寺内:建設中の新築マンションですと、内装が終わっている低層階のご見学後に、施工中のため立ち入れない高層階の眺望も見たいとお客様がおっしゃる場合も少なくありません。そんなケースでも、低層階にいながら高層階からの眺望を Microsoft HoloLens で比較していただくことも可能になります。昼間に、窓からの夜景を見ていただいたり、四季の変化をご覧いただいたり、ということも簡単に実現できますね。 またマンションの販売拠点では、モデルルームを設けたり、模型やパース画を展示したり、シアターでムービーを上映したり、実にさまざまな施策が展開されています。それらをすべて Microsoft HoloLens のひとつのアプリケーションに統合する。そんなプレゼンテーションが実現できそうです。例えば、模型ひとつ作るだけでも、相応のコストが必要ですが、今後は MR の活用で、トータルコストの削減とより効果的なプレゼンテーションが同時に期待できそうです。
田渕:確かに、提案範囲がグッと広がりそうですね。市場性を考えれば、モデルルームに非常に先鋭的なインテリアデザインを築くことはできません。しかし、とても尖ったユニークな間取りやデザインを望まれるお客様も、実際にはいらっしゃるわけです。MR を活用すれば、同じ空間をスキャンして、その上にユニークな一品物を仮想的に築くことも可能です。今後はその特性を活かして、モデルルームレスで販売することも可能になるかもしれません。現地には70平米~80平米の大きな“箱”だけがあり、お客様が Microsoft HoloLens でお気に入りの間取りやインテリアを自在にシミュレーションできるような世界です。

寺内:Mixed Reality の登場によって“ VR や AR では感じなかった新しい可能性が拓けた”という実感があります。MR はリアルな空間の中で、時間やロケーションを超えたところに入っていける「体感」を提供することができる。新しい時代のビジネスには、なくてはならない要素になっていくでしょう。「 HoloLens がなかったら、仕事が取れないよ」と言われるようになる予感もします。私たちも早く取り組んでみたいですね。これからのビジネスにおけるイノベーションが楽しみになってきました。

大京グループ

大京グループは、「ライオンズマンション」「サーパスマンション」ブランドを中心とした不動産開発、不動産管理、不動産仲介、建築工事などをグループ一体体制で手掛け、お客様のライフサイクルをトータルにサポートしている。「住まいも 長生きする国へ。」をブランドメッセージに掲げる大京グループでは、建物を大切に、価値あるモノとして次世代に受け継ぐ持続可能な「ストック型社会」実現のため、先進技術を活用したソリューション提供に向け、積極的にチャレンジを続けている。

PAGE TOPへ

関連リンク:「不動産業界経営セミナー MRデバイスの導入方法と課題」
2017年12月12日(火)開催
http://ac.nikkeibp.co.jp/2017z12mrd/
※ご好評のうちに終了いたしました。ご参加ありがとうございました。

Microsoft HoloLens についての詳細・ご購入はこちら→

←ポータルサイトTOPへ