2018.1.1 ISSUE

NIKKEI BUSINESS ON LINE SPECIAL

FEATURED CONTENTS

Interview

「みんなのAI」ですべての人と組織の可能性を広げる

革新的な技術は高額であり ICT に関する専門知識も求められる。そのため多くの人や組織には手が届かない。マイクロソフトはその課題を解決するべく、すべての人や組織が使える「みんなの AI 」の実現に向け 、事業リソースを集中させている。「マイクロソフトは創り出すすべてのものに AI を導入していく。そして、あらゆる産業分野に平等に提供することで AI の民主化を加速させる」と、日本マイクロソフト 執行役員 最高技術責任者 榊原彰氏は力強く語る。誰もが使える AI は、人の、世界の未来にどのような可能性をもたらすのか。

続きを読む

coming next

データがビジネスを動かす時代が到来した

日本マイクロソフト
Principal Software Development Engineer

畠山大有氏

これからのビジネスになぜ AI が必要とされるのか? 鍵は企業が持っている多種多様なデータにある。日々蓄積される膨大なデータを戦略的に活用するためには、進化した AI のテクノロジーが欠かせない。そしてどこよりも早く、イノベーティブなアプリケーションを開発した企業が競争優位に立つ。マイクロソフトはすべての企業に AI の門戸を開く体制とソリューションをそろえている。「みんなのAI」を支える技術的バックボーンについて、日本マイクロソフト 畠山大有氏に訊く。

近日公開

みんなのAIブログ

pickup movie

「プロジェクト エマ」

パーキンソン病による“手の震え”を抑制するために AI を活用。本人が書こうとしている文字やペン先の動きを学習・予測し、震えを打ち消す振動を発生させるデバイスをリアルタイムに AI で制御することで、彼女は、まっすぐな線や細かな文字が書けるように。

ムービーを見る