歴史を動かすビジネス作法

「共感力」「包容力」で人望を集めた西郷隆盛

危険を顧みず、敵陣に乗り込んで交渉を開始!

西郷隆盛は、実は不器用な人でした。同時代の政治家・大隈重信(おおくま しげのぶ)が「西郷は少しも私心無き卓越したる英傑であった」と評価する一方で、「文人でもなければ武人でもない、ただ人情の厚い、涙もろいというだけの人であった」という評にも表れています。

では、なぜその不器用な人が「維新の三傑」(※)のひとりに数えられるまでになったのでしょうか。歴史上に名高い「薩長同盟」や「江戸無血開城」などの交渉に立った西郷の様子から探ってみましょう。※倒幕のために活躍した西郷隆盛、木戸孝允、大久保利通の3人のこと。

1864年、西郷は第一次幕長戦争(長州征伐)に出陣。薩摩藩代表として、征長軍参謀に任命されました。しかし、来るべき新国家樹立のためにも、長州藩を攻め滅ぼすことは本意ではありません。「武力討伐は避け、恭順させよう」と、自ら交渉役となって下関(しものせき)へ乗り込み、長州との会談に臨みました。

長州側は、敵軍の大将格がみずから乗り込んできたことに、大層驚きました。同時に、その真摯な態度に敬服する形で、西郷の説得に耳を貸します。その結果、征長軍と長州の間に講和が結ばれ、幕長戦争は回避されました。

2年後の1866年、薩摩藩は長州藩と同盟を結びます。これが、いわゆる「薩長同盟」で、坂本龍馬の仲介によって実現したものです。当初、この会談は長州の下関で行われる予定でしたが、西郷は直前でこれをすっぽかし、下関には立ち寄らず、京都へ向かってしまいました。

想定外の「ドタキャン」に、長州側の桂小五郎(かつら こごろう)は大激怒。交渉どころか破談となりかけますが、あわてながらも龍馬が桂をなだめ、西郷を追いかけて再度の約束をとりつけました。

このときの西郷の行動の真意は、実は長州に配慮してのものでした。なぜなら、幕府による長州討伐の話が、再び持ち上がっていたからです。京都に着いた西郷は、幕府に協力しないよう、京都にいた大久保利通(おおくぼ としみち)らに呼びかけ、根回しをしたのです。

その後、京都で薩摩・長州両藩は会見を始め、晴れて「薩長同盟」を結んだのでした。10日あまりの交渉のすえ、龍馬に「長州は追いつめられている。あなたがた薩摩から歩み寄ってほしい」と懇願され、西郷は同盟の意を固めたといわれています。結果、幕府に対抗できる勢力ができ、時流は倒幕へ向けて大きく動き出しました。

交渉相手の忠義心に感銘し、条件を撤回!

1868年、ついに薩長を中心とする新政府軍と、旧幕府軍の戦争(戊辰戦争)が始まりました。新政府軍は連戦連勝、意気揚々と江戸へ向けて進軍していました。そこへ、旧幕府側から派遣された使者、山岡鉄舟(やまおか てっしゅう)がやってきます。

先の幕長戦争のときの自分と同様、危険を顧みず乗り込んできた山岡を、西郷は丁重に迎えます。山岡は西郷に対し、江戸総攻撃の中止を頼み込んできました。しかし、幕府を討伐し、江戸城を落とそうと士気満々の新政府軍。そう簡単に攻撃中止はできません。

そこで西郷は、7つの条件を出します。その第1条が「幕府の総大将である徳川慶喜の身柄を差し出せ」というものでした。他の6条はのんだ山岡ですが、その第1条だけはのめないといいます。西郷は「朝命である」と迫りますが、山岡は「もし、島津公がその立場に置かれたら、あなたはこの条件をのむか?」と返しました。

島津公とは、西郷の主君・島津忠義のこと。この一言を聞いた西郷は黙り込みます。山岡の忠義心に感銘を受けたのです。結果、なんと、この第1条を撤回しました。そして慶喜の身の安全を保証したうえで、幕府側との交渉を開始。その後、江戸で勝海舟との最終会見に臨み、「江戸無血開城」を実現させたのです。

大柄な身体に似合わぬ繊細さを持っていた

以上のような坂本龍馬や山岡鉄舟とのやりとりを見ると、西郷はかなり相手の要求を受け入れています。つまり、「弱い立場」である相手の訴えに応じて、自分の要求を取り下げることも多かったようで、交渉上手とはいえない、優柔不断な人だったようにも受け取れます。

しかし、それでも薩摩藩は西郷を藩の代表として起用し続けました。なぜでしょうか。それは、「西郷が相手の立場になって考えられる人」だったからではないでしょうか。現代風にいえば、西郷は「共感力」「包容力」の塊のような情に厚い人物だったのです。

身長180cm、体重110kgと、非常に大柄な人物であった一方、非常に繊細なところがあり、2度の自殺未遂の経験もありました。西郷は常に、じっと相手の言葉に耳を傾け、すべてを受け止めたうえで、考えに考えて決断を下したのです。彼だからこそ、いや彼にしかできない……。西郷を知る人々はそう考えたからこそ、彼を交渉の場に立たせたのかもしれません。実際、西郷が下した仁愛の決断の数々が、日本を明治という新たな時代へと導いたのです。

「私、家来は多数あれども、西郷ひとりは薩国貴重の大宝なり」とは、西郷の最初の主君・島津斉彬(しまづ なりあきら)が残した言葉です。人を愛し、人に愛され、「敬天愛人」の教えどおりの生き方をした西郷にこそ、ふさわしい評価といえるでしょう。

文・上永 哲矢(うえなが てつや) 
参考文献:『西郷隆盛全集』『西郷隆盛伝』ほか

DODAキャリアアドバイザーからのコメント

西郷隆盛の柔軟さから学ぶビジネス作法
~柔軟さを持ちつつ軸をぶらさないことが、
目的達成の一番の近道になる~

非常に高い共感力と包容力を持っていた西郷隆盛ですが、上のコラムでも触れられているように、すぐに交渉相手の条件を受け入れたり自分の要件を取り下げたりと、一見優柔不断そうな部分が垣間見えます。しかし彼の実際の功績を見ると、その柔軟な対応があったからこそ進められたものが多いのです。それは西郷隆盛が決してぶらしてはいけない軸や目的を持っており、それを達成するために柔軟に動いたという姿勢が、功を奏したからではないでしょうか。実はこの「ぶらさない軸や目的を持つこと」、そして「それを達成するために柔軟な対応をすること」というのは一見するとできそうなのですが、実際にその判断・対応が必要になったときに実行するのは結構難しいものです。

例えば転職活動で失敗してしまう人の多くは、転職活動を始めたときに決めていた軸があったのにもかかわらず、途中で軸がぶれてしまい、そのまま企業を選んだことで入社後に後悔してしまう…といったパターンです。具体的に例えると「家族と一緒に過ごす時間をもっと増やしたい」という目的があって転職活動をしていたのに、いつの間にか年収の高い企業に惹かれていき、最終的には年収の高いハードワークな企業を選んで入社、その後やはり後悔して再度転職活動を行う…ということです。この例からも分かるように「軸をぶらさない」ということが、目的達成のための第一歩になります。次に「柔軟な対応」も目的達成のためには大切な要素です。例えば先ほどと同じ「家族と一緒に過ごす時間をもっと増やしたい」という目的の下で転職活動をした場合、多くの人は「今の会社よりもワーク・ライフ・バランスが整った会社」を中心に探すでしょう。しかし実際はそれ以外にも「勤務地が今の会社よりも近い」「リモートワークができる」「完全裁量労働制」など、「家族と一緒に過ごす時間をもっと増やしたい」という目的が達成できる要素を持ち合わせた企業はたくさんあります。何が何でも「残業時間が少ない会社」と決めつけず、「家族と一緒に過ごせる時間が増える会社」として企業を選んだほうが、選択肢が増えて最終的に転職成功の確率が高くなるのです。つまり目的と手段を混合してはいけないということですね。最短最速の目的達成という点で、西郷隆盛から学ぶべき部分はたくさんあると思います。

沖元 宏行

パーソルキャリア株式会社
DODAキャリアアドバイザー

アドバイザー

2008年にメガバンクに法人営業担当として入社。2012年に大手人材広告企業に転職し、転職希望者向けのキャリアアドバイザーと法人向けの採用支援を担当。その後自身で起業し、法人向けの人材採用支援や採用代行の業務を行う。2016年1月、パーソルキャリア株式会社に入社し、現在は管理職やスペシャリストなどエグゼクティブ層の転職支援を行うDODAキャリアアドバイザー。

年収査定

あなたの適正年収はどれくらい?