• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • NATIONAL GEOGRAPHIC
  • 日経電子版
今こそ理想の住まいを手に入れる「BF GranSQUARE」という価値

住まいづくりは、人生を豊かにするために最も重要なテーマの一つ。妥協せず、洗練された上質な住まいを追求する人に注目されているのが、住友林業のハイグレードなブランド「BF GranSQUARE(ビーエフ グランスクエア)」だ。

お得に住まいを手に入れる好機を逃さない

住まいづくりをするなら、今が好機との見方がある。住宅金融支援機構が発表した民間提携の長期固定金利住宅ローン「フラット35」の2月の金利水準は、融資期間21~35年の融資金利(融資率9割以下)は年1.10%と、超低金利が続いている。わずか5年前の2012年には2%を超えたこともあったが、金利が1%違うだけで返済額は大きく異なる。借入金額3000万円、借入期間35年、ボーナス返済なしの元利均等返済の場合、金利が1%違うと返済額の差は約624万円にもなる。「フラット35」の金利は昨年末から上昇の動きも見られるので、お得にローンを組むなら今がチャンスかもしれない。

英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)やトランプ米大統領の誕生、そしてこれら予想外の事態を受けた株式相場の反応など、未来予測が極めて難しい時代になっており、少し先の経済情勢も読めない状態だ。住宅のような大きな買い物をするなら、お得に購入できる機会を確実にものにするのが賢明そうだ。

もう1点、父母・祖父母からの贈与の非課税限度額にも注目したい。自己住居用の住宅を新築するための資金贈与は、一定の要件を満たす場合、1200万円まで非課税となる。消費税が10%に上がらなければ、限度額1200万円は2020年度で終わり、以降1年ごとに200万円ずつ下がっていく。親類から援助が受けられそうなら、節税の観点からも早めに住まいづくりに取り組みたいところ。この好機を生かし、ワンランク上のマイホームを目指してみてはいかがだろう。

ワンランク上の洗練されたデザイン

ワンランク上の家づくりとして検討したいのが、住友林業の「BF GranSQUARE」だ。「BF GranSQUARE」の特長は、確固たるデザインポリシーが打ち出されていること。豊富な経験と見識を備える設計士が担当し、デザインの本質を「必要な要素を残し、無駄な要素を省くこと」と捉え、無駄のないシンプルな形状を追求し、構造、空間、形を整理することで、簡潔で美しいデザインを提案する。「BF GranSQUARE」の端正かつ機能的な外観デザインは、街並みに調和し、街に落ち着いた雰囲気を加えてくれる。

「BF GranSQUARE」のデザインスタイルは大きく3種類。外は閉じ、内に開く「STYLE INSIDE」。庭に向け、外につなぐ「STYLE OUTSIDE」。空に向け、上に広がる「STYLE UPSIDE」、といずれも、周辺環境との調和、機能性、暮らしやすさ、防犯性など、外部とのつながりを大切にしている。また、住まいにさりげなく漂う風合いや風情にもこだわる。木、土、石などの自然素材を積極的に取り入れ、モダンな雰囲気の中にも五感を心地よく刺激する気配を加えている。


スクエアな立方体の内側に中庭を創出し、中庭に向けて大きな開口部をデザイン。都市部でも自然を感じる住空間に。

敷地内に立方体を連続的に配置。居室から庭へと緩やかにつながる開放感を創出するとともに、美しい外観を表現する。

立体的な一部を切り取り、吹き抜けや空へと抜ける空間を創出。上方への開放感が豊かな住まいを実現する。

このデザインの根幹を支え、かつ可能性を大きく広げているのが、耐震性と開放感を両立する先進的な独自構法「ビッグフレーム構法(BF構法)」だ。「BF GranSQUARE」は「ビッグフレーム構法」の特性を最大限に生かし、シンプルな形に、内と外、空間と空間のつながりを美しく機能的に構成する。

高いデザイン性と耐震性を実現する独自構法

ビッグフレーム構法とは、柱幅560mmもあるビッグコラム(大断面集成柱)を主要構造材として使用し、地震や強風など外からの力が伝わる接合部を金属同士によるメタルタッチ接合で強固に固定することで強靭(きょうじん)な住まいを実現する構法。森林経営から製材、加工、部材の調達、施工までに豊かなノウハウを持つ住友林業の独自構法だ。優れた耐震性を備えながら設計の自由度が高く、大開口部を生かした開放感あふれる空間、インナーバルコニーやルーフガーデン、ビルトインガレージなど、デザイン性の高いゆとりある住まいの設計を可能にする。

さらに、四季のはっきりした日本では、季節の移り変わりを考慮した設計も大切だ。「BF GranSQUARE」は夏は涼しく、冬は暖かい住環境を生み出す「涼温房(りょうおんぼう)」という考え方に基づき、冷暖房機器に頼り過ぎず、自然の力を住まいに取り入れる工夫を凝らしている。例えば、夏の暑さを和らげるために、風の通り道をつくる「風の設計」。太陽の位置が低くなる冬は室内に暖かい日光が入りやすい開口部をデザインする「太陽の設計」。植栽で夏の強い日ざしをさえぎり、葉の蒸散作用で涼しさを生み出す「緑の設計」など、さりげない配慮がそこここに光る。

では、実際にどのようなプランを実現できるのだろうか。ぜひカタログで「BF GranSQUARE」の価値を感じてほしい。