• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • NATIONAL GEOGRAPHIC
  • 日経電子版
Great Place to Work® Institute Japan代表 岡元利奈子氏とサイボウズ株式会社 中根弓佳氏による働き方改革と就業環境フォーラム開催!

 経済・業界の最新トレンドを考察し、その新たな経済潮流のもとでビジネスを成功に導く“事業用地” の可能性 をビジネスパーソンに提起する、『新たな経済潮流と事業用地フォーラム2017』。第2回は「働き方改革と就業環境」をテーマに開催いたします。

 政府が日本経済再生に向けた労働生産性を改善する最良の手段であり最大のチャレンジとする「働き方改革」。

 ”働きがい”に関する調査を世界約50カ国で実施している専門機関Great Place to Work® Institute Japan代表 岡元利奈子氏と日経BPビジョナリ―研究所長 徳永太郎を基調講演に招き、「働き方改革」成功への道すじとともに、労働者の多様な働き方に応え、就業環境の改善に資する『オフィス立地』が「働き方改革」におけるポイントになることを明らかにしていただきます。

 労働生産性の向上が多くの企業の喫緊の課題である今、”働きがい”に注目して労働生産性を高めることに成功した企業のオフィスに対する考え方は多くの企業の注目するところとなるはずです。

 また、テレワークなどの働き方改革を促進させるサービス事業者である、サイボウズ株式会社 事業支援本部長 中根弓佳氏に登場いただき、新しい働き方とその働き方に合わせたオフィスの実例紹介をしていただき、これからのオフィスのあり方を探ります。

 ビジネスをサポートするUR都市機構からは、多目的なオフィスの展開に寄与するニュータウンまちづくりとビジネス用地についてご案内します。

講演内容&識者
13:00

開場

13:30

岡元氏(上)/徳永氏

第1部

「働き方改革」と「働きがい」

Great Place to Work® Institute Japan代表
岡元利奈子 氏
大学卒業後、人事測定研究所(現リクルートマネジメントソリューションズ)入社。人事コンサルタントとして、人事制度設計・多面評価制度・採用選考設計・従業員意識調査等を行う。その後、海外現地法人のコンサルティングビジネスの立ち上げ支援、新サーベイ開発のプロジェクトリーダー等を経験し、2014年より現職。
日経BPビジョナリー研究所長
徳永太郎
1989年日経BP社に入社。不動産有効活用誌「日経リアルエステート・東京」、建築誌「日経アーキテクチュア」、木造住宅の技術誌「日経ホームビルダー」と不動産・建設関連媒体の編集部を経て、2002年に創刊した「日経不動産マーケット情報」に在籍し、賃貸オフィスビルのマーケット動向、不動産売買の動向などを担当。2007年から同誌編集長を務め2012年10月から現職。
14:30

協賛社プレゼンテーション UR都市機構

URニュータウン事業用地のご紹介

14:50

コーヒーブレイク

15:10

第2部

「多様化するワークスタイルと戦略的オフィスづくり」

中根氏

多様な働き方のなかでチームワークを実現するオフィス環境とは。リアルオフィスは本当に必要か!?というアプローチも含めてサイボウズの挑戦をお話しします。
サイボウズ株式会社 事業支援本部長
中根弓佳 氏
1999年、慶応義塾大学(法学部法律学科)卒業後、関西の大手エネルギー会社に入社。2001年、サイボウズ株式会社に入社。知財法務部門にて著作権訴訟対応、契約、経営、M&A法務を行った後、人事においても制度策定や採用を中心とした業務に従事。法務部長、事業支援本部副本部長を歴任し、財務経理などを含め、これら全般を担当する事業支援本部長に就任。2014年 8月より執行役員 事業支援本部長に就任(現任)
16:10

終了予定

スケジュール

2017年7月21日(金)
13:00開場 16:10終了予定

会場

ベルサール東京日本橋
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー5F
TEL:03-3510-9236
参加お申し込みはコチラ

定員

50名(予定)
※お申し込み多数の場合、抽選とさせていただきます。

主催

日経ビジネスオンライン

協力

日経BPビジョナリー経営研究所

協賛

UR都市機構
協賛運営協力:URリンケージ