IoT×機械学習でリアルタイム予測を実現 これまでの常識を覆すデータベースとは IoTの進展により、ビッグデータ活用の期待がますます高まっている。これまで取得が困難だったモノのデータを機械学習などで分析することで、新たな価値創造の可能性が広がるからだ。しかし、その実現に向けては乗り越えるべきハードルも存在する。既存のデータベースでは処理が追いつかない、あるいは機械学習基盤の構築に手間やコストがかかる、といったことはその代表例だ。こうした課題を解消する手段として注目されているのが、次世代型データベース「Vertica(ヴァーティカ)」だ。データベースでありながら機械学習機能を実装しており、ビッグデータの超高速処理と高精度な予測モデルによる分析を同時に実現することが可能だ。

処理を50倍から1000倍高速化できる仕組みとは

30分かかっていた4億件のデータ集計処理がわずか2秒に

Verticaによる機械学習がもたらす4つのメリットとは

お問い合わせ

株式会社アシスト
セミナー事務局
〒102-8109 東京都千代田区九段北4-2-1
TEL:03-5276-3653
E-mail:iu_evt@ashisuto.co.jp