変革者となって、新たな枠組みを創造していく クラウド発の新しいビジネスを仕掛けるSOMPOの覚悟とは

 SOMPOホールディングスが2016年5月に発表した中期経営計画では「環境認識」という項目で「損保ビジネスの収支改善を実現、新中期経営計画期間の国内人口減少影響は限定的と想定」「先行き不透明な時代(VUCA*ワールド)を見据えたトランスフォーメーションが必要」としており、その次の「デジタル技術革新」という項目で「デジタル技術の指数関数的進化はゲームチェンジの機会」と訴えている。

 「デジタル戦略」という項目には「業界の第一人者を招聘し、磐石な態勢を既に構築」と記載してある。この「業界の第一人者」が楢氏にほかならない。楢氏が率いるデジタル戦略部では新しいサービスやビジネスを狙った調査と研究を行うとともに、その投資対効果の見極めや実現に向けた技術検証などを推進。SOMPOホールディングスグループ全体のデジタル変革を担っている。

*VUCAとは、Volatility(不安定)、Uncertainty(不確実)、Complexity(複雑)、Ambiguity(あいまい)の頭文字を取った単語

 AWSでは新機能・新サービスを提供する際にも、定期的に顧客やパートナー企業の声を聞く機会を設け、顧客やパートナー企業のニーズを基に、意思決定をしているという。この結果、サービス数は年を追うごとに急速に増え、今は100以上のサービスを数える。

 2018年に開設を予定している大阪ローカルリージョンも、顧客やパートナー企業からの要望に基づいてのもの。なお、東京リージョンは3つのアベイラビリティゾーンから構成されている。アベイラビリティゾーンはリージョン内にある複数の箇所に位置するデータセンター群であるが、高い耐障害性と復元力を実現することが可能だ。

 AWSのデータセンターは世界規模でのグローバルインフラストラクチャとしてセキュリティ対策への投資を継続的に実施。セキュリティを重要視する組織の要件として、PCI DSSやSOC、ISO 27001など、国際的に認められた様々な第三者認証を取得している。

お問い合わせ

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
URL:https://aws.amazon.com/jp/contact-us/

アマゾン ウェブ サービスとIntel

アマゾン ウェブ サービスと(AWS)とIntelは、常にイノベーションを提供したいという、同じ情熱を持っています。両社は協力して、ハイパフォーマンスコンピューティング、ビッグデータ、AI、IOT向けの多様なリソースとテクノロジーを開発してきました。両社の取り組みの詳細はこちら