日経ビジネスオンラインスペシャル

TOPインタビュー 株式会社フェイスネットワーク 代表取締役 蜂谷 二郎氏

「自分にもできるかもしれない」そう思ったとき、目の色が変わる

不動産投資のプロセスをワンストップサポート

 安定的な賃貸需要が期待できる東京の城南3区(世田谷・目黒・渋谷)を中心に、新築一棟の不動産投資をサポートしています。

 創業前は、金融機関で融資担当をしていました。約130社の不動産会社との取引を通じて感じていたのは、顧客本位の会社があまりにも少ないということです。「売れさえすれば良い」という考えのもと、右から左へと転売を繰り返す会社がほとんどと言っても過言ではないでしょう。そうした業界のあり方に一石を投じたいと考え、2001年にフェイスネットワークを設立しました。

 安定的なキャッシュフローを生み出す仕組みをつくるためには、不動産、建築、金融のすべてをサポートできるエキスパートでなければなりません。そのため私たちは、土地の仕入れ・設計・建築・賃貸募集・物件管理・物件売却に至るまで、あらゆるプロセスをワンストップで行っています。

 創業当初は、設計・建築は外部に委託していました。ところが、繁忙期になるとなかなか設計プランを出してもらえなかったり、人手不足を理由に断られてしまったりすることが少なくありませんでした。せっかく良い物件が売り出されても、円滑に事業を進められる体制がなければお客さまに提供することができません。それではいけないと考え、設計・建築体制も自社内で整えました。プロセスの内製化は中間コスト低減にもつながります。

蜂谷 二郎 氏

蜂谷 二郎 氏

株式会社フェイスネットワーク

1988年某金融機関に入社。12年にわたり融資担当として500件以上の案件を扱う。2001年、不動産会社である有限会社フェイスネットワーク(現・株式会社フェイスネットワーク)を設立。

より多くの出会いを求め東証マザーズへ上場

 城南3区は待機児童が非常に多く、世田谷区は全国ワースト1位、目黒区は同3位です。そこで、マンションの1階に保育所を誘致する取り組みを推進しています。通常、防犯上の理由で1階の賃料は低く設定されますが、テナント貸しすることで利回りを高められます。社会貢献にもつながることから、保育施設併設物件への関心は非常に高まっています。

 毎年、約350名のお客さまと面談しています。そのうち、初めて不動産投資を検討する方の9割は「自分にはできないだろう」と思っています。しかし、自覚がないだけで実は資産を持っているケースは少なくありません。最初は半信半疑でも、話をしていくと目の色が変わる瞬間が訪れることがあります。それは「自分にもできるかもしれない」と思ったときです。

グランデュオ用賀
グランデュオ用賀

 面談の際、「こんな会社があったんだ。もっと早く出会いたかった」という声をよくいただきます。認知度の低さを感じるとともに、世の中に必要とされている会社であることを確信します。

 もっと多くの方に知ってもらい、出会いたい。そう考え、2018年3月16日に東証マザーズへ新規上場しました。一人ひとりのお客さまとのご縁を大切に、理想の人生の実現を支えていきたいと考えています。

株式会社 フェイスネットワーク

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-2-1 FaithBldg.

アクセス履歴収集とサービス提供について

ページ上部へ