求人特化型検索エンジンで自立した“攻めの採用”を支援

多くの企業が採用難という壁に直面する中、新たなソリューションとして注目される求人特化型検索エンジン「Indeed」。その特徴を2回にわたり解説する。

徹底した求職者目線の検索サービス設計で高い支持を集める

 空前の人手不足時代の到来を受け、旧来の求人システムのあり方を大きく変え得るテクノロジーカンパニーが注目を集めている。それが求人特化型検索エンジンを運営するIndeedだ。

 同社は2004年創業。現在、世界で60カ国以上、28言語でサービスを展開し、月間2億人以上のユニークビジターを誇る世界最大の求人特化型検索エンジンとして日本でも急成長を遂げている。

 なぜ「Indeed」が高い支持を集めているのか。その理由は「『全ては求職者のために(Jobseeker First)』という思想の元、徹底した求職者目線での検索サービスを追求しています」というIndeed Japan代表取締役 高橋信太郎氏の言葉に集約される。

 Indeedでは“アグリゲート型検索モデル"といって、ウェブ上のあらゆる求人サイト、企業HP内の求人情報をワンストップに集約。求職者は他サイトに横断することなく仕事探しができる。検索結果の表示も、求職者の過去の検索履歴に基づき、AI(人工知能)の機械学習によりカスタマイズされる。この点も求人広告の“枠”を企業が“購入する”従来の求人メディアとは一線を画す。

 「求職者にとっては最適な情報をスピーディに入手でき、採用企業は理想に近い候補者に効率的にリーチできます」と高橋氏。慢性的な人手不足に悩む企業にとって「トラフィック(雇用者数)」と「マッチング精度」両方の向上が実現し得る。

働き方改革の推進により自分に合った働き方を模索する動きが加速

 費用対効果についても優位性は高い。求人情報がオーガニックな検索結果として掲載される無料投稿サービスのほか、同社が採用活動を支援する有料サービスの料金体系も「クリック課金制」の成功報酬型となるため、リーズナブルな水準を実現している。

 「デジタルマーケティングの登場によってCPA(顧客獲得コスト)などの可視化が進んだように、採用市場においても1人当たりの採用コストをシビアに見極める動きは今後も加速していくでしょう」と高橋氏。そこに採用に特化した検索エンジンならではの出番があると見る。

 日本企業においては、人材募集を求人広告媒体や人材紹介会社などにアウトソーシングし、応募を待つという“受け身”の採用手法が長く取られてきた。その傾向はいまだ根強いが、優秀な人材の争奪戦はもはやグローバル規模に広がっている。従来のやり方では太刀打ちできないことは必至だ。

 また、“就社”志向が強かった求職者の意識にも変化が起こりつつある。Indeedでは、「職種×(働く)地域」で求人情報を検索するが、「日本でも、諸外国同様、営業、システムエンジニアなどの職種、自身の専門分野、生活スタイルに合わせた地域など、具体的かつ詳細なワードで検索する傾向が強まっています」と高橋氏は指摘する。

 働き方改革推進などの影響もあり、自分に合った働き方を重視する傾向がますます強まることは間違いない。

オウンドメディアリクルーティングが今後のキーワードに

 こうした時代の変化を受け、企業は何から着手するべきか。高橋氏は自社HP内の採用情報ページの構築・充実が大前提になるという。

 「“オウンドメディアリクルーティング”と呼んでいますが、グローバルでは自社採用ページ内に詳細な職務記述書を提示し、検索エンジンで集客を高める能動的な手法が主流です」と高橋氏。自社メディアを軸に採用力を高めていく時代が到来しているのだ。

 “受け身”からいかに“攻め”の採用手法に転じるか。まずは採用担当者、企業の意識変革が肝心といえそうだ。次回はIndeedの技術面にフォーカスする。

Smart Work経営 企業の挑戦 NIKKEI Smart Work 『企業を競争優位に導く人材戦略』〜グローバル経済で真価を発揮する人材経営の“哲学”と“戦略”とは〜
第一線で活躍する学識者の講演や積極的な人材戦略を展開する企業の取り組み紹介から、成長を志す企業にとって重要な人材管理・採用戦略を、経営者視点から考察するシンポジウムを開催します。
日本経済新聞社クロスメディア営業局
Indeed Japan 株式会社
2018年4月26日(木) 13:00 〜 16:30(12:30受付開始)
日経ホール 東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3階
500名(入場無料)
横浜国立大学大学院 国際社会科学研究院 准教授 服部 泰宏氏ほか
お申し込み・詳細はこちらから
The voice of the person in charge
Indeed Japan 株式会社
代表取締役/
ゼネラルマネジャー
高橋 信太郎 氏
テクノロジーの力で採用活動の最適化を実現

より最適な“就職”を目指し、求職者、求人企業双方にウィン・ウィンなマッチングを実現していく。これが当社の目指すゴールです。採用業務の効率化が重視される時代にあって我々のようなテクノロジー企業の出番がある。誰もが生き生きと働ける世界を目指し、サポートを推進してまいります。


お問い合わせ
  • Indeed Japan 株式会社

    〒108-0073 東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル6階

    https://www.indeed.jp/

  • 1
  • 2