空の上でもネットアクセスを可能にする
「JAL国内線機内Wi-Fiサービス」

JAL国内線機内Wi-Fiサービスは、通信衛星を介した機内インターネットサービスである。乗客手持ちのWi-Fiに対応したスマートフォンやPCなどで、メール、SNS、Web閲覧など地上とのインターネット通信が可能になる。JAL、JTAの国内線機内Wi-Fi対応機材※1で運航するすべての便が対象だ。基本的には、離陸の約5分後から着陸の5分前まで※2、時間制限なくインターネットをいつでも無料で利用できる。プロバイダーは、米Gogo社。使い方は簡単で、事前に機内モードに設定した端末で、Wi-Fiの設定から「gogoinflight」に接続し、ブラウザを開くとポータルサイトにアクセスできる。あとは「無料インターネット接続」を選択し、Gogoアカウントでログインすれば簡単に利用でき、メールやSNSなども利用可能だ。

JAL機内Wi-Fiポータルサイトのトップページ。無料インターネット接続、エンターテインメント、フライトマップ、天気の4つから、利用したいコンテンツを選択。

JAL機内Wi-Fiポータルサイトのトップページ。無料インターネット接続、エンターテインメント、フライトマップ、天気の4つから、利用したいコンテンツを選択。

このポータルサイトには、さまざまなビデオプログラムも用意されている。ただし、スマートフォンやタブレットでビデオプログラムを視聴するには、JALのアプリを事前にインストールしておく必要がある。スマートフォンなら「JAL」、タブレットなら「JAL Flight Navi」。どちらも、JALの国内線・国際線の空席照会や予約・変更の他、有効マイル確認ができるので、JALを利用する際には必須ともいえるアプリだ。

このアプリは機内からではインストールできないため、搭乗前にインストールしておくといい。この際、併せてGogoアカウントの登録も済ませておくと、搭乗後すぐにJAL国内線機内Wi-Fiサービスを利用できる。

ビデオプログラムは、10数分から1時間程度の番組が揃っており、プログラムは月ごとに変わる。多くがテレビで放送された人気番組で、バラエティ番組やビジネス番組、ゴルフなどのスポーツ番組、アニメ、ドラマなど各ジャンルのさまざまなビデオプログラムが用意されている。

実際にいくつかの番組を視聴してみたが、空の上だと忘れるほど楽しめた。もちろん、メールやSNS利用においても、ストレスは感じなかった。ただ、メールなどは速度よりも、ネットにつながっていることのゆとりの方が大きいだろう。地上ではハードワークを強いられるビジネスパーソンだからこそ、空の上くらいはリラックスして番組を楽しむもよし、普段はなかなか見られないテレビの視聴によってトレンドを探るもよし、いろいろな使い方が可能だ。

※1:JAL・JTA運航の777-300型機、777-200型機、767-300型機、737-800型機(JTA運航は一部の機材のみの設定)。国際線機材運航時は除く。J-AIR運航のエンブラエル190/170型機では、無料ビデオプログラムサービスは提供しているが、インターネット接続サービスは提供していない。 ※2:JTAで運航する機材においては、便の出発から到着まで利用可能。

地上と変わらない快適さを目指す

JALは近年、国内線の機材を「JAL SKY NEXT」に順次変更し、快適さを追求してきた。JAL SKY NEXTのシートは、従来型シートの不要な部分をそぎ落とすことでスリム化を図り、前席との間隔を最大5cm拡大※2。シートに本革を採用し、心地よい感触と深いホールド感を実現し、快適な座り心地を生み出している。

今回のWi-Fi無料サービスは、その流れの一環で実施されたもの。空の上だからと諦めてきたことをひとつずつ可能にし、乗客に地上と変わらない快適さを提供しようというJALの強い想いが実現させたものだ。

さて、次はどんな可能性を見せてくれるのだろうか。

※2:機材、運航路線により一部仕様の異なる座席がある。

お問い合わせ

日本航空株式会社

www.jal.co.jp/

▲ページの先頭へ