ネット炎上にはトレンドがある?知っておくべきネット炎上・風評被害対策

野火のように広がり企業ブランドに深刻なダメージを与えるネット炎上

従業員の不適切な発言や行動がSNSを通じて拡散し、企業ブランドが失墜したり、オンエアされた企業CMに批判が殺到し中止に追い込まれたりする“ネット炎上”。どのような業種業態の企業にとっても、他人ごとではないのは確かだろう。しかし、具体的な対策を打つことはかなり難しい。その理由は2つある。
1つは、いつ、どこで炎上の火種が上がるのか、予測ができない点だ。自社の製品やサービスの欠陥に関することならまだしも、“従業員やアルバイトの不適切な発言や行動”までも、常にウォッチし続けることは企業規模が大きくなるほど不可能に近くなる。
2つ目は、企業側がネット炎上に気付いた時には、すでに相当数の拡散が行われた後であり、事実と異なる解釈も一緒になって、四方八方に野火が広がっていることだ。うかつに企業側の論理だけで釈明や反論を述べると、それが“第二の火種”となり、さらに事態を悪化させてしまう。
言うまでもなく、ネット炎上への最善の対応策は下図に示すように、“拡散前”に手を打つことだ。しかし。そのようなことが可能だろうか?
(下に続く)

point

炎上した企業によくあるパターンは3つに分類できる

 企業がネット炎上に対抗して行くためのアプローチは存在する。まずネット炎上にはその時々に「炎上しやすいトピック」があり、その最新トレンドを押さえておくことが重要だ。例えば2013年のトレンドは「バイトテロ」、2014年は「情報漏えい」だった。では直近の2016年~2017年はどうだったか?
 そして、ネット炎上を招きやすい企業体質を理解し、企業内での“事前の対策”はすべて打っておくこと。“炎上した企業によくあるパターン”は実は3つに分類できる。自社がそこに当てはまるかどうかを知るだけでも、有効な対策の一歩になる。
  最新のネット炎上のトレンドと、炎上しやすい企業のパターン、そしてネット炎上に対抗する最新手法とは?続きは以下のホワイトペーパーをご覧いただきたい。

  

ネット炎上のトレンドと、企業担当者が押さえておくべきSNSリスク対策の“基本”

企業担当者が押さえておくべきSNSリスク対策の“基本”とは?

ホワイトペーパーダウンロードはこちら

企業担当者が押さえておくべきSNSリスク対策の“基本”とは?

ホワイトペーパーダウンロードはこちら