今日のアイデアが明日のイノベーションを創る ビジネス革新を最速化する「鉄則」とは? vol.2

企業をつなぐ新しいシステム基盤「OpenCanvas」日本の金融イノベーションがここから生まれる

vol.1 業種を越えたイノベーションも創出可能に Tech革命で生まれるチャンスとリスクvol.2 企業をつなぐ新しいシステム基盤「OpenCanvas」日本の金融イノベーションがここから生まれる

提供スピードがカギを握る未来の金融サービス

株式会社NTTデータ 第四金融事業本部 e-ビジネス事業部長 三谷 滋氏
株式会社NTTデータ 第四金融事業本部 e-ビジネス事業部長 三谷 滋氏

FinTechの普及、規制緩和、さらには国内市場縮小により、金融業界を取り巻く環境は急速に変化しつつある。従来は、あらかじめ用意された定型的なサービスをそのまま顧客が利用する形が主流だった。「現在は、各金融機関が個々の顧客ニーズに応じた多様な金融サービスを提供する形へと進化しました。さらに今後は、一段と多様化するニーズを予測し、時間や場所、環境の違いを問わず、お客様の意向を先取りし、いかにスピーディにサービスを提供するかが金融業界の重要なカギとなっていくでしょう」とNTTデータの三谷 滋氏は指摘する。政府もこの流れを後押しており、オープンAPIの対応に関する改正銀行法が2018年6月にも施行される見通しだ。改正法は金融機関に対して、オープンAPIの公開を促す。

こうした潮流を踏まえた上で重要なキーワードが2つある。「見えない金融サービス」と「魅せる金融サービス」である。「『見えない金融サービス』とは、金融サービスが個人の生活や企業活動に自然に溶け込み、全く意識することなく活用できる環境を指します。具体例としては、Amazon社が運営する無人店舗『Amazon Go』が分かりやすいでしょう。専用アプリをインストールしたスマホさえ持っていれば、欲しい商品を棚から選んで店を出るだけ。レジでの支払い手続きなどは一切不要です」と三谷氏は説明する。

また、スマートフォンやスマートウォッチ、スマートスピーカーなどのデバイスを用いれば、金融サービスを利用するためにわざわざ営業店やATMへ足を運ぶ必要もなくなる。さらに、IoT技術と組み合わせた、家電製品や自動車と金融サービスの融合なども見えてくる。

「こうした見えない金融サービスに対し、『魅せる金融サービス』ではAI技術の活用がカギとなります。ここではお客様に最適なサービスを、様々なデータを基にAIが提案します。例えば、『ロボ・アドバイザー』を利用すれば、資産運用の専門知識を持たない方でも、最適なポートフォリオを組めるように支援してもらえます」と三谷氏は話す。

※1
API:Application Programming Interface。あるシステムのデータや機能を外部から利用するための手順や仕様を定めたもの

金融機関とFinTech事業者をつなぐ新しいシステム基盤とは

このように大きな変革期を迎えようとしている金融サービスだが、実現に向けては課題もある。そもそも従来型の金融サービスは、それぞれの用途や目的ごとに単体・固定的に提供されてきた。例えば振込/残高照会サービスなら、振込/残高照会サービスとしてのみ単体で利用するケースが多かった。

「しかし、これからの金融サービスでは複数の枠組みを相互に連携することが大前提です。ロボ・アドバイザーの例でも、ポートフォリオ構築や運用プラン診断、自動発注など複数サービスの連携が不可欠。振込/残高照会は、こうしたサービス全体を構成する機能要素の1つにすぎません。つまり、金融機関やFinTech事業者が提供する多種多様なサービスをいかに連携させていくかが、今後の金融サービスにおける重要なポイントなのです」と三谷氏は強調する。

これを実現するために、NTTデータが提供を開始したのがシステム基盤である「OpenCanvas」である。企業情報システムには、基幹システムの情報などを正確に処理するシステム「SoR」(Systems of Record)と、様々なサービスを連携し新たな価値を創出するシステム「SoE」(Systems of Engagement)の2種類があり、このどちらが欠けても次世代型の金融サービスを生み出すことはできない。「元々当社では、金融機関に対して信頼性の高いSoR向けのシステム基盤を長年にわたり提供してきました。これに新たなSoE向けのシステム基盤であるOpenCanvasを組み合わせることで、見えない/魅せる金融サービスの実現を強力に後押ししていきたいと考えています」と三谷氏は言う。

OpenCanvasの具体的な内容としては、異なる企業間での柔軟なシステム/データ連携を可能にする「API管理基盤」、金融サービスに欠かせない高い信頼性とセキュリティを兼ね備えた「クラウド基盤」、それにユーザー企業同士のつながりを取り持つ「共創の場」の3つが挙げられる。また、これ以外に、外部事業者が提供する各種AIサービスとの連携機能などもサポートされている。


新たなサービスを迅速に展開 人の出会いを取り持つ仕組みも

OpenCanvasの概要

OpenCanvasの概要

「API管理基盤」と「高信頼クラウド基盤」、それに「共創の場」の3要素で構成される。システムと人の両面から、新たな金融サービスの創出を支援していく

[画像のクリックで拡大表示]

それでは、OpenCanvasを利用することで、金融機関やFinTech事業者はどのようなメリットを得られるのだろうか。三谷氏は1点目として、スピードとコスト、そして柔軟性を挙げる。

「『ANSER(アンサー)※2』やインターネットバンキングなどのサービスを提供する当社では、既にほぼすべての国内金融機関と接続しています。このため、金融機関各社では、多額の新規投資をせずにFinTech事業者と連携ができます。また、FinTech事業者としても、全国の金融機関と一つひとつ交渉する必要がないため、より迅速にサービスを展開できます」(三谷氏)

金融機関とFinTech事業者の連携を個別に作り込む場合、どうしても半年〜1年程度の期間と億円単位の費用がかかってしまう。しかし、OpenCanvasを利用すれば、金融機関側での確認作業などを含めても2〜3カ月、純粋にシステム的な連携だけなら、約1カ月程度で終わるという。さらにコスト的にも、数十分の一レベルへと大幅に減る。もちろん、最初は小さく始めて、ビジネス規模に合わせて拡張するといった、戦略的かつ柔軟な対応も可能だ。

信頼性の高いSoE向けのシステム基盤を早く、安く利用できるということは、新たな金融サービスをタイムリーに展開していく上でも強力な武器となる。三谷氏は「改正銀行法が今年6月に施行されることもあり、既に多くの金融機関様よりお問い合わせを頂戴しており、半数以上の金融機関様にご利用いただく予定です」と話す。

これにより、日本で最大規模の金融向けAPI管理基盤になる見込みだ。

さらに注目したいのが、システム面以外での取り組みだ。FinTech事業者の中には、画期的なアイデアを持っているものの、金融機関とのコネクションが薄く、なかなかアイデアの実現にこぎつけられない企業も少なくない。NTTデータでは、こうしたFinTech事業者の悩みを解消すべく「OpenCanvasフォーラム」などのイベントを積極的に開催。金融機関とFinTech事業者が出会う場として活用してもらい、その後OpenCanvasを活用してデモの開発やPoCを実施してもらうことで、イノベーションの創出を支援して行く考えだ。過去2回開催されたOpenCanvasフォーラムは200人を超える参加者を集めており、関係者の期待の高さがうかがえる。

「新たな金融サービスを数多く創り上げていくためには、新たな道具立ても重要なポイントと考えています。ブロックチェーンやAIなどの先進技術の取り込みも図っており、今後はこれらを活用したサービスの創発を目指して行きたい」と抱負を語る三谷氏。OpenCanvasは日本の金融サービス変革を牽引する重要な役割を果たすことになりそうだ。

※2
ANSER:金融機関の窓口やATMで行っていた金融取引(残高照会や入出金明細の連絡、顧客の口座からの振込・振替など)を会社や自宅、外出先などでも利用できるサービス。顧客は固定電話・携帯電話・パソコンなど様々な端末を利用することができる

お問い合わせ

株式会社NTTデータ 第四金融事業本部 e-ビジネス商品企画営業担当
担当者:岡村、渡辺、今
TEL: 03-5484-4321