日経ビジネスONLINE SPECIAL

優雅で美しく上質な空間 人生を託すにふさわしい家

上質な空間イメージ
優雅で美しく上質な空間 人生を託すにふさわしい家
優雅で美しく上質な空間 人生を託すにふさわしい家

確かな存在感のある佇まい 美しく、強く、守られて暮らす

積水ハウス イメージ1

なだらかな寄棟屋根とダインコンクリートの質感が
調和する「イズ・ロイエ」の外観。連続する窓の組み合わせで
垂直ラインを強調し、重厚感を演出する

イズ・ロイエ

一幅の絵画のような風景の一部として、たたずむ住まいがある。

時の流れを美しさとして刻み込み、そこに漂うのは風格と気品。住む人の洗練されたセンスを感じさせる、上質なたたずまいを持つ邸宅、それが積水ハウスの「イズ・シリーズ」だ。

美しく、強く、そしていつまでも――。

「イズ・シリーズ」は街の財産として、30年以上もの歳月を重ねながら愛され続けてきた。その理由の1つに、これらを実現する最高級外壁材「ダインコンクリート」の存在がある。

職人の手がもたらす温もりと 深みによる陰影を併せ持つ

積水ハウス イメージ2

ダインコンクリートの彫りの深さが生きる「スクエアピラー」。温もりのある表情や緻密なテクスチャーで美しいデザイン性も実現

その品格を体現するのは、無機質なコンクリートとは一線を画した、緻密なテクスチャーをあしらうデザイン。職人の手で彫刻された原型を型枠に、1枚1枚ていねいに成形する「キャスティング製法」を用いることで、温もりがありながらも、深い陰影を描き出す。

光のあたり方が見せる多彩な表情は、そこが唯一無二の一邸であることを日に日に感じさせてくれるだろう。月日を経るとともに新たな美しさが増していく、そんな邸宅に大切な家族との時を刻み込んでいきたい。

もちろん「ダインコンクリート」が、強度・耐久性・防耐火性など外壁材として求められる要素を高い水準で満たしているという点も見逃してはならない。それらは、独自に組成配合した原材料の打設時に高精度な鉄筋をメッシュ状に配し、「オートクレーブ養生」と呼ばれる製造工程を取り入れるなど、精度の高い独自の製造技術が可能にした。

こうしたさまざまな技術により生まれた「ダインコンクリート」と高い断熱技術が家を包み込むことで、日本の多様な気候風土にも負けない耐久性と優れた遮音・断熱性能を実現するのだ。

積水ハウス イメージ3 積水ハウス イメージ4 積水ハウス イメージ5 積水ハウス イメージ6 積水ハウス イメージ7

自然と一体化した 比類なきここちよさ

積水ハウス イメージ6

シリーズの最新モデルである、「イズ・ロイエ」の室内を見ていこう。まず、足を踏み入れ、最初に驚くのはその開放感。

間口が大きく、また軒下空間を室内にまで取り込むことで、内と外がシームレスにつながる中間領域を設けた「スローリビング」。そこには、室内にいながら、そよそよと木々の葉を揺らす風を肌で感じられるような、心穏やかに過ごせる快適さがある。深い軒と中間領域が夏は涼しく、冬は光を取り込み、四季の移ろいが暮らしの調和をもたらしてくれる。

積水ハウス イメージ7

リビングに広がる大空間が 多彩な空間を生み出す

積水ハウス イメージ9

これらの開放感は、天井高2740mm、最大スパン7000mmを実現する新構法「ダイナミックフレーム・システム」によるもの。

ワイドスパンに加え、天井高を生かしたスキップフロアなど、個性的な空間演出も可能にした。さらに、独自の制震構造「シーカス」も装備。地震に対する安心にも備えている。

「イズ・ロイエ」が伝えるもの。それは日本の邸宅の、新しいスタンダードの形。これほど、人生を託すにふさわしい家があるだろうか。

積水ハウス イメージ10

比類なき空間を支える安全性

ダイナミックフレーム・システム

ダイナミックフレーム・システム「イズ・ロイエ」の多彩な室内構成を実現するために採用された、新構法「ダイナミックフレーム・システム」。1階天井高2740mmと最大7000mmの無柱大空間、大間口がもたらすのは、これまでにない開放感とダイナミックな空間づくりだ。積水ハウスの長年の鉄骨住宅の実績を生かした技術が盛り込まれ、強度と高い自由度を両立。この空間性を生かして、高い天井空間やスキップフロアなど、住む人ならではの多彩な空間設計が可能になるのも魅力だ。また日本の住まいには、地震対策が欠かせないもの。「イズ・ロイエ」は独自の制震構造「シーカス」を採用。優れた安全性で、住む人の快適と安心を支えている。