未来のモビリティそこで求められる次世代自動車の開発環境

ダッソー・システムズ 自動車・輸送機械・モビリティ業界アジア担当 戦略的ビジネスデべロップメント日本担当 執行役員 ギョーム・ジェロンドー 氏

ダッソー・システムズ
自動車・輸送機械・モビリティ業界アジア担当
戦略的ビジネスデべロップメント日本担当 執行役員
ギョーム・ジェロンドー 氏

 現在、自動車産業は「100年に一度」と言われる大変化の只中にある。
 これまで「所有」を中心としてきた自動車では「ライドシェアリング」に代表されるようなシェアリングのビジネスモデルが拡大し、この動きはクルマの「コネクテッド化」「自動運転化」により一層加速すると見られている。
 パワートレーンでは、世界各国でこれまでの内燃機関からバッテリーとモーターを使う「電動化」へと向かう動きが強まっている。
 これらの変化によって、クルマは個別の製品から、巨大な「モビリティ・サービス・システム」へと変貌していく。
 こうした動きはなぜ起こっているのか、自動車産業はどう対応すべきなのか、そしてこうした巨大システムを開発するためにはどのようなプロセスの変革が必要なのか。
 内外で30年以上にわたって自動車ビジネスの経験を積んできたダッソー・システムズのギョーム・ジェロンドー氏に聞いた。

 詳しくは下のPDFをダウンロードしてご覧ください。 未来のモビリティに関心のある方には必見の内容が満載です。

PDFダウンロード
Q.
自動車の「100年に一度」と言われる変化の推進力は何か?
Q.
自動車産業にも新しいプレーヤーが参入、既存の完成車メーカーはどう対応すべきか?
Q.
この変化は、どのようなプロセス、時間スケールで進んでいくか?
Q.
モビリティ・サービスの中で「クルマ」というハードウエアはどのように変化していくか?
Q.
モビリティ・サービスの開発にはどのような開発プロセスが必要か?
Q.
モビリティ・サービスの開発で求められているのは、「機能」?「体験」?
お問い合わせ
ダッソー・システムズ株式会社
URL:https://www.3ds.com/ja/