ビジネス書作家・戸田 覚氏が徹底レビュー!無線LANも「クラウド管理」の時代へ Cisco Merakiの真価とは

もはや企業における必須インフラとなった「無線LAN」。だが、導入拠点やアクセスポイントの数が増えれば増えるほど、管理者の負担が高まることが大きなハードルとなっている。昨今、業界で流行語になりつつある「ひとり情シス」「情シス兼務」など、場合によってはシステムごとに担当者が1人しかいないといった状況も見受けられる。その課題を解決するソリューションとして登場したのが「Cisco Meraki」だ。これを利用すれば、ネットワークの専任管理者がいない中小企業でも、複数の無線LAN環境を簡単に構築・運用できる。そこで今回は、機能的な強みの紹介と、デジタルデバイス関連のレビュー記事を多数執筆してきたビジネス書作家・戸田 覚氏による評価レポートの2軸で検証してみたい。

  • 全拠点の無線LAN環境を「見える化」 いつでも・どこからでも管理が可能
  • 中小企業にもこれは「自分ごと」! クラウド管理のネットワーク製品をレビュー
PAGE TOP