~特命デベロッパー・池澤あやかのさらなる挑戦~
使用期限ナシで無料!
IBM Cloudライトアカウント

どこまでできる?
池澤あやか

東京都中央区のとあるオフィスビルにある「アイ・ビー開発」。特命デベロッパー・池澤あやかは、クライアントの要望に応えるべく、日々奔走している。そんななか、今日もまた困り果てたクライアントから新規案件が持ち込まれた。彼女は救いの手を差し伸べられるのか?
VOL.3

画像認識を活用した
レコメンドアプリを開発しよう

VOL.4

音声認識×IoTを使って、
AIスピーカーアプリを開発しよう

※ストーリーはフィクションです。登場人物のプロフィールや社名は架空のものです。
池澤あやか IBM Cloudに出合って以来、開発の腕をめきめき上げつつあるエンジニア。チームメンバーと力を合わせながら、様々なアイデアをかたちにしていく。ちなみに、最近はタレントとしての活動も絶好調、らしい……。
晴田 プロジェクトマネージャー。
熱血漢だが状況判断に長け、
即断即決ができる男。
井尾田 エンジニア。
のんきな中堅アプリ開発者。
実はハードウエアおたく。
狩沢 営業。
顔の広さが武器で、
“新規案件ハンター”の異名をとる。
ある自動車メーカー向けに、IBM Cloudを使って開発した「提案型営業ツール」が大成功。IBM Cloud関連案件の受注も増え、大忙しな毎日を送るアイ・ビー開発に、続いて相談してきたのは、あるECサイトの運営会社だった。
いますぐIBM Cloudを使ってみよう!

WatsonのAIサービスを活用したアプリも簡単に開発可能

晴田

晴田おーい、池澤さん! 大至急の新規案件があるんだが、手を貸してくれるかな。

池澤(えっ、大至急? 新規?)は、はい!

池澤あやか
晴田

晴田心配そうな顔しないでね。助っ人を付けるから。井尾田、来てくれ!

井尾田

井尾田はーい。

狩沢

狩沢みなさん、おそろいですね。では早速説明します。シュガーウエアってご存じですか?

池澤もちろん知ってます。かわいい服が安く買えるECサイトですよね。

池澤あやか
井尾田

井尾田う~ん、嫁さんから名前を聞いたことがあるかなあ……。

狩沢

狩沢池澤さんの言う通り、シュガーウエアはアパレル製品のECサイトを運営する企業で、幅広い品ぞろえで人気です。現在の主なユーザー層は20~30代ですが、客層の拡大を図りたいとのことで、個人の好みに合わせて洋服をレコメンドするようなWebアプリを作りたいと望んでいます。

井尾田

井尾田確かに、膨大な商品の中から好みの服を探すのは大変そうだ。そういうアプリがあれば助かるかもな。

狩沢

狩沢ただ、シュガーウエアのシステム担当者が、ある開発会社に相談したら「難しくて時間もお金もかかる」と言われたそうなんです。

池澤えーっ。全然難しくないですよ。IBM Cloudを使えば、WatsonのAIサービスを使ってユーザーと自動で受け答えするチャットボットを簡単に作れます。

池澤あやか
晴田

晴田しかも、IBM Cloudライト・アカウントで登録すると、いろいろなサービスを無期限・無料で使えるんだよな!

簡単登録で
すぐ使い始められる
IBM Cloudのアカウントは、メールアドレス、名前、国または地域、電話番号、パスワードを入力するだけで作成できる。無料のIBM Cloudライト・アカウントの場合、クレジットカードの入力も不要
いますぐIBM Cloudを使ってみよう!

Watson Conversationで、自動で受け答えをするBotを開発

狩沢ありがとうございます! 実は、うちでもIBM Cloudを使い始めたって話を聞いていましたし、絶対できると思って。もう大ぶろしきを広げてきちゃったんです!

狩沢
池澤あやか

池澤そうなんですか(笑)。じゃあ、絶対成功させなきゃいけませんね。私は、IBM Cloudの「Watson Conversation」を使った、チャットボットを作るのがよいと思います。Watson Conversationでは、ユーザーがどんな発言をするか、それに対してWatsonがどう答えるかをあらかじめ定義しておくだけで、会話を作れるんです。

井尾田つまり、ECサイトを訪れたユーザーが、チャットボットとの会話形式で、お薦めの服の提案を受けられるってことだね。

井尾田
Watson Conversation ①
自然言語インタフェースによりユーザーとの対話を組み立て、自動化できる。チャットボットの開発などに利用可能
池澤あやか

池澤ちょっと試してみます。最初は「いらっしゃいませ」とあいさつさせて、服の種類や色を聞いて……。

井尾田へえ。すごく簡単に会話を定義できるんだね。

井尾田
池澤あやか

池澤JSON形式で作成しておいて、インポートすることもできますよ。さらに、その場で確認することも可能です。

Watson Conversation ②
ユーザーとどのように会話させるかを定義。その場で実際にWatsonと会話してみることも可能
図1 Watson Conversationでは簡単にユーザーとの会話を定義できる 図1 Watson Conversationでは簡単にユーザーとの会話を定義できる

狩沢わあ、すごいですね。

狩沢
池澤あやか

池澤会話の流れで、年齢、性別、服の種類や好きな色などの情報を入力してもらい、それを基にお薦め商品を検索して提案することができそうです。商品データは、シュガーウエアさんがお持ちですよね。

狩沢はい。ECサイト用のデータがたくさんあります。

狩沢
池澤あやか

池澤では、アプリ用のデータはそこから持ってきましょう。データベースは「Cloudant NoSQL DB」が使いやすいと思います。

Cloudant NoSQL DB
NoSQL型データベース。IBM Cloudライト・アカウントでは1GBまで利用できる

狩沢いいですねー。「今日は何をお探しですか?」「ボトムス?」「色は?」って、まるで、リアルなショップ店員さんと話しているみたいです。

狩沢
いますぐIBM Cloudを使ってみよう!

強力な画像認識サービス、Watson Visual Recognitionを活用しよう

井尾田

井尾田でも、最近は画像によるコミュニケーションが主流になってきているから、テキスト入力だけだと面倒に感じるかも。LINEがここまで使われるようになったのも、スタンプや写真が手軽に送れるからって面もあるだろうし。

池澤写真……。じゃあ、「お気に入りの服の写真を送ってもらう」というのはどうでしょう? その服から色や形の好みがわかれば、似た商品を探せますよね。

池澤あやか
井尾田

井尾田もしかして、「画像認識」で服の写真を分析するってこと?

池澤はい! IBM Cloudには、「Watson Visual Recognition」というサービスもあって、写真からその対象物や色などの情報を分析できるんですよ。

池澤あやか
Watson Visual Recognition
画像から場面、対象物、顔、食べ物およびそれに付随する情報を分析する。IBM Cloudライト・アカウント対象のサービスなので、無料で利用可能
狩沢

狩沢写真でコミュニケーションなんて、今風ですね。私は賛成です!

池澤ちょっと、これも試してみます。えっと、サービスを作成して、サービス資格情報を作成して……。

池澤あやか
Watson Visual Recognitionを利用する場合は、サービス資格情報を作成し、APIキーを取得する必要がある
井尾田

井尾田おお、顔認識機能も無料で使えるんだ。

池澤そうです。ひとまず私の写真を入力してみますね。あ、性別と年代が返ってきました。

池澤あやか
図2 Watson Visual Recognitionで画像から様々な情報を取得 図2 Watson Visual Recognitionで画像から様々な情報を取得
狩沢

狩沢じゃあ服は、私がこの間買ったスカートの写真があるんですけど、これ入れてみてください。

井尾田

井尾田“インディアンレッド”“マキシスカート”で返ってきた。確かに合ってるけど、分類がちょっと細かすぎるかも。今回は“赤”“スカート”のような簡易な分類ができるように、カスタムで分類器を作りましょう。これならお薦めの服を探す検索条件にできるね。

池澤じゃあ、服の写真は5枚くらいまでにして、Watson Visual Recognitionの分析結果から検索条件を決定しましょう。

池澤あやか
井尾田

井尾田自撮り写真を送ってもらえば、性別と年代もわかるし、検索条件を基にCloudant NoSQL DBからお薦めの洋服を検索して提案する。そのやりとりはWatson Conversationで作成する、と。

池澤あれっ、もう仕様できちゃいましたね!

池澤あやか
晴田

晴田ゴホン……。ところで、費用面はどうかな?

池澤心配しないでください、マネージャー。Watson Visual Recognition、Watson Conversation、Cloudant NoSQL DB、どれも無料のIBM Cloudライト・アカウントで使えます。

池澤あやか
晴田

晴田(ホッ)。では、そこも強調して提案しよう。プロトタイプ作成にはどれくらい時間が必要だい?

井尾田

井尾田池澤さんと2人なら、明日1日あれば大丈夫です。

狩沢

狩沢では、明後日には先方に提案できますね。早速アポとります!

図3 記事内で紹介したデジタルスタイリストアプリの構成図 図3 記事内で紹介したデジタルスタイリストアプリの構成図

こうして、今日もまた1つ、クライアントの課題が解決に向かい始めた。IBM Cloudを武器にまい進する特命デベロッパー・池澤あやかの活躍をお見逃しなく!

いますぐIBM Cloudを使ってみよう!
ページトップへ
関連リンク
お問い合わせ
日本アイ・ビー・エム株式会社 IBM Cloud(Bluemix)に関するお問い合わせ
LINEは、LINE株式会社の商標または登録商標です。