勝ち組企業が推進する「 データ活用の企業風土革命」 企業経営に欠かせないものとなったデータ活用。進化するデジタル技術は、高度なIT知識を持たない現場部門でもデータを分析・活用できる環境を用意した。この状況のもと、データサイエンティストの役目も変化。高度な知見を生かして現場を支援するといった、企業経営により大きく貢献する役割が期待されている。まさしく、データを核とした「企業風土革命」の旗手となることが、新たなミッションになっているといえるだろう。そこで日経xTECHは「データサイエンティスト・ジャパン」を今年も開催。先進企業のキーパーソンが、データ活用の“現在”と“未来”について語った。※本企画に掲載の製品名、社名、その他は各社の商標または登録商標です。

基調講演 | 大阪ガス

特別講演 | NTTドコモ

特別セッション |

PAGE TOP
日本IBM

「チーム戦」で成功させるデータ活用
そのために必要なシステム基盤を考える

SAPジャパン

データの価値を引き出すインメモリー技術
ビジネス革新を支援する「次世代情報活用基盤」とは

マイクロストラテジー・ジャパン

データ駆動型組織が目指すべき
「Intelligent Enterprise」の可能性

Splunk Services Japan

身近なデータを大きな成果につなげる
企業内にある未開拓のビッグデータとは

Tableau Japan

最新技術から人の役割、教育環境まで
今後のデータ活用を占う6つのトレンド