変わる。変える。パブリックトイレ。TOTO PUBLIC STYLE

管理者視点 座談会 パブリックトイレを快適・清潔に保つ NEXCO中日本 TOTO
写真左から:内田 昭氏、 渡辺 三津子氏、山口 友子氏、石川 清美氏、岩佐 育恵氏、山本 浩司氏
快適性・機能性やユニバーサルデザインを追求し、パブリックトイレが様変わりしてきた。ただ従来の「5K(汚い・臭い・怖い・暗い・壊れている)」を払しょくするには、メンテナンスも欠かせない。休憩施設で膨大な数の便器を維持管理する中日本高速道路グループは、トイレの近代化を進めると同時に、そのメンテナンスにも力を入れる。施設部門や維持修繕部門のご担当者様と、お客様視点でより快適な商品を提案してきたTOTOの担当者が、パブリックトイレを快適・清潔に保つための取り組みを海老名サービスエリア(SA)で語り合う。

内田(TOTO) ここ10年ほど、サービスエリアやパーキングエリアでパブリックトイレの近代化を進めています。どのような取り組みですか。

中日本高速道路株式会社 東京支社 横浜保全・サービスセンター副所長  山本 浩司 氏

山本(NEXCO中日本) 休憩施設のパブリックトイレを、より快適で、より便利で、より楽しいものに改めていくものです。「おもてなしトイレプロジェクト」と呼んでいます。2005年に日本道路公団が分割民営化され中日本高速道路が発足したのをきっかけに取り組みを始め、08年、東名高速道路の日本平パーキングエリアで第一号を完成させました。

 設備面では大きく2つの方向性で取り組みを進めてきました。

 一つは、お待たせしないトイレの実現です。ヒアリング調査でお客様にお聞きすると、待てる時間は2分までという結果でした。それを基に、便器の最適な数を求める解析手法を京都大学と共同で開発しました。この手法を活用し、トイレを2分以上お待たせしない!をコンセプトに、最適な便器数を整備しています。

 さらに、洋式と和式の比率見直しです。民営化前は洋式3・和式7だったのを、洋式9・和式1に逆転させました。お客さまのニーズももちろんありましたが、和式はニオイの原因となる尿が便器のまわりに飛び散りやすいため汚れやすく、トイレ特有の嫌な臭いも発生しがちです。一方、洋式は便器の上に直接腰掛けるため尿の飛び散りがほとんどなく、さらに腰掛で便器にフタをすることで排泄臭も生じにくい。清掃もしやすいという維持管理上のメリットもあります。

 ただ、パブリックトイレで便座に腰掛けるのを嫌うお客様もある程度いらっしゃるのも現実です。そのため、ごく一部とはいえ和式を残しています。

海老名サービスエリア(下り)トイレ

分析・観察・ヒアリングで課題解決へ

中日本高速道路株式会社 東京支社 横浜保全・サービスセンター施設担当 岩佐 育恵 氏

岩佐(NEXCO中日本) ここ東名高速道路海老名サービスエリアでは、個室トイレの空き状況を可視化する仕組みも取り入れています。個室トイレの扉に設置したセンサーでその開閉状況を感知し、空いているかどうかをモニターに表示するものです。その結果、比較的、利用率が低かった奥の個室トイレも使用されるようになりました。

 お客様からは、「空き状況が分かりやすい」と好評です。トイレが昔に比べてきれいになったというお褒めの言葉だけでなく、このような仕組みによってトイレが利用しやすくなったというご評価も頂いています。

山本 民営化前は同じようなトイレを同じようにつくるという姿勢が基本でした。しかし民営化後は、お客様の動きやニーズ、それに地域特性まで踏まえながら、改修計画を立て、工事を発注する、という流れに変わりました。施設担当者は自ら、お客様の動きやニーズを調べるという姿勢を持ち始めています。

内田 具体的にはどのような方法で動きやニーズを把握されるのですか。

岩佐 半年にわたる個室トイレごとの利用状況など、蓄積したセンサーデータを分析するほか、自分の目で現場を観察したりしています。

TOTO株式会社 特販本部 市場開発第二部 市場開発第三課 内田 昭 氏

 お客様にはご案内や清掃を担当するエリアキャストが誰よりも接しています。現場にはどのような課題があって、その課題を解決するために改修時には何をどのように改めればいいのか。それを探るためにも、エリアキャストの話はよく聞くようにしています。

山本 エリアキャストの働きぶりは、一番の誇りです。トイレはつくることより、きれいに保つことのほうが、はるかに難しい。それが実現できているのは、エリアキャストの働きがあるからこそです。

内田 それは感じます。私たちも、汚れをつきにくくするセフィオンテクト加工を便器に施したりするなど製品づくりで清掃しやすさを目指していますが、やはり日々の清掃を担当するエリアキャスト皆さんのおかげで、美しいトイレ空間が保たれていると思います。

乾式清掃でいつでもきれいなトイレへ

山本 実は「おもてなしトイレプロジェクト」では、清掃面の見直しにも踏み切っています。清掃方法を湿式から乾式に替えたのです。水を使わなくなったことによってトイレに利用できる素材の幅が広がりました。例えば床材は磁器質タイルからより安価なゴム系タイルに切り替えられるようになりました。コスト面でもプラスに働いています。

中日本ハイウェイ・メンテナンス東名株式会社 東名環境整備課係長 石川 清美 氏

石川(メンテ東名) 以前は、トイレを一時閉鎖して床に水をまき、デッキブラシで床面の汚れを落としていました。清掃後、床が濡れていても、それが清掃によるものか汚れによるものか、お客様は分からない状態でした。それを乾式の清掃法に替えたことで、水をまく必要がなくなり、いつも乾いた清潔な状態でトイレを使用していただけるようになりました。

 それに伴い、床面まで清掃する1日1回の基本清掃に掛ける時間を短縮しました。その一方で、巡回しながら気付いた汚れをきれいにしたりトイレットペーパーを補充したりする巡回清掃の頻度を増やしました。目標は「いつでもきれいなトイレの実現」です。お客様に気持ち良く車の運転を続けていただけるような環境づくりを目指しています。

山口(エリアキャスト) トイレは一人でもお使いになれば汚れます。そういう状況の中でいつでもきれいなトイレを実現しようと、一日中、巡回清掃でトイレをぐるぐる回っています。

内田 トイレの中で汚れやすいのはどこですか。

山口 汚れやすいのは、小便器の下ですね。汚れている状態でお使いになる方は、それを避けるために一歩下がるのか、さらに汚れてしまいます。もう一つ、小便器の底の裏の部分も汚れがたまりやすい。ここには側面を伝って流れ落ちたものが集中するのですが、便器のほかの面と違って凹凸になっているため、清掃しにくくて困ります。臭いの元にもなります。目に見えない場所だからこそ、きれいにしたいですね。

内田 貴重なご意見をありがとうございます。

さまざまな対策で作業効率アップ

渡辺 私たちエリアキャストの仕事は清掃だけではありません。時間交代でお客様のご案内係も務めます。海外の方から水の流し方を尋ねられ、身振り手振りでお伝えすることもあります。それでもいまは、トイレの案内は、日本語、英語、中国語2種類、韓国語の5カ国語で表記されるようになりました。以前に比べトイレの使い方が分かりやすくなった分、お困りの方は少なくなったように感じます。

内田 ここ海老名サービスエリア下り方向のトイレだけで便器の数は男女合わせて224とお聞きしています。それを、わずか7人のエリアキャストで担当されているというから驚きです。メンテナンス面では、清掃以外にも課題があるのではないですか。

写真左から中日本ロード・メンテナンス東京エリアキャスト 山口友子氏、中央は石川氏、右は同東京エリアキャスト 渡辺三津子氏

渡辺 ウォシュレット便座の温度設定を、夏と冬で切り替えています。個室トイレ一つひとつ、設定し直す必要があるため、一人で作業すると、結構な時間が掛かります。

内田 管理者や清掃者からのそうしたご要望を受けて、管理清掃用リモコンというものを発売しています。

 この管理清掃用リモコンなら、個室トイレに入ってボタンひと押しで温度設定を変更することができます。従来よりも操作が簡単なので、効率良く設定変更を済ませることができます。

渡辺 リモコン一つで設定を変更できるというのは便利そうですね。

内田 このリモコンのように、私たちも管理者や清掃者というお客様の声をお聞きし、製品づくりに反映させていくことが非常に重要です。メーカーの使命とも言えます。これからもそうした声に耳を傾け続け、より良い製品づくりに努めて参ります。

 本日はありがとうございました。

管理清掃用リモコンの説明を受ける山本氏
中日本高速道路株式会社
本 社:〒460-0003 名古屋市中区錦2-18-19 三井住友銀行名古屋ビル
            TEL: 052-222-1620(代表)
設 立:2005年10月1日
目 的:高速道路の新設、改築、維持、修繕その他の管理を効率的に行うこと等により、道路交通の円滑化を
            図り、もって国民経済の健全な発展と国民生活向上に寄与することを目的としています。
Page Top

TOTOパブリックトイレ

アプリコットP(2018年2月発売)機能性に加え、管理のしやすさにも配慮したパブリック向け瞬間式ウォシュレット
ウォシュレット管理清掃用リモコン(別売品) (2018年2月発売)複数台の温度設定や清掃時のノズルの出し/戻し操作をリモコンひとつでできる。
壁掛大便器セット・フラッシュタンク式 複数のブースで同時使用をしても洗浄不良を起こしにくい。
「PUBLIC RESTROOM ITEMS(パブリックレストルームアイテムズ)」より多くの空間に調和し、より多くの人に使いやすいパブリックトイレ
Page Top
TOTOテクニカルセンター
建築や水まわり空間のデザインや設計・施工をご計画される専門家の
お客様へ、設計のコンセプトからプラニングに関する情報を提供。
詳しくはこちら
TOTO
http://www.com-et.com/jp/
(建築専門家向け)