SPECIAL REPORT 授業を止めないための創意工夫が詰まった富士通の文教タブレット ARROWS Tab Q506/MEICT(情報通信技術)を利活用した質の高い教育が全国で広がっている。こうした状況の下で政府は、2020年までに小中高等学校の教育現場に1人1台の情報端末を導入する目標を掲げている。情報端末の主役は、教室や体育館、校庭など場所を選ばずに持ち運んで学習できるタブレットだ。ICT利活用教育を支えるタブレットには、何が求められるのか。全国の教育現場の声を生かして文教分野向けのタブレット「ARROWS Tab Q506/ME」を商品企画した富士通 ユビキタスビジネス戦略本部の待鳥俊樹氏に聞いた。 (聞き手:日経BP社 日経BPイノベーションICT研究所 上席研究員 中野淳)

教育現場の課題を解決する
「落としにくさ」と「堅牢性の高さ」

富士通株式会社 ユビキタスビジネス戦略本部 タブレットプロダクト統括部 第一プロダクト マネージャー 待鳥 俊樹氏

富士通株式会社
ユビキタスビジネス戦略本部
タブレットプロダクト統括部
第一プロダクト部 マネージャー

待鳥 俊樹氏

※社名と部署名は取材時点のものです。

日経BP社 日経BPイノベーションICT研究所 上席研究員 中野 淳

日経BP社
日経BPイノベーションICT研究所
上席研究員

中野 淳

中野 教育現場でのタブレット活用が着実に進んでいます。

待鳥 この「ARROWS Tab Q506/ME」は、富士通初の文教向けタブレットです。これまでの経験の中で分かったのは、一般企業で大人が使うケースと学校で児童・生徒が使うケースとでは、使い方やニーズが違うという点でした。そこでまず力を入れたのが、タブレットの落としにくさと堅牢性の高さです。

「児童や生徒が机から落として、タブレットを壊してしまう」という課題に対して、大画面はそのままに縦幅を従来機種より約18ミリ短くすることでコンパクトに置けるようにしました。学校の机に教科書やノート、文房具等と一緒にタブレットを置くと、スペースがなくなってしまい、落としやすくなるからです。タブレットの底面には、すべり止めのゴム足を7個配置しました。併せて、タブレットの重心を手前寄りにすることでさらに落としにくい設計にしています。

キーボードを付けることでノートPCとして使えるのはもちろん、タブレットを分離して使う際、キーボードにぴったり重ねて置けるようにするなど、ここでもコンパクトさにこだわりました。

ARROWS Tab Q506/MEは、机の上の限られたスペースに
置けるよう、 本体の縦幅を押さえてコンパクトに設計した。

タブレットはキーボードの上にぴったり重ねられるため邪魔にならない。
キーボード側には、タブレットがずれないようわずかな突起が設けられている。

バッテリー位置などを工夫し、重心が本体手前に来るようにしているため、
このようにはみ出た状態でも落下しない。

万が一落としてしまった場合も、
額縁と液晶の間に作られた溝が落下時の衝撃を吸収することで、
液晶が割れにくい構造になっている。
(JISが定める教室用机の高さである76cmの落下試験を実施)

普通教室の外での学習を想定した
「防水・防塵」「耐薬品」

中野 児童・生徒が主体的に学ぶ「アクティブラーニング」への関心が高まる中で、情報の収集や発信の起点となるタブレットが、アクティブラーニングを支える重要なツールになっています。

待鳥 理科室や校庭、プール、体育館など、普通教室の外にタブレットを持ち出すことで、アクティブラーニングの可能性が大きく広がります。そのためには、タブレットもこうした使い方に対応する必要があります。ARROWS Tab Q506/MEは、水回りの授業や屋外での利用を想定して、「防水・防塵設計」にしています。突然の雨などで濡れてもタブレットが壊れないという点は好評をいただいています。汚れても水で流し洗いができ、さらに追加オプションの「耐薬品対応」にすると、アルコールなどで消毒して利用することも可能です。

製品紹介学びの場で安心して使えるタブレット
ARROWS Tab Q506/ME

富士通初の文教向けタブレット。学習環境にフィットするコンパクトさと、堅牢性の高さが特長だ。キーボードが脱着でき、ノートPCとしても、タブレットとしても使える。タブレットは机から落ちにくい工夫に加え、万一、机から落ちても落下時の衝撃が伝わりにくい設計を実現した。屋外でも安心の「防水・防塵設計」や、紙に鉛筆で書く時のようなペンの書き心地など、学習の現場に適した性能を実装している。

製品情報はこちら
http://www.fmworld.net/biz/tablet/q506me/

富士通コンタクトライン(総合窓口)
電話 0120-933-200
受付時間: 9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

PAGE TOP