• 募集/応募要項
  • 説明会
  • 審査員
  • 受賞作品
  • お問い合わせ
  • YuMi®︎とは
  • ABB
  • ABB YuMi Cup 2017
  • ABB

受賞作品

最優秀賞

サイダーバー

サイダーバー
■ 応募者     立命館大学 リーダー 立花 京、サブリーダー 立花 舞 ■ 作品概要     自ら発明したロボットアルゴリズム「感覚統合制御」をYuMiに適用。これからは、『お酒もアイドルももう古い!時代は(安全規制的に)おさわりできるロボット!』。
左から立花京さん、立花舞さん、佐藤審査委員長

左から立花京さん、立花舞さん、佐藤審査委員長

<受賞者コメント>     リーダー 立花 京
今回はこのような素晴らしい賞をいただき、本当に嬉しく思っています。普段は共同研究先等の要望を聞くことが多い中、YuMiCupでは、自分たちで新しいことを考える機会ができ、楽しく開発を進めることができました。
<受賞者コメント>     サブリーダー 立花 舞
コンセプトから装飾デザインを担当しました。今回このような賞をいただき、光栄に思います。ワクワクする機会を与えていただきありがとうございました。

最優秀賞作品 Cider Bar(動画)

※最終選考用の提出動画には楽しいBGMを入れていただいておりましたが、著作権保護の観点から本ダイジェスト版では削除しております。ご了承ください。

2017国際ロボット展 展示写真

2017国際ロボット展 展示写真

2017国際ロボット展 展示写真

最終選考における審査委員 総評(動画)

ファイナリスト
一次選考には141点もの作品が寄せられました。予想以上のご応募をいただき、誠にありがとうございました。厳選な審査の上、最終選考に進むファイナリスト3作品を選出。惜しくも最優秀賞には届きませんでしたが、ファイナリストまで選ばれた2作品を紹介いたします。

YuMiとディープラーニングを利用したサラダの盛り付け

YuMiとディープラーニングを利用したサラダの盛り付け
■ 応募者     株式会社リンクウェーブ 坂元 貴紘 ■ 作品概要     ディープラーニング(深層学習)を利用し、従来の手法では難しかった食品などの扱いが可能になり、その中でも実現可能性の高かったサラダの盛り付けを YuMi で実現するコンセプトを提案。

初生雛鑑別システムのやさしいヒヨコ捕獲の実現

初生雛鑑別システムのやさしいヒヨコ捕獲の実現
■ 応募者     有限会社電マーク 中野 裕介 ■ 作品概要     孵卵場では約300人の初生雛鑑別師が、約2億羽の鶏の雛の雌雄の鑑別をしている。YuMiが雛を捕獲し、鑑別装置にかけ、ワクチン投与する作業をすることで、ロボットによる初生雛鑑別システムを実現させたい。
ABB YuMi®︎ Cup 2017をシェア
メディア掲載情報
メディア掲載情報
ロボティクス新時代へ 協業ロボットYuMi(R)の可能性
Vol.1 ロボットが隣で働くとき
Vol.2  知と現場の最先端に聞くロボティクスの革新
Vol.3  ABB Robotics Night 2017レポート
ロボット大国担う若者へ
Vol.1 人と働くロボットYuMi®(ユーミィ)と一緒に夢を追うABB若手社員の挑戦
Vol.2  研究者インタビュー「これからはロボットと共⽣する時代に」
Vol.3 「ロボットを支えるのは女子力」女性エンジニア4人が語るロボットの魅力
ロボティクス新時代へ 協業ロボットYuMi(R)の可能性
ロボット大国担う若者へ

Copyright 2017 ABB K.K.