新色登場で野球はもっと楽しく!

ローリングスのカラーシンクパッチグラブを元プロ野球選手の販売店舗スタッフが薦める理由

日本代表の活躍もあり、盛り上がりを見せている野球シーン。自分も「また野球を始めたい」と熱が高まっているのなら、まずは道具にこだわりたい。注目は、新モデルが加わったローリングスの「カラーシンクパッチグラブ」だ。

自分らしさをグラブで演出
				昨年末に6種類のラベルカラーで発売された「HOH カラーシンクパッチ Japan Limited Order Quality」が、今回さらに6種類を追加。今後は全17種類までバリエーションを増やす予定だ。さらに、より手頃な価格の新モデル「HOH カラーシンクパッチ Japan Limited」も登場。

伝統、デザイン、機能の3拍子を備える注目グラブ

野球の道具、特にグラブ売り場は黒や茶などの単色モデルが中心だった。そんな常識を覆し、華やかさと選ぶ楽しさを提案するグラブが登場し、売り場の雰囲気が変わっている。それがローリングスの「カラーシンクパッチグラブ」で、グラブ本体はもちろん、カラフルなラベルが印象的なモデルだ。

昨年末に発売されて大きな話題となったが、今回さらに6種類のラベルカラーを追加。また、よりリーズナブルな新モデルも登場し、バリエーションはさらに豊富になっている。ラベルカラーは今後も追加され、全17種類を展開予定だ。

「やはり、カッコいいグラブを使っている人のほうが、野球をする姿もビシッと決まりますよね。多くのメジャーリーガーが愛用するローリングス。しかもこのセンスのいいカラーリングなら、目立つこと間違いなしです」(島田さん)

「選ぶ、合わせる楽しみがあるのはもちろんですが、HOH(厳選したステアハイドのなかでもトップ5%の良質な部分)を使うため、はめた瞬間、手にしっくりなじむんです。プレーする楽しみも広がるんじゃないかな」(定詰さん)

2人の元プロ選手の販売店舗スタッフは、カラーリングと機能性の両面から「カラーシンクパッチグラブ」を太鼓判。

草野球の試合で使う。子どもとキャッチボールを楽しむ。野球観戦でスタジアムに持っていく。どんな使い方でも、今までにない楽しさを実感できるだろう。

※生後3~6カ月に去勢された成牛の革

元プロ選手の販売店舗スタッフが薦める理由

カッコよさと機能性を両立したグラブなんです

スポーツデポ 川崎店
野球アドバイザー

島田一輝さん

カラーリングが独特で、「オーダーしたような感覚」のグラブです。見た目のカッコよさはもちろん、外野手用グラブの指を入れる位置が実戦向きに考えられたこだわりなど、はめた瞬間に違いがわかりますよ。

  ラッキーカラー、チームカラーに合わせる楽しみも

スポーツオーソリティ 幕張新都心店
ベースボール部門スペシャリスト

定詰雅彦さん

ラベルは大きく存在感があって、デザインセンスはさすがローリングス。自分のラッキーカラー、チームカラーに合わせて、いろんな選び方ができるのもおもしろい。他の人と差をつけたい人に薦めたいですね。

Japan Limited Order Quarity

■GR7FHHS44L ブラック/ホワイト
「HOH カラーシンクパッチ Japan Limited Order Quality」
一般軟式
¥29,000~(税別)

Japan Limited

■GR7FHCL44L ホワイト/ブラック

■GS7FHCL125 ロイヤル/レッド
「HOH カラーシンクパッチ Japan Limited」
一般軟式・ソフトボール
¥18,900(税別)

カラーシンクパッチグラブを詳しく知りたい方はコチラ!
PAGE TOP