• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • NATIONAL GEOGRAPHIC
  • 日経電子版
ハイスペックスマホ、タブレットが大集合! 最先端デジタルガジェット通信

ウェアラブル・タブレット・スマートフォンをアウトドアシーンで使ってみた!

気心の知れた仲間たちとのキャンプの日。テントにシュラフ、トレッキングブーツ、そして調理ツールをクルマに積み込んだ後で、3つのデバイスをバッグに入れたことを確認する。「HUAWEI WATCH」「MediaPad M2 8.0」「HUAWEI GR5」。一見、アウトドアとは縁遠い最新デバイスだが、うまく活用することで今までと違うアウトドアの楽しみ方が生まれるという。それを検証するのが今回の最重要ミッションである。というわけで、3人のスタッフがキャンプへ出発した。

AndroidOSを搭載した革新的なスマートウォッチ

2015年10月に登場した「HUAWEI WATCH」は、冷間鍛造で高度を高めたステンレス素材をフレームに使用するなど、スマートウォッチなのに高級腕時計らしいデザインを採用している。占有率72%の1.4型AMOLEDディスプレイは解像度400×400pix(286ppi)と高精細で、秒針の動きもなめらかに再現。また、ベルト幅は18mmのため、市販の腕時計用ベルトに取り換えることもできる。サイズは、約42(直径)×11.3(厚さ)mmで、対応OSはAndroid 4.3+、iOS 8.2+。また、本体のみでの音声通話にも対応している。

スマートウォッチならではのフィットネス機能は、タフな環境でも活躍してくれるのか?

HUAWEI WATCH_1

 キャンプ場に到着し、クルマのエンジンを切ってドアを開けると、澄んだ空気がすぅーっと胸の中に入ってくる。風にそよぐ木々の葉、川のせせらぎ。自然の音に包まれるだけで、日常と切り離された時間が始まる高揚感に胸が高ぶる。早速テントを設営すると、誰から誘うわけでもなく周辺の散策に出かけた。

「HUAWEI WATCH」は、本体に6軸モーションセンサーを搭載し、ウォーキングとランニング、クライミングを自動判別し、歩数や消費カロリーを記録する機能がある。心拍センサーも搭載するため、トレッキング気分で歩きながら、今現在の心拍数を測定することもできる。心拍数を毎日決まった時間に測定すると、健康状態を把握できるし、運動しながらチェックすれば、より効果的なトレーニングが可能になる。トレッキング中に心拍数を確認すると、120前後を示していた。無理のないペースであることが数値でも確認できたので、「どうせなら眺望のひらけたあの丘の向こうまで歩いてみよう」と、歩みを進めるスタッフだった。

HUAWEI WATCH_2

 トレッキングから帰ると、釣り好きのスタッフが「フライフィッシングへ行こう」と提案する。ポイントはキャンプ場の近くを流れる川の上流にあるため、カヤックで向かうことにした。オールを使って漕いでいく途中、どうしても「HUAWEI WATCH」は水しぶきをかぶることになってしまうが、IP67規格相当の防水・防塵性を備えているため心配は無用。リズミカルにオールを使いながら、カヤックは上流に向かって力強く進んでいく。

 アウトドアに出かければ、さまざまな表情の自然と向き合うことになる。天候が変わりやすい季節があれば、川遊び、マリンスポーツ、ウインタースポーツなど楽しめるコンテンツは実に多彩だ。いつ、どこで、何をしても誤作動とは無縁のタフさを持っていれば、なるほど確かに、アウトドアに新しい楽しみ方をプラスしてくれる。

HUAWEI WATCH_3
アナログ時計にも匹敵するトラディショナルなデザイン

フレームカラーはシルバー、ブラック、ゴールドの3色。ベルト素材やベゼルのデザインと合わせ、40種類以上の中からシーンに合わせてカスタマイズできる。撮影で使用したのはブラックのモデルで、アウトドアによく似合っていた。

コンテンツ一覧

新登場にして既に完成形のモバイルノート
NEWタブレットその他

2017年7月7日公開

新登場にして既に完成形のモバイルノート

スマートフォン市場で躍進を続けるファーウェイが、満を持してモバイルノート市場に本格参入。これまでスマートフォン開発で培ってきた技術、ノウハウ、発想を結集して提案する…

圧倒的な音質と映像美のタブレット HUAWEI MediaPad M3を体感せよ
タブレット

2016年12月14日公開

HUAWEI MediaPad M3を体感せよ