ハイスペックスマホ、タブレットが大集合! 最先端デジタルガジェット通信

SIMフリースマートフォン SIMフリータブレットのある風景〜 HUAWEI GR5とMediaPad M2 8.0で始まる新しい毎日

春は新しいスーツやビジネスツールの購入、歓送迎会などで何かと出費もかさむ時期。スマートフォンやタブレットの月額料金を、「もう少し抑えられないかな」と考える人も多いはずだが、注目したいのは話題のSIMフリー端末だ。ここでは、2015年のスマホ出荷台数1億台を突破し、同出荷台数世界第3位のファーウェイに着目。スマートフォン「HUAWEI GR5」と、タブレット「MediaPad M2 8.0」を取り上げ、この2台を使うことで生活がどう変わるのかを見てみよう。

HUAWEI GR5 メイン機として活躍するコスパの高いSIMフリースマホ

日本のSIMフリースマホ市場を牽引してきたファーウェイには、エントリーモデルからハイエンドモデルまで、さまざまなラインアップがそろっている。「HUAWEI GR5」は、3万円台という手頃な端末価格ながら、最新の性能と高いデザイン性を兼ね備えた、コストパフォーマンスの高さで人気のモデルだ。

電話応答など各種操作がスムーズ!
高い使い勝手と機能美に満ちたデザイン

指紋センサーで速攻!電話応答

「HUAWEI GR5」は、ファーウェイのなかでもミドルレンジモデルに位置づけられ、端末価格は3万円台とリーズナブル。もちろん、ビジネスシーンで活用できる機能は充実しているため、新生活の相棒としてうってつけの存在である。

 手にして、最初に驚くのは質感の高さ。アルミとマグネシウム合金のボディは重厚感があり、スリム&コンパクトなボディは手になじむ絶妙なサイズ感だ。広視野角のIPS液晶を備えるため、ドキュメントや資料、写真なども見やすく、ビジネスツールとしても十分活用できるだろう。

 スマートフォンをビジネスツールとして考えた場合、気になるのはセキュリティだ。「HUAWEI GR5」はというと、新開発の「Fingerprint Sense 2.0」という指紋認証センサーを備え、セキュリティの面でも抜かりはない。端末背面にあるセンサー部分を、指紋登録した指で触れるだけで、ロック状態からの電話応答、シャッター操作、通知パネルなどの操作が簡単に行えるため、作業の効率化にもつながりそうだ。

HUAWEI GR5

さまざまな種類のスマートフォンが市場にあふれている今、「どんなスマートフォンを所有しているか」で、その人のセンスを見る部分もある。背面にヘアライン加工が施され、かつ、どこかクラシカルなデザインは、所有欲を満たすだけでなく、初対面の相手にも意外性と驚きのある第一印象を与えられそう。

HUAWEI GR5

大画面5.5インチフルHD(1920×1080)のIPS液晶を採用し、写真も文字も実に見やすい。明るさは環境に合わせて自動調整するため消費電力を抑えられるので、外出中でもバッテリーを気にせず使いこなせる。

料理をよりきれいに撮れるナイスフードモードなど
撮影が楽しくなるカメラ機能を搭載

F2.0のレンズと1300万画素のセンサーで明るい1枚を抑える

 仕事や休日問わず、使用頻度が高いスマートフォンのカメラ機能。一昔前であれば、例えば休日なら、思い出を残すためにコンパクトデジタルカメラを用いていたが、カメラ機能の高性能化に伴い、いまやスマートフォンがその役割を担っていると言っていい。それだけに、新製品が発売されるたびカメラ機能は高い注目を浴びる。

「HUAWEI GR5」はどうかというと、リヤカメラにF値2.0という、極めて明るいレンズを搭載するのが一つ目の特徴。風景写真がキレイに撮れるのはもちろん、レンズが明るければ光量の少ない室内でも気軽に撮影できる。積層型CMOSイメージセンサーは1300万画素だが、1画素あたりの受光量を増やしているため、暗い場所でも、ノイズを抑えたくっきりした写真を撮影できる。

 二つ目の特徴が、ファーウェイのスマートフォンでは初となる「ナイスフード」モードを搭載していること。これは、光量を自動調整して料理をよりいっそうおいしく撮るためのモードで、出張で地方に出かけたとき、ご当地グルメを撮影し、SNSにアップすれば「いいね」の連打が待っている、かもしれない。

料理や風景など、日常シーンで使ってみた!
通常撮影/ナイスフードモード

スマートフォンのカメラで最も多い撮影シーンの一つが料理。見る人が「お!」となる写真をSNSにアップすれば、好感度も上がるというもの。「HUAWEI GR5」に搭載される「ナイスフード」モードは、自動で最適な光量に調整し、よりおいしそうな料理写真を撮るための機能。「ナイスフード」モードで撮影したものと、通常撮影した上の写真を見比べれば一目瞭然だが、ただ画面全体が明るいだけでなく、しっとりしたシズル感もあり、確かにおいしそう。

風景

屋外で撮影するとき、ディスプレイが反射して確認しづらいことがよくあるが、「HUAWEI GR5」はディスプレイの反射が抑えられているため撮影しやすい。晴れた日の風景も、空が白く飛んだり、海が暗くつぶれることなく、予想以上にクリアに撮影できた。

夜景

スマートフォンのカメラでは、暗くなりすぎてしまったり、光量が取れなかったりして、夜景撮影を諦めてしまっている人も多いが、そこはカメラ機能にもこだわりを持つファーウェイ。「HDR」モードで撮影してみたが、ノイズを抑えた実にきれいな1枚に仕上がった

  • 電話応答など各種操作がスムーズ!
  • 料理をきれいに撮れるナイスフードモード
  • タブレットの粋を超越したサウンド性能
  • 気品な装いを持つ上質なフルメタルボディ
  • MediaPad M2 8.0

コンテンツ一覧

スマホの枠を超えたカメラはこうして生まれた
NEWスマートフォン

2017年11月10日公開

スマホの枠を超えたカメラはこうして生まれた

当連載でも幾度か取り上げてきた「HUAWEI P10 Plus」。世界中のユーザーが称賛するその圧倒的なカメラ性能は、スマートフォンでの撮影機会の幅を広げ…

圧倒的な音質と映像美のタブレット HUAWEI MediaPad M3を体感せよ
タブレット

2016年12月14日公開

HUAWEI MediaPad M3を体感せよ