• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • NATIONAL GEOGRAPHIC
  • 日経電子版
ハイスペックスマホ、タブレットが大集合!
最先端デジタルガジェット通信

新フラッグシップスマートフォン HUAWEI P9の実力

SIMロック解除の義務化から1年が過ぎ、社会での認知度を高めているSIMフリー市場。その先駆者であるファーウェイは、6月上旬に発売された新端末「HUAWEI P9」「HUAWEI P9 lite」「HUAWEI WATCH Jewel/Elegant」でさらなる攻勢を仕掛けるようだ。なかでも「HUAWEI P9」はカメラメーカー「ライカ」と共同開発したダブルレンズ機構を搭載し、スマホカメラの常識を超えた撮影体験を実現するなど、多くのトピックスを持ったフラッグシップモデル。さっそく、3つの新端末の実力をチェックしてみるとしよう。

ライカの設計思想がふんだんに盛り込まれた高性能なカメラ機能

「ライカ」といえば、プロ・アマ問わず世界中の写真愛好家から絶大な支持を受けるブランドである。全世界で1600万台を売り上げたスマートフォン「P8」シリーズの後継機であり、ファーウェイの最新フラッグシップモデルとなる「HUAWEI P9」について語るときも、真っ先にあがるキーワードが「ライカ」。というのも、世界最高峰のカメラメーカーとの共同開発から生まれたレンズが、ダブルカメラを搭載したこの端末に採用されているからだ。

 スマートフォンのカメラ機能は以前とは比較にならないほど進化した。とはいえ人間の欲求には際限がなく、「もっときれいに」「もっと簡単に」というニーズが絶えることはない。そんなニーズに応えるべく、「HUAWEI P9」のためにライカと共同開発されたのが、オリジナルの「LEICA SUMMARIT H 1:2.2/27 ASPHERICAL」というレンズだ。これを左右2つのカメラに搭載することで、スマートフォンとは思えない撮影体験を可能にしてくれる。

 片方のカメラにはRGBセンサーを、もう一方のカメラにはモノクロセンサーを採用し、画素数はともに1200万画素で、画素ピッチは1.25㎛。2つのカメラで撮影した情報を最適に組み合わせることで、緻密な色調表現はもちろん、暗い場所でもノイズの少ない鮮明な写真が撮影できるという。

 フォーカスには、一般的に採用されるレーザーやコントラストによるオートフォーカスに加え、被写界深度フォーカス機能である「デプス(Depth)フォーカス」を採用している。2つのカメラの視差を利用する深度計算用のソフトウェアを備え、さまざまな場面で素早くフォーカスを合わせられるのはもちろん、ライカらしいボケ味のある写真も簡単に撮影できる。ピントの位置や絞りを変えることで、撮影後にボケ味を調整することも可能になっており、スマホカメラの撮影でも、一眼レフで撮影した可能な風合いの作品づくりが可能になっているわけだ。

HUAWEI P9

ライカといえばやはりレンズ。「LEICA SUMMARIT H 1:2.2/27 ASPHERICAL」という、独自のテクノロジーが凝縮されたオリジナルレンズが「HUAWEI P9」には搭載されている。ちなみに、「LEICA SUMMARIT H」の「H」はHUAWEIの頭文字をとったもの。

RGBセンサーとモノクロセンサーを採用

センサーにはクラス最大級の画素ピッチ1.25㎛のRGBセンサーとモノクロセンサーを採用。画素数は1200万画素となり、1画素あたりの受光面積を大きくすることで、暗所でもノイズの少ない撮影が可能になる。

「デプス(Depth)フォーカス」を採用

スマホのカメラはピントが「甘く」なりがちだが、「HUAWEI P9」はさまざまな状況で即座にピント合わせを可能にするため、レーザーAFとコントラストAF、さらに2つのカメラの視差から奥行きを検知する「デプス(Depth)フォーカス」を採用している。

最新オクタコアCPU「Kirin955」を搭載

ダブルレンズ機構を採用しても、処理性能の高いCPUがなければ宝の持ち腐れになってしまう。その点、省電力性能と高パフォーマンス性能を両立した、自社設計の最新オクタコアCPU「Kirin955」の搭載は大きなアドバンテージになる。

プロカメラマンが撮影方法を指南!P9で撮影した写真をチェック

私が教えます!プロカメラマン/株式会社ヒゲ企画 高橋宣仁さん

 ライカのDNAを受け継いだカメラ機能が搭載されていることがわかったあとで、「でも結局はスマホだから限界はあるよね」と、疑ってかかる人も多いだろう。その疑いは、ここでいくら文字を連ね、理屈をこねたところで払拭されないもの。というわけで、ライカと共同開発のレンズを手に入れた「HUAWEI P9」のカメラ機能がどう進化したのかを確認するため、プロカメラマンに撮影してもらうことにした。依頼を快く受け入れてくれたのは、日経トレンディをはじめ「ヒゲのカメラマン」としてさまざまな雑誌、ウェブ媒体で活躍する、株式会社ヒゲ企画代表の高橋宣仁氏。高橋氏の指南を受けながらモノクロ、夜景、スナップの撮影に挑戦してみた。

モノクロでも美しい、それがライカ
ライカレンズのモノクロ撮影での表現力

ライカのレンズの実力は、モノクロ撮影での表現力にあらわれる。一般的なスマートフォンのカメラのモノクロ加工は、単にグレースケールに変換するものがほとんどで、お世辞にも抑揚があるとは言い難い。「HUAWEI P9」のカメラ機能は、ライカレンズとモノクロセンサーの性能によりディテールをよく捉えて階調表現が豊か。暗い部分もつぶれず、黒の濃淡がしっかり描かれているため、奥行き感のある気持ちのいい写真になった。

こう撮るポイント1

飾り気のない造形や単調な規則性を持ったモチーフは、モノクロで撮影してみましょう。「HUAWEI P9」のモノクロ撮影は独特のトーンが特徴で、何気ない景色でもレンズを向けただけで芸術性の高い絵になります。

夜景撮影はノイズを意識
ノイズを抑えた夜景を再現

スマートフォンのカメラが最も苦手とするのが夜景の撮影。「夜景もきれい」というふれ込みでも、撮影すると明らかに光が不足気味でがっかりするパターンが多いが、「HUAWEI P9」の場合は違う。何気なく撮影した1枚だが、ノイズを抑えた夜景が再現できた。

こう撮るポイント2

中心のライトアップされた木に目が行きがちですが、天井や建物に注目してみましょう。そこには日中目にすることのない明暗の細かなニュアンスが隠されています。

撮影後にピントを調節できる
ワイドアパチャーモード

「HUAWEI P9」のカメラ機能のひとつに、撮影した後からピントの場所を自由に調整できる「ワイドアパチャー」モードがある。ピント調節はピントを合わせたい場所をタッチするだけで、「なるほどね」と高橋名人も納得の自然なボケ味を作り出すことができる。デジタル一眼レフ並みの作品づくりも可能だ。

こう撮るポイント1

背景をぼかす処理は、画像処理で行っているスマートフォンが多い中、「HUAWEI P9」はダブルレンズの視差を利用しているため、より自然に立体的なぼけを生み出しています。

  • Camera
  • Design&Spec
  • HUAWEI P9 lite
  • HUAWEI WATCH Jewel/Elegant

コンテンツ一覧

ビジネス&プライベートが充実する機能7選
NEWスマートフォン

2017年5月18日公開

ビジネス&プライベートが充実する機能7選

新しい環境、仕事、生活に順応し始める反面、スタートダッシュの勢いが少しずつ落ちてくるこの時期。再加速するには、ビジネスでも、プライベートでも…

圧倒的な音質と映像美のタブレット HUAWEI MediaPad M3を体感せよ
タブレット

2016年12月14日公開

HUAWEI MediaPad M3を体感せよ