• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • NATIONAL GEOGRAPHIC
  • 日経電子版
ハイスペックスマホ、タブレットが大集合!
最先端デジタルガジェット通信

契約はカンタン!? サポートは大丈夫? 選ぶべき端末は? SIMフリー乗り換え 不安なポイントにお答えします! 提供:ファーウェイジャパン

いよいよ格安SIMやSIMフリースマホは本格的な盛り上がりを見せている。大手キャリアの「実質0円」サービスが終了したことで、より安くスマートフォンを利用できる「SIMフリー」への移行を検討している人も多いことだろう。ただ一方で、「価格が安い分、その対価も大きいのではないか」という不安が簡単に拭えるものではないのも事実。端末選び、契約手続き、サポートなどに対するさまざまな懸念・疑問に悶々とするばかりで、なかなか購入に踏み切れずにいる人が少なくないのだ。そんなわけで今回は、SIMフリー乗り換えにまつわる代表的な不安要素と、その解決策を紹介していこう。

3大不安要素価格は魅力的だけど躊躇してしまう…SIMフリー乗り換えの3大不安要素

Q1.契約の手続きが複雑そう Q2.故障や使い方などの気軽な相談はできる? Q3.手頃な価格でも高性能な端末ってある?

どんな物事でも、慣れ親しんだ習慣やスタイルを変えるのに不安はつきものだ。たとえばスマートフォンの使い方にしたってそう。4月から適用された総務省「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」によって大手キャリアの「実質0円」販売が事実上禁止されたことで、より安く使えるSIMフリー端末や格安SIMへの移行を考える人が増えている。しかし、なにせほとんどの人にとって初めての経験となる“SIMフリー乗り換え”。「誰でも安心して使えるものなの?」「そもそも契約や設定の時点でつまずきそう」などさまざまな不安が頭をもたげ、購入を躊躇している人は多いことだろう。そこで今回は、SIMフリー乗り換えの3大不安要素をピックアップするとともに、「実際のところはどうなのか」を解説。SIMフリーの魅力を正しく理解することで、不安解消の一助となれば幸いである。

Q1.家計を考えると魅力的なSIMフリー。カンタンに移行できるなら乗り換えたいけど、プランの選び方とか、今使っている番号の移行とか、契約の手続きが複雑そう。(50代女性)

これまでとSIMフリーの料金設定の違い

 相次ぐ新規参入によって格安SIMを提供するMVNOの選択肢は増え続けているし、料金プランも多種多様。確かに一見すると「複雑そう」だが、全体を俯瞰してみると、各社ともに大きく分けて3種類のプランを設定していることがわかる。インターネットへの接続だけに特化した「データ通信専用SIM」、そこにSMS機能を加えた「SMS機能付きSIM」、そして音声通話も可能な「音声通話SIM」の3種類だ。まずは音声通話を多用するのか、あるいはスカイプやLINEの無料通話で十分なのかを基準にプランを選び、あとは、これまで利用していた毎月のデータ通信量に合わせてデータ容量を選択すればいい。いたって簡単である。

 料金も細かく見れば千差万別だが、いずれにしても大手キャリアに比べて大幅に安い料金設定であることは間違いない。一般的なユーザーなら、月々のデータ通信料金はおおむね1000〜2500円程度に収まり、仮に大手キャリアの月額料金を7000円とすると、その差は4500〜6000円で、場合によっては2か月で1万円以上も出費を抑えられる計算になる。浮いた料金から端末代金を捻出すると考えても、たとえば毎日のランチをちょっと贅沢にしたり、趣味を充実させたり、そんなことも気軽にできてしまう料金差というわけだ。

 また、料金体系についても過剰に不安を感じる必要はない。先に書いた「実質0円」サービスのような、端末の購入代金の一部を月額料金から割り引くといったややこしさはなく、基本的には、シンプルに通信・通話費と端末代金を払うと考えればOKだ。1点、これまで使用していた携帯電話番号を引き継ぎたい場合には、MNP(番号ポータビリティ)サービスを忘れずに利用するよう注意しておきたい。

SIMカード サイズ各種

SIMカードには、サイズ別に標準SIM、microSIM、nanoSIMの3種類がある。使用したい端末がどれに対応しているのか、あらかじめSIMスロットの仕様を確認しておこう

設定1

SIMカードが手元に届いたら、まずは端末との認証を行う。Android端末の場合は、SIMカード挿入後、「設定」→「その他」→「モバイルネットワーク」→「通信事業者」の順にタップ。対応する通信事業者一覧が表示されるので、あとは「自動的に選択」を選べば、SIMカードに合ったネットワークに設定される仕組みだ。

設定2

次に、データ通信・インターネット接続に必要なAPN(アクセスポイントネーム)の設定。ここでは「設定」→「その他」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」と進み、わかりやすいANPやユーザー名を自由に入力する。万が一設定方法がわからない場合でも、店舗や電話でのサポートが受けられる場合がほとんどなので心配はいらない。

格安SIMはたくさんのプランがある分、自分にぴったりのものが選べる!
海外旅行でも使い慣れた端末を使いたい!

海外渡航時に大きなメリットがあるのもSIMフリー端末の大きな魅力。現地キャリアの音声通話、データ通信に対応したプリペイドタイプのSIMカードに差し替えるだけで、海外でも使い慣れた端末をいつも通り利用できるのだ。もちろん、現地で端末自体をレンタルするのも方法のひとつではあるが、初めて使う端末の操作で貴重な滞在時間を無駄にしないためにも、旅行や出張で海外に出かける際は、ぜひともSIMフリー端末を利用したいところだ。

イメージ

Q2.ネットでSIMの契約からスマホの購入までできるのはたしかに便利。けど、スマホの調子が悪くなったとき、直接どこかで相談できるの?(20代女性)

ファーウェイカスタマーサポートセンター店頭イメージ

 端末を地面に落としてしまった、海にプールにジャボンと水没してしまった……。大手キャリアの端末ならそんな時、とりあえず最寄りの店舗に駆け込んで相談すればいい。では、SIMフリー端末の場合はどうしたらいいのか。そう不安を感じている人が多いだけに、各社のサポート体制はしっかりチェックしておきたいところだ。

 SIMフリー端末・格安SIMのサポートは電話やウェイブサイトでの受付が主だが、ユーザー層の拡大にともない、ここ最近はアフターサポートのさらなる充実を図る動きが市場全体で進んでいる。そのなかでもひと際手厚いサポート体制を敷いているのが、日本のSIMフリー市場をけん引しているファーウェイである。

 電話サポートはもちろんのこと、今年4月には直営のサポート拠点「ファーウェイ・カスタマーサポートセンター」を銀座にオープン。スマートフォンのみならず、ウェアラブルデバイス、Wi-Fiルーターなどさまざまな同社製SIMフリーデバイスの持ち込み修理に対応しており、翌日以降の受け渡しになることも多い画面割れの修理でも、わずか1時間ほどで作業が完了するという。ほかにも、スマホ初心者には基本的な操作方法やアプリの利用方法をレクチャーするなど、大手キャリアにも引けを取らない細やかなサポートを受けることができる。

格安SIMはたくさんのプランがある分、自分にぴったりのものが選べる!
わからないことがすぐに聞けるLINEチャットサポートを設置!

今年3月からは「LINE」を利用したチャットサポートサービスも開始したファーウェイ。同社製品の操作や各種設定、修理などに関する相談に専門のサポートスタッフが迅速かつ丁寧に対応してくれる。ファーウェイ・ジャパン公式アカウントから利用でき、営業時間は毎日9時〜20時(年中無休)。無料だ。

LINEチャットサポート画面

コンテンツ一覧

新登場にして既に完成形のモバイルノート
NEWタブレットその他

2017年7月7日公開

新登場にして既に完成形のモバイルノート

スマートフォン市場で躍進を続けるファーウェイが、満を持してモバイルノート市場に本格参入。これまでスマートフォン開発で培ってきた技術、ノウハウ、発想を結集して提案する…

圧倒的な音質と映像美のタブレット HUAWEI MediaPad M3を体感せよ
タブレット

2016年12月14日公開

HUAWEI MediaPad M3を体感せよ