• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • NATIONAL GEOGRAPHIC
  • 日経電子版
ハイスペックスマホ、タブレットが大集合! 最先端デジタルガジェット通信
提供:ファーウェイ・ジャパン 2017年6月9日公開

エンタメでもビジネスでも、使いたくなる理由がある 徹底活用したいプレミアムタブレット

飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進を続けるファーウェイだが、スマートフォンと同様、市場シェアを着実に拡大しているのがタブレット。スペックよし、デザインよし、使い勝手よしの3拍子そろった製品を数多くラインアップするなか、この6月に発売されたのが最新モデル「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10」である。好調ファーウェイが送り出した新作の実力はいかに。早速チェックしよう。

大画面で味わえる
こだわりの音と映像

ファーウェイの躍進が止まらない。家電量販店・ネットショップの実売データを集計した「BCNランキング」によると、2017年3月のタブレット販売台数でシェア26.2%と堂々の1位を獲得。幅広い層から支持を受ける主力シリーズ、「MediaPad」の好調な売れ行きがその原動力となった。

 そして一気呵成とばかりに発売されたのが、ミッドレンジのプレミアムタブレット「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10」。搭載する液晶ディスプレイは約10.1インチと、一般的な7〜8インチタブレットと比べて大きめ。広く、大きな画面で動画鑑賞も各種作業も行える、エンタメにもビジネスにも使えるオールラウンダーな1台である。

 特徴はズバリ、“タブレット離れ”した「音」と「映像」だろう。まずは音質だが、世界的なオーディオブランド米ハーマン社が細やかな音響チューニングを施すとともに、位相変調技術を用いた独自のサラウンドシステム「SWS 3.0」を搭載。そこに高出力のクアッドスピーカーを組み合わせることで、臨場感にあふれた包み込まれるようなサウンドを聴かせてくれる。さらにアンプには、歪みや音割れを抑えながら低音を増幅させる「SMART PA」を採用しており、低音の迫力にも不足はまったく感じない。たとえば映画の迫力ある爆発シーンでも、緊迫の銃撃シーンでも、またアーティストのライブ映像でも、腹の底にズシンと響く低音が楽しめるわけだ。

 映像については、先述の通り約10.1インチのIPS液晶ディスプレイを搭載しており、解像度はフルHDを超えるWUXGA(1920x1200)。1000:1の高コントラスト比と相まって、精細かつメリハリの効いた映像表示が可能となっている。また大画面ながら、狭額縁設計によって約240 (幅) x 173 (高さ) x 7.1 (奥行) mmのスリムボディを実現しているところも見逃せない。

 「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10」がエンタメ用途にめっぽう強いことは、「AWA」や「Abema TV」といった音楽/ライブストリーミングサービスのアプリがプリインストールされていることからも読み取れる。動画はオンデマンドで見たい時に、見たい場所で楽しむ時代。でもスマートフォンだと迫力が今ひとつだし、かといってパソコンだと携帯性に難がある……。そんな隙間にぴったりハマるという意味でも、高画質・高音質でジャストサイズの本機は新しいエンタメ体験をもたらしてくれる存在と言えそうだ。

HUAWEI MediaPad M3 lite 10
エンタメ鑑賞の基本となる音、そして映像にとことんこだわった「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10」。約10.1インチの大画面とともに、独自のサラウンド技術「SWS3.0」などさまざまな音響テクノロジーが惜しみなく搭載されている。実際に動画を視聴してみた感想は、「映画館みたい」。そのくらい音にも映像にも臨場感があり、時間を忘れて見入ってしまった。とてもタブレットとは思えない圧倒的なクオリティだ。
  • harman/kardon
    世界的なオーディオブランドとして知られる米ハーマン社は、60年にわたり高音質サウンドを追求し続けてきた、言わば音のプロフェッショナル。「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10」の音響チューニングにはそのノウハウとテクノロジーが余すことなく注ぎ込まれている。
  • クアッドスピーカー
    本体側面の四方に配置されたクアッドスピーカーがパワフルなサウンドを生み出す。パワーアンプ「SMART PA」も音の迫力アップには欠かせない要素であり、十分な音圧と厚みのある重低音によって映像の臨場感もグンと高まる。
WUXGA(1920x1200)解像度の10.1インチIPSパネルを採用
WUXGA(1920x1200)解像度の10.1インチIPSパネルを採用しており、高精細で発色がよく、しかも視野角が広い。アスペクト比が16:10と縦長(横長)となっているため、写真や動画の閲覧やWebブラウジングがしやすいところもポイント。
正面・側面ともにシンメトリックな設計で、エッジを緩やかにラウンドさせることで手にしっくりと馴染む
無駄を削ぎ落したデザインは「エレガント」という言葉がしっくりくるだろう。正面・側面ともにシンメトリックな設計で、エッジを緩やかにラウンドさせることで手にしっくりと馴染むように計算されている。もちろん、厚さ7.1mm、重さ約460gの薄型・軽量ボディはモビリティも高い。
使用環境や、表示するコンテンツに合わせて輝度や色味を最適化
ファーウェイ独自の画像最適化技術ClariVuを搭載。バックライトを精密に制御し、太陽光下などの使用環境や、表示するコンテンツに合わせて輝度や色味を最適化してくれる。
Business Tool 充実の機能でビジネスが加速する

コンテンツ一覧

次に来る最先端ガジェットはコレだ!
NEWスマートフォンその他

2017年6月14日公開

次に来る最先端ガジェットはコレだ!

2017年6月6日、スマートフォン市場でのプレゼンスを高めるファーウェイから新製品が発表された。本特集ではその中から、SIMフリースマートフォン「HUAWEI P10 lite」と…

圧倒的な音質と映像美のタブレット HUAWEI MediaPad M3を体感せよ
タブレット

2016年12月14日公開

HUAWEI MediaPad M3を体感せよ