Why is it loved

革工房PARLEYは、
なぜ革好きに愛されるのか?

革を知り尽くし、革フェチが最後に集まるともいわれる
稀有なブランドパーリィーの魅力とは———。

  • POINT 01 環境と人にやさしいものづくり

    革工房PARLEY(以下、パーリィー)は、自然保護の観点から扱うレザーは、食用などの副産物として生まれた革のみ。副産物の革を利用することは、不要な皮の処理による環境への影響を少なくするなど、さまざまな面でメリットが生まれるという。タンナーと呼ばれる革のなめし業者と提携することで、安心した素材が手に入り、品質も保持されている。

  • POINT 02 メイドインジャパンへのこだわり

    パーリィーは、「Made in Japan」にこだわりをもち、日本の工房でベテラン革職人が1つ1つ革製品を手掛けている。職人が手間と時間をかけて革に向き合う。機械による大量生産が一般的となっている現在だからこそ、革と真摯に向き合う作り手の顔が見えることは嬉しい限りだ。

  • POINT 03 革を知り尽くしたベテランの職人

    パーリィーのコンセプトは「丁寧で丈夫な物を創りお客様が安心し満足して頂ける商品創りをする」。肉厚であったり、柔らかかったり、縫製しづらく職人泣かせの革も、パーリィーの職人たちの手にかかれば、高いクオリティの革製品に生まれ変わる。

Interview

パーリィー代表
白潟 篤さんに聞きました

「傷も自然が創り出したアートです」

革工房パーリィーでは、日本のベテラン革職人による厳選された革素材とプロの技を贅沢に使用した伝統的な革製品を制作、革製品の販売、革製品の卸をしています。革製品もさまざまな種類が存在しますし、制作工程もさまざま。大量生産が一般的な今だからこそ、工房で職人が丹精込めて本物の革製品を作り上げるプロセスに喜びを感じています。

革の魅力は、一つ一つ唯一無二であること。そしてちょっとした小キズや使い手のクセによる湾曲など、いろんな要素が混ざり合って、自分だけのオリジナルになっていくことですね。革の種類にもよりますが、表面が擦れてツヤが出たり、使い続けることで革そのものが馴染んで柔らかくなったりすることによって、風合いが出てきます。

30年前からつくっているパーリィークラシックは、革小物への転用は難しいとされていた靴の技法を革製品で表現したパーリィーのオリジナル商品です。職人の高い技術力がコードバンのような輝きと色のグラデーションの表現を可能にしたのです。

最近の人気はエルク革のシリーズですね。エルク革は大自然で育まれた鹿の革で、天然の傷が多数あります。ただ、その傷こそが、自然が創り出したアートです。自然を生き抜いて来た傷をそのままにシンプルに加工。多くの方にその個性を評価頂いています。

エルク革で楽しんで頂きたいのは、吸いつくように柔らかい質感。手に取った瞬間、多くの方々に感動頂いています。男性が愛用するイメージが多いかもしれませんが、最近は女性にも人気があるんですよ。

私たちの活力は、手にされる方の満足感です。これからも一人でも多くの方に『革』の素晴らしさを感じて頂けるよう、良いモノを作り続けていきたいと思います。是非お手にとり、末永くご愛用頂ければこんなに嬉しいことはありません。

カブトムシが昔から大好きという白潟氏。カブトムシの美しい光沢や質感が人気の革製品を生み出すヒントにもなるという

傷の多さから革業界で敬遠されてきた素材もパーリィーの手にかかれば素敵な革製品に。

工房には大自然で生息した立派な鹿の角が!

Elk leather

今、エルク革が熱い!
多くのファンを虜にする感動の手触り

ずっと触っていたくなる
エルク革の魅力に女性ファンも急増中!

エルク革は、本来、北米や北ユーラシア大陸に生息する「大鹿」の革。パーリィーのエルク革は、希少な本物のエルク革が使われており、多くのユーザーに支持される理由になっている。

希少なエルク革は、すべて野生で9〜12月に狩猟されたもの。そんな素材にもかかわらず、現地では食用として狩猟されているという。

エルク革の特徴はなんといってもその手触り。ふんわりとした、まるでカシミアのような手触りは、思わず声が出てしまうことだろう。

エルク革には前述のとおり、天然の傷でひとつとして同じ物がない。

北欧で育ったエルクを想像しながら、自分だけのアートとして、楽しむことができるのも魅力の一つ。エルク革の魅力を是非感じてほしい。

エルク革がひも状になったもの。牛革では引っ張ると切れてしまうがエルク革は切れることはない。

パーリィーは加工の難しいエルク革を扱う数少ない革工房だ。

Product  Info

パーリィー商品ラインアップ

使い込むほど魅力が増す
パーリィーの革製品をご紹介します。

ふわっとやさしく包み込む フィンランドエルクレザー

パーリィーの技術をつぎ込んだ魅惑の一品 パーリィークラシック

経年変化したようなヴィンテージ感 パンヘッド

Shop Info

店舗紹介

社名 革工房パーリィー/株式会社パーリィー
創業(設立) 昭和60年10月(昭和63年12月1日)
代表者 白潟 篤
事業内容 オリジナルの革製品の企画・製作、卸、及び販売
商品販売先 パーリィー京都店
パーリィー軽井沢店
パーリィー専門店 湯布院店
ロフト 横浜店、池袋店その他各店
マルシェブラン
カシュカシュ
マルメロ
イルズ各店
グランマルシェ 支笏湖店、定山渓店
東急ハンズ各店
公式サイト http://parley.co.jp/
工房直販サイト http://shop-parley.com/