TOP

「仕事時間がコリの治療時間に」高周波治療器コリコラン

「仕事時間がコリの治療時間に」高周波治療器コリコラン

「仕事時間がコリの治療時間に」高周波治療器コリコラン

2017.11.06

PR:日経ウーマンオンライン

厚生労働省の調べによると、自覚症状のある女性の体の悩みの1位は“肩コリ”、2位に“腰痛”。肩と腰のコリや不調を以前から感じている人も多く、「マッサージ以外にこれだ!という対策がない」と嘆く人も少なくないはず。そこで注目したいのがパナソニックの「高周波治療器 コリコラン」。業界唯一(※1)の家庭用高周波治療器であるその実力をご紹介!

現代の女性の体の悩みとして多いのは肩コリと腰痛で、自覚している人が多いのが現状です。寒くなるこれからの季節はコリや痛みを訴える人が増える傾向に。

女性を意識して開発した新しい高周波治療器

多くの女性たちを悩ませる肩のコリや腰の痛み。原因として考えられるのは生活環境の変化で、パソコンやスマートフォンの画面に集中するあまり、同じ姿勢で過ごす時間が長くなっているから。そうすることで筋肉が硬くなってしまい、血管を収縮させる力が弱くなり、血行が悪くなってしまう。それがコリや痛みの原因に……。

「首が細く、筋肉量の少ない女性は、肩や腰がコリやすい環境に置かれているともいえます。かといって、仕事が忙しいとマッサージに行く時間は後まわしになり、コリがなかなか改善されないこともあるようです」

こう話すのはパナソニック ビューティ・ヘルスケア商品課の山下恵さん。では効果的に肩や腰のコリを改善するにはどうしたらいいの? 山下さんがキーワードとしてあげたのはズバリ「高周波」。「高周波を患部に照射すると血管に直接作用するため、効率よく血行を促進し、肩や腰のコリ改善を実現できます。弊社は30年近く前から高周波に注目し、今回、新たな治療器として提案しました」

それが「高周波治療器 コリコラン」(以下「コリコラン」)。本体は直径約3センチという軽量コンパクトで、熱も刺激感もなく長時間の高周波治療ができるようになっています。開発にあたっては女性ユーザーを強く意識していて、低周波の刺激が苦手という人でも違和感なく使えるとか。

「血管に直接作用するので、コリへのアプローチが早く、長時間装着することでコリを忘れることもできます。1回の充電で約24時間使用(※3)できるので、朝の通勤から夜の帰宅まで、ずっと装着しても違和感がないように、つけ心地にもこだわりました。弊社の社員には、『服を着替えるまでつけていることを忘れていた』という人もたくさんいました(笑)」

もちろん、デザインにもこだわって開発。治療器と聞くと“おじさんっぽい”というイメージもありますが、「コリコラン」はダイヤモンドカットで高級感のあるデザイン。ファッションやコリの部位に合わせて、選べる装着スタイルを提案しているところもうれしいポイントです。

山下さんが「オフィスでも自宅でも違和感なく使えて、しっかりコリを改善する治療器を目指しました」と語る「コリコラン」。肩や腰のコリに悩んでいるならぜひお試しを。

Q1.「高周波」と「低周波」はどう違うの?

A.血管か筋肉か。コリ(※2)ヘアプローチする仕組みが違います!

低周波(3~1200Hz付近)は微弱な電流で固まった筋肉をほぐし、収縮させることで血行を促進。コリや痛みを改善します。高周波(9MHz付近)は、電磁エネルギーを患部に直接照射することで、血管拡張・血行を促し、肩・腰コリを改善するもの。高周波治療器の方が血管に直接作用するので、アプローチが早いのです。

※1:2017年7月24日時点 家庭用医療機器として
※2:肩・腰の部位
※3:常温20℃の場合。9時間充電した場合、約48時間使用可能。

高周波治療器って簡単に使えるの?