“明日”をつむぐテクノロジー

IoT活用のNext Stageを実現 デジタル化時代のビジネスに“いのちを吹き込むIoT”東芝の<SPINEX>

あらゆるモノがネットワークにつながるIoTやビッグデータの活用は既に当たり前になりつつある。こうした中、お客様のビジネスに “いのちを吹き込むIoT”として、東芝が長年培ってきた技術とノウハウを結集して新たに展開を開始したのが<SPINEX>だ。東芝が得意とする「エッジコンピューティング」、「デジタルツイン構築」、「メディアインテリジェンス技術」の3つの特長を持ち、人の意志や思いをもIoTでつなぐ新たなサービスが展開されていく。
中村 公弘 氏 株式会社 東芝 インダストリアルICTソリューション社 IoT技師長

あらゆるモノをネットワークにつなぎ、モノから情報を集め、ディープラーニング(深層学習)技術なども活用しながら分析し、新たな知見や最適解を得て、効率的な企業活動や豊かな暮らしへとつなげていく。

こうしたIoT(モノのインターネット)が実現する未来像はこれまでたびたび描かれてきた。

また、IoTの応用は、エネルギー、交通、鉄道、物流、上下水道、製造現場、防災、構造物の老朽化、さらには医療や介護など、社会が抱えるさまざまな課題の解決にも有効として期待も高まっている。

しかしながら、さまざまな機器がつながり、膨大なデータが集まるIoTの世界。多くの日本の企業では、本格的な導入の手前で「石橋をたたいて渡る」姿が散見され、IoTが描く未来像の実現にはまだまだ課題も多いのが現状だ。

「こうした課題を解決すべく、新たな展開を開始したのが東芝の新IoTブランドである<SPINEX>です。目指すのは、さまざまな機器が連携し、現場の状況に合わせて自律的に動くIoTです。まるで脊椎“spine”のように、企業の活動の背骨となり、あらゆる機器やビジネス現場の隅々にまで新たな命を吹き込み、企業や社会の活動を支えていきたい、このような思いを込めています」と、東芝でIoTのエバンジェリスト(伝道師)役を務める中村公弘氏は説明する。

エッジコンピューティングに注力
「エッジ・リッチ」なIoTシステムの実現へ

SPINEX>を最も特徴づけるのは東芝ならではの「エッジコンピューティング」だ。エッジ(現場)とクラウドの協調処理を実現し、起こり得るさまざまな事象や環境変化に即応するための技術だ。

収集したすべてのデータをクラウドに送信するのではなく、現場ではさまざまなデバイスとの接続、データ収集、リアルタイムでの異常兆候検知などを行い、クラウド側では膨大なデータの分析やディープラーニングなど高度な処理に集中する。高度な協調分散処理を実現しようという狙いだ。

「当社は、マルチベンダーのコンピュータや機器をつないできた長年の経験を持ち、現場の機器に半導体や組み込みソフトウェアなどをつなぐ技術など、さまざまな『つなぐ』を得意としています。多種多様な機器がつながるIoTでは、『つなぐ』技術は非常に重要です。ネットワークのトラフィックや遅延も抑えながら、現場での自律処理を行う『エッジ・リッチ』なIoTシステムの実現を目指していきます」(中村氏)

東芝は、フォグコンピューティングを提唱する「OpenFog Consortium」に日本企業として初めて加盟するなど、グローバルなエッジコンピューティングの普及活動にも積極的である。

さまざまな「現場」での経験から
不測の事態に備えるシミュレーション技術

SPINEX>のもう一つの強みは「現場」を知っていることだと中村氏は述べる。「東芝は、例えばエレベータの遠隔監視や上下水道の制御など、実際の現場を数多く担当してきた経験を持っています。その経験を生かしたシステムが提供できることは、IoTの構築や運用においてとても重要な意味を持ちます。現場で発生するデータを的確に可視化・分析し、アクションにつなげることで、刻々と変化する現場の状況に的確に適応できるようになるのです。GEは「デジタルツイン(物理世界の出来事をデジタル上にリアルタイムに再現すること)が重要だ」と言っていますが、東芝はこのデジタルツインを実現できる数少ない国内企業だと自負しています」。

さらに最近話題のAI(人工知能)の活用にも積極的だ。東芝が長年培った画像認識や音声認識などのメディアインテリジェンス技術を集大成したクラウドAIサービス「RECAIUS(リカイアス)」を既に提供しており、これを組み合わせて、人にとって使いやすい、人とモノが協働するIoTの提案を行っている。

2016年9月にオープンした広島トヨペットのショールーム「CLiP」
[図版のクリックで拡大表示]

生産性と品質の向上を実現
着々と積み上がるIoTの成功事例

東芝のIoT技術は既にさまざまな実システムで使われている。

工業用の水処理設備を手掛ける栗田工業(本社・東京都中野区)は、東芝のIoT技術を使って設備の遠隔監視サービス「S.sensing®」を刷新。収集データの自動解析の強化、グローバルな通信基盤の導入、分かりやすいユーザーエクスペリエンスデザイン(UXD)の採用などがポイントである。

東芝自身もIoTの活用に積極的だ。フラッシュメモリを製造する四日市工場(三重県四日市市)では、半導体製造装置や搬送装置から1日20億件ものデータを収集して分析し、歩留まり向上と生産性向上を実現している。不良原因の解析にディープラーニングも適用している。

「IoTは幅広い技術要素を必要とするため、1社だけで垂直統合を目指すのではなく、パートナーとエコシステムを構築して顧客に最善の提案をすることが重要です。当社は、GEをはじめシスコシステムズ、インテル、マイクロソフトなどそれぞれの領域で強みを持つ各社とのグローバルなパートナーシップのもと、お客様に最適なソリューションの提供に努めています」(中村氏)

東芝のIoTは、これまでの実績ある技術と経験を掛け合わせ、新たに<SPINEX>として、これからもお客様や社会を隅々まで支え、新たな価値の創出に貢献をしていくだろう。

お問い合わせ

  • 株式会社 東芝 インダストリアルICTソリューション社

    〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72-34(ラゾーナ川崎東芝ビル)
    経営企画部 広報担当  TEL. 044-331-1100
    https://www.toshiba.co.jp/iot/