“明日”をつむぐテクノロジー special

Case Study | 月桂冠 倉庫管理に東芝の「LADOCSuite」を採用3000パレット/日の出荷作業の効率化を実現

※記事中の情報につきましては、すべて取材時点のものとなります。

導入の背景
清酒造りで370年を超える歴史を持つ月桂冠

写真左から、1928年発売の「ブラウン(褐色)一升瓶」、現在発売中の「鳳麟」「糖質ゼロ」

酒造りが盛んな京都の伏見に「大手蔵」と「昭和蔵」という2つの清酒工場を構える月桂冠は日本を代表する酒造メーカーの1社である。初代の大倉治右衛門が伏見で酒屋を開業した寛永14年(1637年)の創業から数えて370年を超える歴史を持っており、まさに老舗中の老舗といえるだろう。「健をめざし、酒(しゅ)を科学して、快を創る」というコーポレートブランドコンセプトを規範として事業を進めている。

同社は老舗でありながら新技術の導入にも積極的で、例えば1960年代には冬季だけではなく一年を通して安定的な日本酒造りを実現した「四季醸造」技術を確立し、生産の拡大を実現した。また、1990年にはアメリカ(カリフォルニア州)に設立した米国月桂冠株式会社でも酒造りを開始し、現在は輸出も含め世界70カ国に商品を展開している。

福井 徹也 氏 月桂冠 株式会社 物流部 物流課 課長

さらに、高品質な日本酒はもちろん、新商品の開発にも取り組んでおり、日本酒の糖質をゼロに抑えた「糖質ゼロ」および「糖質ゼロ冷酒」やスパークリング日本酒仕立て「うたかた」、ノンアルコールの日本酒テイスト飲料「月桂冠NEWフリー」などをラインアップに加え、消費者の多様なニーズにも応えている。

一方、IT投資の面では従来のメインフレームからオープンアーキテクチャへの切り替えを実施し、特に2010年には基幹系を一気に刷新するいわゆる「ビッグバン導入」を敢行している。

比較的早期からIT化を進めてきた同社だったが、大手蔵に併設された物流倉庫の管理だけはさまざまな事情から人手に頼っていたと、同社物流部の福井徹也氏は振り返る。「大手蔵で生産された商品を全国の酒問屋に発送するに当たって、ピッキングや在庫管理などを人手で行っていたため誤出荷などの作業ミスがあり、棚卸しにも時間を要していました」。

そこで、パッケージベースの倉庫管理システム(WMS:Warehouse Management System)を2003年に導入しいったんは効率化を実現したが、同社特有の業務処理に対応するためにカスタマイズが膨らんでしまい、その結果としてシステムの更新費用や保守費用が高額になるなど別の課題が生じていた。「旧システムは保守期間が2016年に満了することもあって、社内の業務フローを変えてでも、カスタマイズに頼らないパッケージベースへの刷新を行う必要があると考えていました」(福井氏)。

導入の経緯
東芝の「LADOCSuite」を新WMSに選定

代替となるソリューションを検討していた2013年秋に、ロジスティクスを専門とする展示会で東芝のWMS「LADOCSuite」(ラドック・スイート)の存在を知り、最終的には東芝を含む10社のソリューションを対象に選考を行った。なお、RFP(要求仕様書)としては、 (1) パッケージベースであること、(2) 最小限のカスタマイズが可能なこと、(3) 倉庫の効率的な運用が見込めること、(4) 同社の商品数(SKUで1200種以上)や出荷形態(パレット/ケース/バラ)に対応できること、などの項目が提示された。

一次選考で3社に絞り込んだのち、二次選考を経て最終的に選定されたのが東芝の「LADOCSuite」だった。「WMSとしての完成度が高いことはもちろんとして、他社のソリューションにはないトラックの配車機能を備えていることを評価しました。また、当社が将来的にやりたいことが盛り込まれていたほか、分野こそ違え当社と同様にモノづくりに取り組んでいて、提案に熱意を感じました」と福井氏は選定の理由を説明する。

  • 1
  • 2
  • 3
  • Next
pagetop

お問い合わせ

  • 株式会社 東芝 インダストリアルICTソリューション社

    〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72-34(ラゾーナ川崎東芝ビル)
    経営企画部 広報担当  TEL. 044-331-1100