難病に乳がんを併発し、大学教員、小規模事務所など2度の転職を経験 2013年春に、関節痛、発疹、発熱、陰部潰瘍、下痢が出現。ベーチェット病が疑われるが診断に至らず。同年秋に症状が悪化し、以後、症状に応じてステロイド内服の開始→減薬→休止を繰り返す。2014年2月に職場の健康診断で乳がんが見つかる。4月に乳房全摘出術を受け、5月にタモキシフェンによるホルモン療法を開始したが10月に肝機能障害・更年期症状等の副作用により中止。以後、半年に1度の定期検査を継続中。・・・

最新情報

事例紹介

2016年度、「がんと共に働く 知る・伝える・動きだす」では、がんと共に働く事例をご紹介してまいります。

  • 難病に乳がんを併発し、大学教員、小規模事務所など2度の転職を経験 2013年春に、関節痛、発疹、発熱、陰部潰瘍、下痢が出現。ベーチェット病が疑われるが診断に至らず。同年秋に症状が悪化し、以後、症状に応じてステロイド内服の開始→減薬→休止を繰り返す。2014年2月に職場の健康診断で乳がんが見つかる。4月に乳房全摘出術を受け、5月にタモキシフェンによる・・・
  • 企業レポート2 企業レポート2 二九精密機械工業の取り組み 京都に本社を置く二九精密機械工業(ふたくせいみつきかいこうぎょう。以後、二九精密)は1917年に創業し、今年100周年を迎える老舗企業。開業当初の仏具製造業から機械加工を行うようになり、現在は金属加工を中心とした精密機械部品加工やβチタンパイプの製造を行っている。血液分析計の注射針や内視鏡のパーツなど、約60%がメディカル関係の製品だ。
  • 事例6 肺腺がんの治療の傍ら、広告会社営業部長の業務を継続 2015年8月末に職場の健康診断で肺に影が見つかり、10月に肺腺がんステージIIIBと診断される。右下葉に2.3センチの原発巣があり、縦隔、両鎖骨上リンパ節に転移、右腸骨に転移の疑いあり。手術や放射線治療はできないため、11月上旬より通院にて分子標的薬アファチニブ(商品名ジオトリフ)の服用を開始。副作用が強く出たため、当初の1日40mgを2016年6月ごろより30mg、・・・
  • 事例5 小児がんの後遺症を抱えながら就職し、上司、産業医のサポートにより業務を継続
1988年、2歳のときにウィルムス腫瘍(腎芽腫)と診断される。抗がん剤治療と放射線治療の合併症のため慢性腎不全となり、腹膜透析、人工透析を経験。1991年に5歳で父親から提供され生体腎臓移植。寛解し、通院と服薬を継続しながら通学、就職。2014年に27歳で慢性腎不全を再発。人工透析を経て、・・
  • 事例4 大腸がんを治療の傍ら、勤務を継続  2011年4月に上行結腸がんが発見されて手術を受けた後、約半年、12クールの抗がん剤治療を実施。2014年11月に腹膜播種で再発。手術後、約半年、12クール抗がん剤治療を実施。2015年9月に右外腸骨リンパ節に再発、手術。2016年2月に右鼠径部リンパ節転移により、手術。同年5月に傍大動脈リンパ節に再発。
  • 事例3 悪性リンパ腫を治療の傍ら、自営業を継続 2008年2月、びまん性大細胞型B細胞性非ホジキンリンパ腫(肺原発、ステージIVb)と診断される。約4カ月間のR-CHOP療法を受けた後は経過観察となり、2013年に完全寛解。2014年秋に脳転移のため入院し、2週間間隔でメトトレキサート・ロイコボリン救援療法を6回受けて退院。
  • GISTを治療の傍ら、個人事業所にて勤務を継続 2012年6月に外陰部腫瘍の摘出手術を受け、病理検査でGIST※と診断される。3カ月後に断端部位を除去するために再手術。経過観察中の2014年8月に局所再発。2015年1月に摘出手術を受ける。同年4月に分子標的薬の服用を巡ってセカンドオピニオンを求めるうちに、遠隔転移(腹膜播種、胃と副腎の間の腫瘤など)が・・・
  • 事例1 直腸がんを治療後、がん相談支援センターの就職相談を利用して転職 2012年に直腸S状結腸部がん(ステージIIIa)の告知を受け、11月に腹腔鏡下手術により摘出。半年間(6クール)の術後補助化学療法を受ける。その後、再発は認められず、現在は経過観察中。フリーランスのときは、仕事先との長年の人間関係があったため、病気のことを正直に話して理解を得た。長期療養者等就労支援モデル事業(当時)によるがん相談支援センターの・・・
  • 企業レポート1 生活協同組合コープみらいの取り組み
生活協同組合コープみらいは、2013年にちばコープ、さいたまコープ、コープとうきょうの3つが合併してできた。宅配、店舗等を中心に事業を行い、事業高3800億円、組合員数325万人。正規職員3000人、パート・アルバイト職員10500人が働いている。理念は「CO・OP ともに はぐくむ くらしと未来」、ビジョン2025(2025年の目指す姿)として・・・

セミナーレポート

「がんと共に働く 知る・伝える・動きだす」が開催した意見交換会の模様をレ ポートします。

  • 第1回意見交換会(大企業編)を開催 2016年10月26日に「がんと共に働く 知る・伝える・動きだす」2016年度第1回意見交換会(大企業編)が、東京築地の国立がん研究センターにて開催されました。
  • 第1回意見交換会(大企業編)を開催 2016年10月26日に「がんと共に働く 知る・伝える・動きだす」2016年度第1回意見交換会(大企業編)が、東京築地の国立がん研究センターにて開催されました。

セミナーレポート

2016年6月に「ヒューマンキャピタル2016」の併設セミナーとして開催された「ヒューマンキャピタル2016・セミナー 『がんと就労』企業でできるがん対策 ~コープみらいのきめ細かい復職支援制度から学ぶ~」の模様をご報告します。

  • 『がんと就労』企業でできるがん対策 ~コープみらいのきめ細かい復職支援制度から学ぶ~ 2016年6月に東京国際フォーラムにて、企業の人事・組織戦略・人材関連サービスのための専門イベント「ヒューマンキャピタル2016」が開催されました。その中で、6月10日に実施されたセミナー・・・

インタビュー

がんと共に働く、をテーマにしたインタビュー記事を掲載しています。

  • 想像以上に厳しい状況でも、働けると実感 「がんと共に働く」プロジェクトがスタートして、3年目を迎えました。プロジェクトの中心メンバーのひとりとして当初から関わってきた、国立がん研究センターがん対策情報センターがんサバイバーシップ支援部長の高橋都氏に、プロジェクトを通してわかったこと、がんと就労の最近の状況、これからの課題などをうかがいました。

2015年度の取り組み

コンテンツガイド

サポート会員募集
事例募集
ご意見募集
お役立ちツール
お役立ちリンク
ご意見・お問い合わせ
がんと就労白書 2014-2015 ダウンロード
がんと就労白書 2014-2015 ダウンロード
事例募集
事例募集
サポート会員の 皆様からのご意見はこちら
サポート会員の 皆様からのご意見はこちら

意見交換会レポート

第2回意見交換会

第1回意見交換会

セミナーレポート

ヒューマンキャピタル2016・セミナー

「がんと共に働く 知る・伝える・動きだす」では、趣旨にご賛同頂いた企業様のご協賛を募集しております。
内容につきましてはこちらまでお問い合わせください。