ITpro SPECIAL

panasonic

モバイルビジネス最強化計画

レッツノート/タフパッドで企業力UP !最新モバイル活用シーン・事例を完全網羅!

モバイルビジネス最強化計画

特集2016年10月20日公開

国際物流総合展レポート

幅広い物流ソリューションに活用される 頑丈タブレット「タフパッド」タフ

2016年9月13日から16日に東京ビッグサイトで開催されたアジア最大の物流・ロジスティクスの総合展示会「国際物流総合展」。今、物流業界においては、在庫の適正化や倉庫・配送業務の支援により、生産性向上や物流コスト削減を実現するICT活用が進んでいる。そうした最新ソリューションが一堂に集まる中、存在感を発揮していたのが、パナソニックの頑丈タブレット「タフパッド」だ。各社が提供するソリューションの中で、どのようにタフパッドが活用され、どのような効果を生み出していくのかをレポートする。

基幹システムであるSAPとの連携でワークスタイル革新を加速

クレスコ・イー・ソリューション株式会社様
タフパッドとSAP ERPをリアルタイム連携させ、常に最新の在庫データを把握

 クレスコ・イー・ソリューションが展示していたのは、タフパッドとSAP ERPをリアルタイムに連携させる倉庫管理ソリューション「Mobick WM」だ。

 「Mobick WM」を用いれば、タフパッド内蔵のバーコードリーダーで読み取ったデータをリアルタイムにSAP ERPに連携できる。また、システム上の在庫と実在庫の差異の原因究明もただちに行えるため、棚卸し業務の大幅な時間短縮と精度アップも可能。すでに導入している企業では、従来3日かかっていた棚卸し業務が2日に短縮された例もあるという。

タフパッドとSAP ERPを連携させる倉庫管理ソリューションを提案しているクレスコ・イー・ソリューション株式会社様。
タフパッドとSAP ERPを連携させる倉庫管理ソリューションを提案しているクレスコ・イー・ソリューション株式会社様。
同社のソリューションを導入したある企業では、SAP ERP連携だけでなく、Salesforceなどの顧客管理システムや、各種SNSの利用など、企業のワークスタイル変革全体にタフパッドをフル活用している。
同社のソリューションを導入したある企業では、SAP ERP連携だけでなく、Salesforceなどの顧客管理システムや、各種SNSの利用など、企業のワークスタイル変革全体にタフパッドをフル活用している。

 端末にタフパッドを選択した理由として、同社の担当者は「タフパッドなら、スマホ同様の使い勝手なので現場への導入も容易です。さらに、スマホと同様に、デジタルカメラ機能を持ち、メールやSNSも使えます。通話もできます。SAP ERP導入企業のさらなる業務革新に貢献できるモバイル端末がタフパッドなのです」と強調。また、バーコードリーダーのみならず、通信・通話やカメラなど複数の機能を内蔵しており、2台持ちをしなくて済むことも評価。今後はタフパッドとSAP ERPのリアルタイム連携を、倉庫管理以外のソリューションに活かしていく予定だという。

「タフパッドFZ-X1」から直接SAP ERPに棚卸データなどを入力できるため、業務の効率化に大きく貢献。
「タフパッドFZ-X1」から直接SAP ERPに棚卸データなどを入力できるため、業務の効率化に大きく貢献。

クレスコ・イー・ソリューション株式会社様「SAP ERP向けモバイルソリューション」の詳細はこちら


株式会社コムアソート様
工場や倉庫など過酷な環境でもタフパッドなら安心

 コムアソートは、大阪を拠点に35年の歴史を持つシステムベンダー。車両の整備内容の記録や伝票発行などに用いる車両整備ソフトが主力だが、それ以外に、携帯電話、スマホを利用する配送進捗管理システム、カーナビとクラウドを組み合わせた運行管理システム、倉庫での出入庫・在庫管理システム、工場での工程管理システムなど物流に関係するシステム開発も幅広く手掛けている。

株式会社コムアソート様では、様々な物流関連システムの端末にタフパッドを組み合わせた提案を行っている。
株式会社コムアソート様では、様々な物流関連システムの端末にタフパッドを組み合わせた提案を行っている。

 同社はそれら自社開発ソリューションに、タフパッドを組み合わせて展示していた。その狙いについて担当者は「当社のシステムは、工場や倉庫など苛酷な現場に導入されることが多い。だからこそ現場で使われる端末も耐久性が高いことが望ましいと考え、タフパッドと組み合わせてご提案しています」と語る。

 例えば5型の「FZ-E1」なら、ハンディターミナルとしての活用を想定。自動車整備工場はホコリが舞っている環境が多いが、強力な防塵機能を備えたタフパッドであれば安心して利用できる。また、整備カルテは写真を撮って記録を残さなくてはならないが、タフパッドのカメラ機能で、カルテの画面を見ながら写真が撮れ、ハンディターミナルと別にデジタルカメラを携行する必要がなくなる。

 10.1型の「FZ-G1」は、工場の工程管理や在庫管理に用いるタブレット端末として提案できる。例えば「ベルトコンベアの横に端末を設置したい」といった要望にも、衝撃や振動に強いタフパッドは最適。食品工場など手袋をして作業する現場でも、手袋をはめたままで操作可能だ。

工程管理や在庫管理に用いるタブレット端末として10.1型の「FZ-G1」の活用を提案。
工程管理や在庫管理に用いるタブレット端末として10.1型の「FZ-G1」の活用を提案。

 「タフパッドは確かに一般的なタブレットに比べて高価ですが、壊れて頻繁に買い換える、あるいは壊れないように保護対策をすることを考えた場合、タフパッド導入以上のコストがかかる可能性もあります。そのあたりも踏まえつつ、お客様に提案しています」と担当者は語った。

5型の「FZ-E1」(手前)は過酷な現場でのハンディターミナルとして、20型の「タフパッド 4K」(奥)は、工場などでの作業進捗表示での活用を提案。
5型の「FZ-E1」(手前)は過酷な現場でのハンディターミナルとして、20型の「タフパッド 4K」(奥)は、工場などでの作業進捗表示での活用を提案。

株式会社コムアソート様


仕分け業務の効率化とミス撲滅に貢献するソリューションも

株式会社タクテック様
タフパッドでピッキングを指示

 タクテックでは、タフパッドを用いたマルチオーダーピッキング対応型ピッキングカート「G-CART」のデモンストレーションを行い、注目を集めていた。

 「G-CART」は、同社が開発したゲート式仕分けシステム「GAS(ゲート アソート システム)をピッキングカートに展開したものだ。通常の仕分けシステムでは、デジタル表示器などで仕分け指示を行っても、どうしても上下左右の棚への入れ間違いが発生する。その点、「GAS」では、物理的に空いたゲートにしか投入できないようにすることで、入れ間違いを防止し、熟練作業者でなくても高い精度での仕分け作業を可能にするのだ。

管理端末に「タフパッドFZ-M1」を搭載したタクテック様のゲート式仕分けシステム「G-CART」。
管理端末に「タフパッドFZ-M1」を搭載したタクテック様のゲート式仕分けシステム「G-CART」。

 「G-CART」では、カートに載せられた仕分け箱それぞれにゲートを設置。ピッキングを開始すると、カートに設置されたタフパッドの画面に、「この部品をいくつ取りなさい」という指示が表示される。棚から部品を取り、バーコードリーダーでスキャンすると、部品を投入すべきゲートが開く、といった具合だ。「G-CART」の表示および操作デバイスにタフパッドを利用するメリットについて担当者は、「カートは作業場を動き回るものなので、頑丈で振動に強いことは大きな魅力。タブレットが故障して使えなくなるとピッキング業務がストップしてしまうだけに、業務継続を重視するお客様にはタフパッドをお薦めしています」と語っていた。

カートに搭載したタフパッドに次のピッキングの指示が表示される。
カートに搭載したタフパッドに次のピッキングの指示が表示される。
ピッキングした部品をスキャンすると、仕分け箱のゲートが開く。移動するカートは振動も受けるため、業務継続を重視するお客様には頑丈なタフパッドを薦めているという。
ピッキングした部品をスキャンすると、仕分け箱のゲートが開く。移動するカートは振動も受けるため、業務継続を重視するお客様には頑丈なタフパッドを薦めているという。

株式会社タクテック様


株式会社シーネット様
音声認識システムの音声端末にタフパッドを活用

 シーネットでは自社開発の音声種まき仕分けシステム「VAS(Voice Assort System)」を出展。「種まき仕分け」とは、商品をいったんアイテムごとにピッキングしておき、荷捌き場に持って行ってから出荷先別に分ける仕分け方法だ。通常、作業者はDASなどの固定設備によって決まったエリアで仕分けを行うが、「VAS」の場合、音声認識システムによって自由な現場レイアウトのもと作業が可能となる。また、音声ガイダンスに従い両手を使った作業や、数量や数値、日付などの音声入力、常に作業対象を目線に入れた作業などが合わせて可能となる。このためハンズフリー・アイズフリーによる作業の効率化と音声確認による作業ミスの防止を実現できる。

作業者は手にバーコードリーダー、腰に音声端末を装着。音声端末からのガイダンスをヘッドセットで聴きながら作業を進める。
作業者は手にグローブ型のスキャナー、腰に音声端末を装着。音声端末からのガイダンスをヘッドセットで聴きながら作業を進める。

 音声端末は様々な機種から選べるが、その1つとして用意されているのがタフパッドだ。担当者は「タフパッドは、他の端末に比べて圧倒的に頑丈・堅牢なので、特に屋外での作業が多いお客様にはお薦めすることが多いですね。OSにAndroidが選べるところも特長であるかと思います」と語っていた。

作業に用いる端末の中でも、特に屋外での作業が多いお客様にはタフパッドを薦めているという。
作業に用いる端末の中でも、特に屋外や工場など堅牢性を求められる現場での作業が多いお客様にはタフパッドを薦めているという。

株式会社シーネット様


※記事は執筆時の情報に基づいており、現状と異なる場合があります

タフパッドであなたのビジネスを加速する!

© 2017 Nikkei Business Publications,inc. All Rights Reserved