ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

クラウドファースト時代のイノベーションの起こし方 企業変革を実現するクラウド利用の勘所

ソリューション:関電システムソリューションズ

データセンター [ソリューション:関電システムソリューションズ]

~CIERTO/Hybrid Cloud with Microsoft Azure~
Microsoft Azureと自社サービスをハイブリッド化
コスト削減と柔軟なシステム資源管理、冗長化を実現

関電システムソリューションズのCIERTO/Hybrid Cloud with Microsoft Azureは、データセンターサービスとMicrosoft Azureを組み合わせた最新のハイブリッドクラウドサービスだ。最大の特長は、同社提供または利用者側のプライベートクラウドとの組み合わせができること。その結果、「コスト削減」「柔軟なシステム資源管理」「地理的冗長化」などのメリットが得られる。セキュアで高速な専用線接続のMicrosoft Azure ExpressRouteも選択可能だ。

PDFダウンロード

 関電システムソリューションズ(以下、KS Solutions)は、関西電力グループの一員として、コンサルティング、システム開発、ITインフラ構築、データセンターの4事業を展開するIT企業である。

 2015年7月には、自社のデータセンターサービスとMicrosoft Azureを組み合わせた「CIERTO/Hybrid Cloud with Microsoft Azure」の提供を開始。最新の顧客ニーズに応えるとともに、首都圏を含む国内全域への事業展開にも乗り出した。

 KS SolutionsがMicrosoft Azureを商材として意識するようになったのは、関西電力がWebシステムの基盤にMicrosoft Azureを採用したことがきっかけだった。そのシステムの構築と運用管理を通して、KS SolutionsはMicrosoft Azureなら「低コスト」「国内に2カ所のデータセンター」「準拠法が国内法」「Red Hat Enterprise Linuxにも対応」などのメリットを顧客に提供できることを確認。ハイブリッドクラウド志向のMicrosoft Azureなら自社のデータセンター事業とうまく組み合わせられると判断したのである。

Azureサービスに加えてアセスメントから運用管理支援も提供

 ハイブリッドクラウドとして提供されるCIERTO/Hybrid Cloud with Microsoft Azureには、KS Solutionsのデータセンターサービス「KS Solutionsサービス」とMicrosoft Azureサービスの両方のメニューが含まれている。

 Microsoft Azureサービスの側は、仮想マシン、ストレージ、仮想ネットワークなどのすべてのITインフラが利用可能。KS SolutionsのデータセンターからMicrosoft AzureデータセンターにはVPN回線またはMicrosoft Azure ExpressRouteを使ったセキュアな専用線(2016年3月以降)で接続する仕組みだ。また、Web、モバイル、分析、IoT、データベース、統合、メディア、CDN、開発者サービスなどのプラットフォームもPaaSの形態で手軽に利用できる。

 一方、KS Solutionsサービスのほうでは、業務システムをMicrosoft Azureに移行したり、最初からMicrosoft Azure上で構築したりする際に欠かせない「アセスメント~導入支援~運用管理」といった一連のサービスが提供される。基本サービスでは導入支援と運用管理の基本的な部分をカバーする。導入前のアセスメント、システム設計などの導入支援、死活監視(Ping監視)を超える運用管理などはオプションサービスの扱いだ。

CIERTO/Hybrid Cloud with Microsoft Azureのサービス内容
CIERTO/Hybrid Cloud with Microsoft Azureのサービス内容
Microsoft AzureとKS Solutionsサービスの両方のメニューが利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 こうしたハイブリッドクラウドの最大の利点は、クラウドを適材適所で活用できることにある。例えば、トラフィック量の急激な変動が付き物であるキャンペーンWebサイトの場合は、フロント側のHTTPサーバーはMicrosoft Azureの仮想マシンでまかない、社内サーバーやハウジング/ホスティングサーバーにはバックエンドのデータベースサーバーを置くのがベスト。ITリソースの割り当て量を素早く調節することにより、キャンペーンを確実に実施できるようになるはずだ。

 また、災害時の事業継続性を確保するには、災害対策サイトのほうをMicrosoft Azure側に設置するのが得策だ。平常時は予備の仮想マシンを停止させておくことにより、運営費用を必要最小限に抑えることができる。

CSPを取得しOffice 365やDynamics CRM Onlineも提供

 自社サービスとMicrosoft Azureを組み合わせたハイブリッドクラウドが順調に始まったことを受けて、KS Solutionsはクラウドに関してマイクロソフトとの協業の枠組みをさらに拡張していこうとしている。

 その1つの方向性が、商材の拡充だ。前提となるマイクロソフト クラウド ソリューション プロバイダー(CSP)の認定は2016年春には取得できる見込み。そのうえで、2016年度にはMicrosoft Office 365とMicrosoft Dynamics CRM Onlineの販売も始めることにしている。

 ハイブリッドクラウドを導入して、既存の業務システムをそこに移行したり、新しい業務システムをクラウド上に構築したりする――。クラウドベースのコミュニケーションツールとCRMアプリケーションでワークスタイル変革を下支えする――。そのための確かなソリューションがKS Solutionsにはある。

PDFダウンロード
企業プロフィール
  • 関電システムソリューションズ株式会社

    ■本社所在地:大阪府大阪市北区梅田3丁目3番20号
    ■創 立:1967年4月1日
    ■資本金:9000万円(関西電力100%出資)
    ■代表者:代表取締役社長 山元康裕
    ■従業員数:1261名(2016年1月1日現在)
    ■URL:http://ks-sol.jp/
    ■TEL:06-7176-7710(代表)

ケーススタディ&ソリューション

ケーススタディ

関電システムソリューションズ

Azure採用の4つのポイントとは

ソリューション

関電システムソリューションズ

コスト削減と資源管理が可能なクラウドとは

ソリューション

クリエーションライン

クラウドでDevOpsを使うには

ソリューション

クララオンライン

中国でも安全にAzureを使いたい

ソリューション

さくらインターネット

Azureと連携したプライベートクラウド

ソリューション

ブロードバンドタワー

賢くAzureを使うための従量課金対策

ソリューション

ソフトバンク コマース&サービス

Azureの知りたい情報が満載

ソリューション

日本ビジネスシステムズ

クラウドの運用管理に困っていませんか

ソリューション

ハートビーツ

Azureのマネージドサービスを提供!

ソリューション

トレジャーデータ

ビッグデータ分析を手軽に導入したい!

ケーススタディ

シーイーシー

Azure上で提供される会計処理システム