ITpro Special ITpro EXPO 2015 review IoT Japan 2015
ITpro EXPO 2015 review トップ

IoT Japan:PTCジャパン

IoT(Internet of Things)の利用が広がるなか、PTCジャパンでは、機械などの稼働状況の「見える化」にとどまらず、収集した膨大な情報を人やアプリケーションと連携させ、業務の効率化といった新たなビジネス価値を生み出すIoTを提案。海外の事例やIoTシステムの開発基盤となる「ThingWorx」について解説した。

PTCジャパン株式会社 製品事業部 執行役員 成田 裕次氏
PTCジャパン株式会社
製品事業部
執行役員
成田 裕次氏

 PTCジャパンの成田裕次氏はIoTの活用事例の紹介からセミナーをスタートした。例えば、米国のあるメーカーの、水力発電機のタービンに使われるベアリングの磨耗状況を遠隔監視し、発電機の予防保全に活用している事例。また、ある航空機メーカーでは、作業員が部品を取り付ける製造過程を遠隔から監視。ほかにも生産ラインの稼働状況を監視し、業務の効率化を進めるメーカーもあるという。

 これまでIoTは、製品の遠隔診断や稼働状況の分析などに利用されるケースが少なくなかったが、近年は工場のオペレーションや作業者の動きの見える化、効率化に利用されるようにもなってきた。「業務の効率化など、IoTの適用範囲を広げていくためには、オペレーションの対象となるERPやCRMなどの業務アプリケーションを連携させたシステム開発が必要です。そうしたビジネス価値の高いIoTシステムの開発基盤となるのが当社のThingWorxです」と成田氏は説明する。

IoTアプリケーションの永久開発や永続拡張に対応する解を用意

 ThingWorxの特長は、IoTシステムに必要な機能を単一の開発基盤で提供できることだ。例えば、情報を収集するエージェントや、情報を保管するストレージ、情報の見える化やアプリケーションとの連携機能、外部システムと連携するアダプタなどを用意。従来のように手間のかかる開発や、様々なツールを組み合わせてシステムを構築する必要がない。

 次に、成田氏はIoTシステムが直面する課題として、様々なニーズに対応し続ける「アプリケーションの永久開発」と、増え続けるデータやデバイスに対応する「システムの永続拡張」を挙げる。アプリケーションの永久開発に対するソリューションとして、ノンプログラミングで開発効率を高められる「ThingWorx Mashup Builder」や、ビジネスプロセスの実装を支援する「ThingWorx Converge」について説明した。

 また、IoTシステムに接続されるプロダクトやアセットの増加に加え、保管されるデータが増えていく。さらに膨大な情報をビッグデータとして利活用するニーズも高くなっている。こうしたシステムの永続拡張に対し、ThingWorxは1台のサーバーとDBによるスモールスタートから、接続数の増加に合わせて段階的にシステムを拡張できるソリューションを用意する。

 セミナーでは、ビッグデータの利活用に向けた、同社の機械学習の取り組みについて解説。「IoTは様々な用途で広がっており、増え続けるデータを想定したIoTプラットフォームと開発基盤を選ぶことが重要になります」と成田氏は訴えた。

■PTCが提供する「ThingWorx」のプラットフォーム
PTCが提供する「ThingWorx」のプラットフォーム
機器と接続からデータ収集・分析までを一つのアプリケーションとして提供する
[画像のクリックで拡大表示]
お問い合わせ
  • PTCジャパン株式会社

    コンタクトセンター

    TEL:03-3346-3659

    URL:http://www.ptc.com/

    メールでのお問い合わせはこちら