ITpro Special ITpro EXPO 2015 review IoT Japan 2015
ITpro EXPO 2015 review トップ

IoT Japan:東芝

モノから人まで全てをつないで実現する「人を想うIoT」を推進する東芝。デバイスを含めたエッジソリューションからプラットフォーム、アプリケーションまで包括したソリューション・サービスを展開している。この事業戦略の柱となっているのが「エッジコンピューティング」と「メディアインテリジェンス」である。

株式会社 東芝  インダストリアルICTソリューション社 沖谷 宜保氏
株式会社 東芝
インダストリアルICTソリューション社
IoT&メディアインテリジェンス事業開発室 室長
沖谷 宜保氏

 コスト削減を目的としたM2Mから、ビジネスの価値向上や最適化に軸足を移して発展してきたIoTは、今後「モノ」に限らず「人」も相互につなぐIoE(Internet of Everything)に向けて進化していくと考えられている。東芝の沖谷宜保氏は、こうしたIoTのステージを踏まえつつ、次のように語る。「お客様との“共創”によって新しいビジネスモデルを具体化し、そのビジネス仮説を迅速に検証・リリースするためのプラットフォームを提供していくことが、東芝のIoT事業のコンセプトです」。

 東芝のIoT事業で重要なカギを握る技術が、現場のデバイスとクラウドを連携させるChip to Cloud(C2C)のベースとなる「エッジコンピューティング」である。

 多様なデバイスから収集した膨大なデータをそのままクラウドにアップロードしようとすると、通信回線がパンクし、処理遅延が発生してしまう。こうした課題を解決するのが東芝のエッジコンピューティングだ。「リアルタイム性の高いデータをエッジ(デバイス)側で処理することで、高パフォーマンスの確保、ネットワーク負荷の低減、全体コストの削減などを実現します」と沖谷氏は説明する。例えば集まるデータ全てをクラウドに送るのではなく、現場=エッジ側でデータ処理や異常検知を行い、正常時は定期的にデータを送信、異常時は即時に必要なデータのみを送信する、といった処理を自動で行えるようになる。

 今後、クラウド側で実行している分析や学習なども一部エッジ側で行えるようにすることで、処理能力のさらなる向上を図っていく計画だ。

人と人との理解を支援する新たなクラウドサービスを始動

 東芝が推進するIoT事業のもう一つの柱が、「メディアインテリジェンス」と呼ばれる技術である。音声や映像などのメディアデータに対して、「人の意図や状況を理解する」「人に分かりやすく伝える」機能を付加するものだ。

 「ICTで『見る』『聴く』『話す』を補完・サポートし、人と人との理解を支援する『RECAIUS(リカイアス)』というクラウドサービスを始動させました」(沖谷氏)。例えば来店客の年齢や性別を画像認識によって識別し、20歳代の女性であれば「この秋に人気のチェスターコートをぜひお試しください」といったおすすめ情報を合成音声で知らせることを可能にした。

 東芝は、アセット、オペレーション、サプライチェーン、マーケティングの観点からそれぞれの最適化をユーザーと共創し、「モノ×ICT×人」による新たな価値を生み出していこうとしている。

■東芝IoTのコンセプト
東芝IoTのコンセプト
ユーザーとの共創でIoTの新しいビジネスモデルを実現していく
[画像のクリックで拡大表示]
お問い合わせ