新世代ビジネスインクジェットを実現した世界をリードするHPの先進テクノロジー

新世代ビジネスインクジェットを実現した
世界をリードするHPの先進テクノロジー

  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Clip to Evernote

HPがビジネスプリンターの世界を大きく変える「HP Officejet Pro X」シリーズを実現できた背景には,これまで同社が培ってきたプリンティング技術の蓄積がある。常に世界をリードしてきた同社のプリンティング技術と,日常生活に深く入り込んでいるプリンティング・ソリューションについてまとめた。

これまでのレーザー複合機を凌ぐ高速性でオフィスプリンターの常識を塗り替えたHP Officejet Pro Xシリーズは,偶然に登場してきた製品ではない。「4番勝負」の印刷スピードの項目でも一部紹介したように,HP(Hewlett-Packard)が長年培ってきたプリンターに関する技術のバックグラウンドがあって初めて実現できた製品だ。

同社はプリンティング事業において,家庭向けの小型プリンターからオフィス向けのレーザープリンター,民生用の大判プリンターやデジタル印刷機,そして産業分野のトータル印刷システムまで,幅広い製品とソリューションを提供している。その印刷技術は,商品パッケージやラベル,書籍・雑誌,街の広告看板やバスなどの車体印刷に至るまで幅広く利用されており,日常生活に深く浸透している。

そこで培われた技術の一端が,HP Officejet Pro Xの開発にも活かされている。具体的には,印刷ヘッドやインク液滴の高度な制御に大型の「Inkjet WebPrintingシステム」で開発した技術が応用され,安定した用紙の供給や搬送の技術にはレーザープリンター「Laserjet」の技術が利用されている。

[画像のクリックで拡大表示]

インクジェットプリンターを生み革新的な製品を提供し続けるHP

元々,インクノズルにおいて微小なヒーターの熱で気泡を発生させインクを押し出す方式のサーマルインクジェットプリンター自体,1984年にHPが世界で初めて商品化したものだ。その後,色鮮やかなカラー印刷を実現して,それまでドットインパクト式や感熱式が主流だった個人向けプリンターの世界を大きく塗り替えた。個人向けのインクジェットプリンターで現在では当たり前のように使われているスキャナーとプリンターを組み合わせた複合機や,用紙を自動で反転して両面に印刷する機能,ワイヤレスで印刷できる無線LAN機能の搭載など,いずれもHPが先駆けだ。

[画像のクリックで拡大表示]

近年も,電子メールを使って離れた場所のプリンターに印刷できる機能でプリンターのクラウド化を進めたり,持ち運び可能でどこでもコピーが取れたりするモバイル型複合機「HP Officejet 150 Mobile AiO」を発売するなど,その旺盛な技術開発力によって世界初の製品やサービスを次々と打ち出してきている。

[画像のクリックで拡大表示]

このようにHPは,プリンティングに関するリーディングカンパニーであるが,多くのプリンターメーカーがひしめく日本国内においては「HP」や「ヒューレット・パッカード」というブランド名がそれほど広く知られているとは言えない。しかし,国外にまで目を向けるとHPはプリンターの各製品カテゴリーで圧倒的な市場シェアを誇る。この大きなシェアを背景に,低コストで高性能な製品開発を行うことができ,価格性能比に優れた信頼性の高い製品を提供できるのだ。また,常に大きな研究開発投資を続けることによって,革新的な製品を生み出し続けている。

世界No.1の市場シェアを背景にオフィスプリンターの世界を変える

新世代ビジネスインクジェットHP Officejet Pro Xの発売によって,オフィス向けプリンターの世界を大きく変えようとしているHP。インク定額パックといったユニークな販売戦略もスタートし,今後も目が離せない。同社はパソコンやサーバー分野においても世界最大規模の市場シェアを持つ。IT分野における総合力を基に,さらに魅力的な製品が期待できそうだ。

  • 5番勝負実施中!!
  • 1番勝負 印字品質
  • 2番勝負 エコ対応
  • 3番勝負 使い勝手
  • 4番勝負 印字スピード
  • 5番勝負 コスト

■アクセス履歴収集とサービス提供について

提供:日経BPイノベーションICT研究所