ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

ソリトンシステムズ:モバイル活用支援

ソリトンシステムズ

セキュリティを確実に担保しながら
スマートデバイスの積極活用を支援

スマートデバイスの業務利用が活発化する中で、情報漏洩対策をはじめとするセキュリティの担保に向けた要求がますます高まっている。さらには、安全性を確保しつつ、スマートデバイス本来の利便性を享受したいと考えるユーザーも多い。ソリトンシステムズでは、「Soliton SecureBrowser」「Soliton SecureContainer DME」という二つの製品の提供によりそうしたニーズに応えている。

株式会社ソリトンシステムズ
執行役員
セールスマーケティング部
松本 吉且

 クラウド上にはグループウエアやオンラインストレージなど多様なサービスが展開されている。こうしたサービスを業務で利用することで、スマートデバイス活用の効果をさらに高められる一方、「クラウドベンダーには、スマートデバイスでサービスを利用するユーザーから、セキュリティ上の課題にかかわる様々な声が寄せられています」とソリトンシステムズの松本吉且氏は語る。中でも多いのが「デバイスの特定」や「アクセス経路の制限」、あるいは「デバイスからの情報漏洩の防止」を実現したいという声だ。ソリトンシステムズが提供する「Soliton SecureBrowser」は、こうしたニーズに応える製品だ。

 Soliton SecureBrowserは、端末側にデータを保持することなく情報活用が可能。加えて、デジタル証明書によるデバイス認証との組み合わせで、不正デバイスを確実に排除できる。また、VPN機能を内蔵しており、アクセス経路を専用のゲートウエイもしくはソリトンシステムズのクラウド経由に限定することで、シンプルかつ安全なリモートアクセスを実現している。

 そのほか、クラウドベンダーが用意した画面をそのまま表示可能な、再現性の高いレンダリングエンジンも大きな特徴だ。「例えば、クラウドベンダーのネイティブアプリを利用する場合は、随時発生するアップデートへの対応が不可欠です。SecureBrowser経由ならそうした手間も不要で、端末の管理業務を最小化できます」と松本氏は説明する。

BYODやCOPEの環境にも最適なセキュリティソリューション

 さらにスマートデバイスの活用をめぐっては、例えば「圏外/オフラインの環境での利用」「端末にデータを保持しながらのセキュリティの担保」など、利便性、生産性と安全性の両立を求めるユーザーも多い。

 ソリトンシステムズでは「Soliton SecureContainer DME」の提供で、こうしたニーズに対応。「Soliton SecureContainer DMEでは、デバイス上に暗号化された業務専用領域を設け、プライベート領域と完全に分離するという仕組みを提供します。端末にデータを保持しながら、いつでも、どこでも、安全に業務利用が可能で、BYODやCOPE(Corporate Owned、 Personally Enabled)環境にも最適なソリューションとなっています」と松本氏は紹介する。

 このようにソリトンシステムズでは、モバイルデバイスの業務利用にかかわる安全性、管理性、利便性の要請に応えている。なお、現在、両製品にかかわるキャンペーンが実施されている。詳しくは、同社Webサイトを参照してほしい。

Soliton SecureBrowserとSoliton SecureContainer DMEの概要
オンライン/オフラインの両方でセキュリティを確保する
お問い合わせ