ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

ALSI:モバイル活用支援

アルプス システム インテグレーション

Webフィルタリング技術をベースに
iPhone活用の利便性と安全性を両立

使い勝手の良さで人気のiPhone/iPad。しかし、そのビジネス活用にはセキュリティの担保が不可欠だ。問題なのは、対策を施すことでせっかくの利便性が損なわれてしまうことである。アルプス システム インテグレーションの「InterSafe MobileSecurity」は、同社の定評あるWebフィルタリング技術により、iPhone/iPadの業務利用における利便性と安全性の共存を実現している。

アルプス システム
インテグレーション株式会社
セキュリティ営業部
セキュリティ営業1課
グループリーダー
濵田 龍哉

 高精細画面、マルチタッチインタフェースなどで、ユーザーに高度な利便性を提供するiPhone/iPad。「子供でも使える使いやすさが大きな魅力ですが、ビジネスシーンでの活用となると、当然、セキュリティ対策が不可欠です。そのため、使いやすさが犠牲になりがちです」とアルプス システム インテグレーション(ALSI)の濵田龍哉氏は切り出した。

 例えば、パスワードを強化するためには、より長い文字列での設定が必要。さらに、デバイス利用開始時、VPN接続時、アプリケーションへのログイン時など、各段階で異なるパスワードを入力するという運用ではユーザーの負荷は高まり、利便性は確実に損なわれてしまう。

 こうした安全性と利便性の間のジレンマを解消すべく、ALSIが提供しているのが「InterSafe MobileSecurity」だ。

Safari対応のWebフィルタリングでiPhone、iPadをセキュアに活用

 「当社がこれまでPC向けWebフィルタリングで蓄積してきたノウハウを、iPhone、iPadといったiOS端末のセキュリティ対策の領域に適用したクラウドサービスです」とALSIの濵田氏は紹介する。InterSafe MobileSecurityでは、企業が利用するiPhone/iPadは同サービスのクラウドにオンデマンドVPNで接続。デバイスがインターネットアクセスを行う際には、必ずInterSafe MobileSecurityを経由する。そしてクラウド上でWebフィルタリングを行って、モバイル活用の安全性を担保する。専用ブラウザーは不要だ。

 「例えば、iPhoneでは送信されてきたメールに記載されたURLリンクをタップすると、Safariが起動します。InterSafe MobileSecurityではSafariをそのまま利用してフィルタリングを行うことができるため、利便性が損なわれません」と濵田氏。実際には、Safariに限らず、各種WebブラウザーやTwitterなどのアプリの内蔵ブラウザーも含め、HTTP、HTTPSプロトコルでの通信全てがフィルタリング対象となる。ブラウザーやアプリに依存しないため、専用ブラウザーを導入する場合に管理側で必要となる既存システムやサービスとの互換性検証の工数も削減できる。

 ALSIでは過去15年にわたってWebフィルタリングソフトを提供してきており、その間、同社が培ってきた国内最大クラスのフィルタリングデータベースには、今日、147カテゴリで総計35億以上のURLが登録されている。国内の携帯キャリア3社も同データベースを採用しているなど、その精度の高さには定評がある。

 Webフィルタリングのほか、InterSafe MobileSecurityでは、基本的なMDM(Mobile Device Management)の機能や、拠点間VPNによる社内リソースへのアクセスなども提供する。InterSafe MobileSecurityは、iPhone/iPadのビジネス活用における安全性と利便性を共存させるツールとして注目だ。

iPhoneやiPadでセキュリティを確保
Safariをはじめ、各種ブラウザーでも通信を確実にフィルタリングできる
お問い合わせ
  • アルプス システム インテグレーション株式会社

    TEL:03-5499-8045

    URL:http://www.alsi.co.jp/

    メールでのお問い合わせはこちら