ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

セキュアなスマートデバイス活用を支援

企業のスマートデバイス活用に向けた機器やシステムの提供に注力するシーティーシー・エスピー。同社が顧客に向けて強く推奨しているのが、Fortinetの無線LANアクセスポイントとUTM、そしてソリトンシステムズの「NetAttest」を組み合わせたソリューションだ。既に多くの企業が同社の提案を受け入れ、セキュアかつハイパフォーマンスなスマートデバイス活用環境を実現している。

スマートデバイス活用に関するソリューションの提供に注力

シーティーシー・エスピー株式会社
ソリューション企画推進部
プロダクト推進1課
杉原 健司 氏

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)グループの一員として、顧客のIT活用を支えるソリューションを提供するシーティーシー・エスピー(CTCSP)。今日では、世界各国のソフトウエア/ハードウエアベンダーとのパートナーシップにより、企業ネットワークや各種システムの構築に不可欠な製品およびソリューションを率先して国内市場に紹介。それらをCTCSP自ら直接顧客に提案・提供している。

 近年、同社のビジネスにおける重点領域となっているのが、スマートフォンやタブレットといったスマートデバイスの活用ソリューションの提供だ。その背景には、業務にかかわる生産性や機動力のアップなどを念頭に、スマートデバイスを支給したり、BYOD(私物モバイル端末の業務利用)を導入したりする企業が急速に増えている状況がある。

 「特に中小規模の企業のお客様については、従業員の利便性向上を目指したいという思いから、BYOD端末含め、比較的スムーズにスマートデバイスの業務活用に踏み切られることも多いです。しかし、実際にその運用を続けていくとセキュリティ面での課題に直面してしまうというケースも少なくありません」とシーティーシー・エスピーの杉原健司氏は指摘する。

ベストな製品の組み合わせで安全で高性能な環境の構築を支援

 上記のような動向を踏まえるかたちで、CTCSPが企業のスマートデバイス活用環境の構築に向けて強く推奨しているのが、米国Fortinetの「FortiAP」および「FortiGate」と、ソリトンシステムズの「NetAttest EPS」および「NetAttest EPS-ap」の組み合わせによるソリューションだ。

 CTCSPによれば、高性能な無線LANアクセスポイント製品であるFortiAPと、無線コントローラーの機能を備え、UTM(Unified Threat Management)としてファイアウォールや不正侵入検知・防御(IPS)、マルウエア対策、アプリケーション制御、Webフィルタリングなどの幅広いセキュリティ機能を提供するFortiGate、そして電子証明書に基づくデバイス認証を実現するNetAttest EPSとデジタル証明書の容易な配布を支援するNetAttest EPS-apを組み合わせることで、ハイパフォーマンスでセキュア、かつ運用管理性にも優れたスマートデバイスのためのアクセス環境の構築が可能になる。電子証明書を活用することで、BYODにおけるリスクの一つである管理外の私物デバイスを使用するいわゆる「シャドーIT」による情報漏洩リスクも回避できる。

 CTCSPでは、これら製品の組み合わせたソリューションに関する製品・システムの提供にとどまらず、その導入支援やコンサルティングから、システム構築、メンテナンスに至るサービスをワンストップで提供できる体制を整えている。

図1●CTCSPのソリューション構成例
[画像のクリックで拡大表示]
シーティーシー・エスピー株式会社
ソリューション企画推進部
プロダクト推進1課
川村 孝允 氏

 「NetAttestは、国内製品ならではの品質の安定性に加え、製品技術的にも成熟しており、様々な業種業態の企業への導入実績も豊富です。安心してお客様におすすめできる点が大きなアドバンテージであると感じています」と杉原氏は説明する。

 さらにNetAttest EPSは、Fortinet製品との相性も良好で、これら製品を組み合わせてソリューションとして顧客に提供するCTCSPにとっての安心感も非常に大きいという。

 ソリトンシステムズでは、ネットワーク製品やセキュリティ製品を提供する数多くのベンダーとの間で、NetAttest EPSと各社の製品を組み合わせた運用についての共同検証を実施している。「ソリトンシステムズからは、その検証結果や製品の併用にかかわる参考資料が潤沢に公開されており、それらを参照することで、各社製品を組み合わせた導入・運用もスムーズに行えます。もちろん、そこにはFortinet製品が含まれていることは言うまでもありません」とシーティーシー・エスピーの川村孝允氏は語る。

パートナーシップの強化で顧客にさらなる価値を提供

 既に多くの顧客企業が、このFortinet製品とNetAttest EPSを組み合わせたCTCSPのソリューションを導入。セキュリティとパフォーマンスを兼ね備えたスマートデバイス活用環境を実現し、業務の生産性、機動性の向上に役立てている。「ソリューション自体、総じてお客様に好評で、特にNetAttest EPSに関しては、ほとんどトラブルが発生しないという点や、技術資料、マニュアル類が充実しており、お客様自身の手で最適な運用を容易に行えることなどを高くご評価いただいています」と川村氏は紹介する。

 今後、CTCSPでは、顧客のスマートデバイス活用を支援するソリューションのさらなる強化を目指す一方、そうしたソリューションを企業のワークスタイル変革全般を支えるものへと進化させていきたいとしている。「セキュリティ対策の領域についての支援も、なお一層拡充させていくことが重要な要件となりますが、そこにおいても、スマートデバイス端末内に一切のデータを残させず、社内のWebシステムへの安全なアクセスを実現する『Soliton Secureシリーズ』などソリトンシステムズが提供する商材を、ぜひ積極的に採用していただきたいと考えています」と杉原氏は話す。

 そうした目標を実現する上で、CTCSPはこれまで培ってきたソリトンシステムズとのパートナーシップを、将来に向けてさらに強固なものにしていくことになる。「ソリトンシステムズについては、その製品力やサポート力はもちろん、営業、技術、マーケティングなど全ての領域で大きな安心感を与えてくれるパートナーであると捉えています。今後も共に手を携え、お客様に提供するソリューションの価値最大化を目指していければと考えます」と川村氏は力強く語る。

PDFダウンロード
  • スマートデバイスのビジネス利用を支えるUTMセキュリティアプライアンス

    ネットワーク・セキュリティ関連機器の導入やサポートを担うCTCSPは、Fortinetが開発したUTMセキュリティアプライアンス「ForiGate」と無線LANアクセスポイント「FortiAP」で、顧客のニーズにも柔軟に対応できるネットワークの構築を提案。さらにソリトンシステムズの「NetAttest EPS」を組み合わせてセキュリティをより強化することを提案している。

  • 安全なモバイルワーク・BYOD活用のご提案

    私物デバイスを業務に使う「BYOD」。ユーザーは好きな機器が使える、企業側は端末コストを抑えられるといったメリットがある半面、不適切な端末の利用というセキュリティの問題がある。その解決策としてCTCSPが提案するのが、「NetAttest EPS」のデジタル証明書を活用したソリューションだ。

  • NetAttestシリーズのご紹介

    企業ネットワークを支え、累計1万4000台以上の販売実績を持つソリトンのアプライアンス「NetAttest」シリーズ。本資料は、オールインワン認証アプライアンスの「NetAttest EPS」と、ノンストップDHCP/DNSアプライアンス「NetAttest D3」、スマートデバイスの企業活用を強力にサポートする「NetAttest EPS-ap」、モバイルワークを支えるIT基盤「Soliton Secure シリーズ」の特長をまとめたもの。導入事例も紹介する。

お問い合わせ