ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

テレワーク実現のカギはセキュリティ

システムの設計・構築から、運用・監視、保守に至るサービスをワンストップで提供する日立システムズ。同社では現在、テレワークの実現を中心とした「ワークスタイル変革ソリューション」を顧客に向けて展開している。安全なモバイルデバイスの活用には、安心なセキュリティが欠かせない。その実現のために同社が採用しているのが、ソリトンシステムズの電子証明書認証基盤「NetAttestシリーズ」である。

安全なテレワークの実現を中核に
企業のワークスタイル変革を支援

株式会社 日立システムズ
ネットワークサービス本部
サービスプロデュースセンタ
第二グループ
主任技師
長沼 稔 氏

 国内企業におけるコンピュータ利用の黎明期より、顧客のITシステム活用を支援してきた日立システムズ。今日では、広範な業種、規模の企業に対し、システムの導入コンサルティングから設計・構築、運用・監視、保守、ヘルプデスクに至るまでワンストップで提供し、ますます多様化する顧客のITニーズに応えている。

 特にインターネットの普及に合わせて、日立システムズではネットワークセキュリティ領域のサービス強化にも継続的に取り組んできた。現在では独自のセキュリティセンターを設置し、ユーザー企業のシステムセキュリティの状況やインデントの発生などを、専門スタッフが24時間365日の体制で監視・運用する、セキュリティに特化したアウトソーシングサービスも提供している。「お客様のご要望に応じた幅広い側面からのセキュリティ対策ソリューションを提供できる体制を整えています」と日立システムズの長沼稔氏は紹介する。

 現在、日立システムズが積極的に取り組んでいるのは、国内の様々な企業で切実なテーマとして浮上してきている、ワークスタイル変革に向けたソリューションの提供だ。少子高齢化が急速に進む日本においては、いかに優秀な労働力を確保していくかが、企業の重要な課題となっている。こうしたことを背景に、多様な人材を受け入れるダイバーシティや、出産や育児、あるいは介護など従業員のプライベートな活動と仕事を両立させるワークライフバランスなどの実現が企業には強く求められている。

 「そうした要請に応えるには、従業員がオフィスに縛られることなく、いつでも、どこでも、安全・安心に働くことを支援するテレワークの導入こそが不可欠です。当社では、企業におけるテレワークの実現とその効果的な活用をITで支える仕組みの数々を『ワークスタイル変革ソリューション』と銘打って、提供しています」と長沼氏は語る。

製品、サポート双方について
“メイドインジャパン”の信頼性

株式会社 日立システムズ
ネットワークセキュリティサービス事業部
ネットワークサービス本部
第三部 第3グループ
技師
田中 孝幸 氏

 そうしたソリューション提供の一環として日立システムズでは、テレワーク実現のカギを握るともいえる、ノートPCやスマートフォン、タブレットなどの安全なモバイル活用を支援するシステムを提案している。「具体的には、ソリトンシステムズの『NetAttestシリーズ』とF5ネットワークスの『BIG-IP APM(Access Policy Manager)シリーズ』を基盤に採用しています。モバイル端末からのセキュアなアクセス、およびID連携(IDフェデレーション)によるシングルサインオン(SSO)の実現を支援しています」と日立システムズの田中孝幸氏は紹介する。

 まず、NetAttestシリーズに関しては、端末からシステムへのアクセスを適切に制御し、企業が利用を許可していない不正なデバイスの接続を確実に排除するための電子証明書による端末認証を「NetAttest EPS」の採用により実現。「NetAttest EPSについては、デジタル証明書認証に不可欠なRADIUSやプライベート認証局(CA)に加え、ワンタイムパスワードなどを含めた豊富な機能をオールインワンで提供している点を評価しています。スピーディーかつ手軽に導入できるという点でも、お客様にとってそのメリットは非常に大きいと考えます」と田中氏は説明する。

 また、このNetAttest EPSとともに日立システムズが顧客に対し、その導入を推奨しているのが「NetAttest EPS-ap」だ。この製品では、NetAttest EPSとの連携により、申請ワークフローによる証明書の発行が可能で、管理者の手間を大幅に削減できるほか、AndroidやiOS、Mac OS、WindowsのマルチOSに対応した証明書の発行・設定が可能。顧客の多様なシステム環境に柔軟に対応できることも、日立システムズがこの製品を高く評価するポイントである。

 「ソリトンシステムズの製品には、機器自体の機能に加えてサポート面も含めた“メイドインジャパン”ならではの信頼性があります。問い合わせ対応の迅速さはもちろん、こちらの質問内容を正確に理解し、常に的確に回答してくれるので、我々も大いに助かっています」と長沼氏は言う。

 一方のBIG-IP APMについては、IDフェデレーションを実現する基盤として採用。「オンプレミス、クラウドのハイブリッドな環境においてもIDの統合が可能で、社内システムおよびクラウド上のOffice365やGoogle AppsなどのSaaS環境を含めたSSOによる運用が可能です。これにより、ユーザーの利便性を担保しながら、IDの運用管理にかかわる工数を大幅に削減できるというメリットをお客様に提供しています」と田中氏は語る。

テレワークによるワークスタイル変⾰を実現するIDフェデレーション基盤の実現
[画像のクリックで拡大表示]

新たな価値創造に向けた協業で
顧客のワークスタイル変革を支援

 今後も日立システムズでは、NetAttest EPSとNetAttest EPS-ap、およびBIG-IP APMを認証基盤に据えたセキュリティ対策の提供を中核に、企業がテレワークを推進する上で不可欠な安全・安心で快適なモバイルデバイス活用環境の実現を支援していく。もちろん、そうした取り組みが、同社が様々な角度から提案しているワークスタイル変革ソリューション全体を支える重要なベースとなるものであることは言うまでもない。

 「ソリトンシステムズとの付き合いは、ネットワークセキュリティの領域に限っても、もう20年以上にもなりますが、常にその高度な技術力と高品質な製品により、パートナーとして当社のビジネスに貢献いただいています。今後もさらに強固なパートナーシップを築きながら、ともにお客様のワークスタイル変革に向けた新たな価値創造を目指していければと考えています」と長沼氏は力強く語る。

PDFダウンロード
  • ワークスタイル変革を推進するセキュアで利便性の高いソリューション

    日立システムズは、「いつでも・どこでも・いつまでも・安全・安心に働く」をテーマとしてテレワークによるワークスタイル変革ソリューションを提案。米F5 Networksの「BIG-IP APM(Access Policy Manager)」と、多彩なネットワーク認証機能を持つソリトンシステムズの「NetAttest EPS」「NetAttest EPS-ap」を組み合わせることで、利便性と安全性を両立したソリューションを提案している。

  • BIG-IP Access Policy manager (APM)

    「BIG-IP Access Policy manager (APM)」は、 SSL VPNリモートアクセス・アクセス管理・認証基盤統合ソリューションだ。リモートアクセス、ユーザアクセス管理、シングルサインオン、フェデレーション、ユーザーデバイスからWebアクセスまで全て一元管理できる。情報への高度な可視化と管理性を提供する。本資料はその豊富な機能を解説する。

  • NetAttestシリーズのご紹介

    企業ネットワークを支え、累計1万4000台以上の販売実績を持つソリトンのアプライアンス「NetAttest」シリーズ。本資料は、オールインワン認証アプライアンスの「NetAttest EPS」と、ノンストップDHCP/DNSアプライアンス「NetAttest D3」、スマートデバイスの企業活用を強力にサポートする「NetAttest EPS-ap」、モバイルワークを支えるIT基盤「Soliton Secure シリーズ」の特長をまとめたもの。導入事例も紹介する。

お問い合わせ