ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

無線LAN環境のセキュリティニーズに応える

各種ネットワーク機器や多様なネットワークソリューションの提供を通じて顧客のニーズに応えるアライドテレシス。同社では、自社の無線アクセスポイントやコントローラー製品を中核とした無線LANソリューションに、セキュリティ対策面を支援するコンポーネントとして、ソリトンシステムズの「NetAttestシリーズ」を採用。ソリューションの付加価値向上に役立てている。

エンタープライズ向けに開発された「2つのSDN」など
高付加価値のネットワークソリューションを提供

アライドテレシス株式会社
マーケティング本部
グローバルプロダクトマーケティング部
部長代理
盛永 亮 氏

 日本発のネットワーク専門メーカーとして知られるアライドテレシス。エンタープライズ市場のIT基盤を支えるスペシャリスト集団として、スイッチ、ルーター、無線アクセスポイントなどのネットワーク機器の提供にとどまらず、業種別ソリューションや用途別ソリューションなど、より総合的な観点に立ったネットワーク環境構築で、顧客ビジネスにおけるIT活用を支援している。

 「先進技術に基づく開発にも注力しており、例えばSDN(Software-Defined Network)の領域では、アライドテレシス独自技術による「AMF(Allied Telesis Management Framework)」とOpenFlowを利用する「SES(SecureEnterpriseSDN)」という2つのソリューションを提供しています」とアライドテレシスの盛永亮氏は紹介する。

 具体的には、AMFでは障害が発生したネットワーク機器をバックアップ機器に交換した際の自動復旧を実現するなど、ネットワーク運用の可用性向上を支援。一方のSESは、パートナーより提供されるセキュリティや人事管理等の各種ソフトウエアと連動し、ネットワークを管理する仕組みを提供している。ネットワーク環境に高度なセキュリティや可用性といった付加価値を提供するこれらソリューションは、データセンター領域で採用が進むSDNのエンタープライズ領域への適用を加速させるものとして注目されている。

無線LAN環境の安全性を担保する
電子認証書システムを推奨

 近年、ネットワーク市場でニーズが高まる無線LAN環境の構築に向けたソリューションの提供も、アライドテレシスが力を注いでいる分野だ。そのソリューションの中核を担っているのが、アクセスポイント製品「AT-TQシリーズ」と無線コントローラー製品「AT-UWC」およびAMFに統合された無線LAN管理機能 「Wireless Manager」で、いずれもアライドテレシスの自社製品だ。

 AT-TQシリーズでは、IEEE802.11a/b/gに対応したベーシックなモデルから最新規格IEEE 802.11acに対応したモデルに至る幅広いラインアップを用意。多様な無線LANニーズに応えている。そして、このAT-TQシリーズを最大210台まで一括管理できるのがAT-UWCである。単一のアクセスポイントやSSIDだけではなく、ユーザーが運用する無線ネットワーク全体を統合的に管理できるようになっている。

 「特にAT-TQシリーズはAMFに対応した機器となっており、当社の提供するSDNソリューションのメリットを享受いただける点も、大きな特長です」と盛永氏は語る。

アライドテレシス株式会社
サポート&サービス事業本部
EhterGRID部
シニアマネージャー
横山 尚之 氏

 こうしたAT-TQ、AT-UWCおよびAMFを中核とするアライドテレシスの無線LANソリューションにおいて、セキュリティ強化をサポートする製品として同社が強く推奨しているのが、ソリトンシステムズの認証アプライアンス「NetAttest EPS」だ。

 「今日では、オフィス内外の業務だけでなく、経営者がリアルタイムな意思決定を行う際にもモバイルデバイスが用いられるようになってきています。そこで課題となるのが、モバイルデバイスのネットワーク接続の際のセキュリティの担保です。NetAttest EPSでは電子証明書を活用した認証により、利用が許可されていない端末からのアクセスを確実に排除し、システムの安全性を担保します」と説明するのはアライドテレシスの横山尚之氏である。

 アライドテレシスではそのほかにも、NetAttest EPSと連携してデバイスへの電子証明書の配布やポリシー適用などを支援する「NetAttest EPS-ap」、あるいはDNS/DHCPサーバーの機能を提供するアプライアンスである「NetAttest D3」といった一連の「NetAttestシリーズ」を、自社の無線LANソリューションのキーコンポーネントと位置付けている。「当社のAT-TQ/AT-UWCと、NetAttestシリーズを組み合わせたソリューションの納入事例は、年々増え続けており、当社のパートナー、エンドユーザーには今年から電子証明書の必要性が認知されてきた感があります」と横山氏は話す。

技術面を含めた協業強化を進め
ソリューションの拡充を目指す

 アライドテレシスとソリトンシステムズのパートナーシップは、既に10年以上の歴史を刻んできている。その間アライドテレシスでは、自社の有線/無線のネットワーク製品とソリトンシステムズのセキュリティ製品を組み合わせたソリューションを数多くのユーザーに提供してきた。

 「当社のソリューション提供の最も主要な領域となっている医療機関、自治体、文教などのお客様は、特にセキュリティに関して高度なニーズをお持ちです。そうした意味からも、当社のソリューションビジネスにおいて、NetAttestシリーズをはじめ高品質なセキュリティ製品を提供しているソリトンシステムズの存在は、なくてはならないものとなっています」と横山氏は強調する。

[画像のクリックで拡大表示]
文教系・教育施設向けネットワークイメージ図

 今後もアライドテレシスでは、顧客のシステム環境において急速に進むモバイルデバイスのさらなる活用を支援するソリューションをますます拡充し、エンタープライズ市場のニーズに応えていく構えだ。同じ日本発のIT機器・システムメーカーであるソリトンシステムズとは、技術面を含めたより密接な協業関係を築いていきたいとしている。

 「例えば、当社のSDNソリューションとソリトンシステムズ製品の連携を実現していくといった方向性も、そうした協業の中で探っていければと思っています。これからもソリトンシステムズには、持ち前の高度な技術力、製品力、サポート力で、当社ソリューションの強化に貢献していただけることを大いに期待しています」と盛永氏は語る。

PDFダウンロード
  • 端末認証に対応した無線LAN環境でスマートデバイスの活用を推進する

    アライドテレシスは、無線LANアクセスポイント「AT-TQ」シリーズや無線LANコントローラー「AT-UWC」でリーズナブルかつ利便の高いネットワークソリューションを構築。さらに、デジタル証明書による端末認証を実現するソリトンシステムズの「NetAttest EPS」を組み合わせることで、高い安全性を兼ね備えた無線LAN環境を提供する。

  • 無線LAN製品+NetAttest EPS連携

    無線アクセスポイント「AT-TQシリーズ」の幅広いラインアップと、AT-TQシリーズを最大210台まで一括管理可能な無線LANコントローラー「AT-UWC」の特長を紹介する資料。NetAttest EPSを組み込んだ構成例も掲載する。

  • NetAttestシリーズのご紹介

    企業ネットワークを支え、累計1万4000台以上の販売実績を持つソリトンのアプライアンス「NetAttest」シリーズ。本資料は、オールインワン認証アプライアンスの「NetAttest EPS」と、ノンストップDHCP/DNSアプライアンス「NetAttest D3」、スマートデバイスの企業活用を強力にサポートする「NetAttest EPS-ap」、モバイルワークを支えるIT基盤「Soliton Secure シリーズ」の特長をまとめたもの。導入事例も紹介する。

お問い合わせ