ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

コストを抑えたゲスト用無線LAN環境

幅広いICTソリューションを提供する富士通エフサスは、無線LANの分野にも注力している。同社の無線LANビジネスにおいて、シスコシステムズとソリトンシステムズの製品は主要な構成要素だ。ソリトンシステムズの「NetAttest EPS」の持つ様々な機能は、多様な顧客の要件を満たす上で有効。最近ニーズが高まっている小売店舗へのホットスポット導入のプロジェクトでも、NetAttest EPSのユニークな機能が役立っている。

シスコとソリトンの製品を無線LANの標準構成に組み込む

柳沢 雄希 氏
株式会社富士通エフサス
サービスビジネス本部
マルチベンダービジネス
支援センター
柳沢 雄希 氏

 富士通のグループ企業として、富士通エフサスはICT関連の事業を総合的に展開している。富士通製品はもちろん、多様なベンダーのハードウエア/ソフトウエアを扱っており、企画・コンサルティングから設計・構築、さらには保守運用まで含めてワンストップでサービス提供できるのが同社の強みである。

 富士通エフサスの持つ幅広いICTソリューションの中で、無線LAN関係の事業は着実に成長している。同社の青山英明氏は「オフィスにおける無線LAN環境構築のニーズは高まっています。また、小売店舗への導入も多いですね」と現状を語る。同社は製造業や小売業、金融機関、学校、病院など幅広い分野の顧客を対象に、モバイルインフラを構築している。

 同社の無線LAN構築においては、シスコシステムズのコントローラーとアクセスポイント、そしてソリトンシステムズの認証アプライアンス「NetAttest EPS」は、推奨製品として位置付けられている。

 「富士通とシスコシステムズが提携を結んでいることもあり、シスコシステムズ製品は当社ソリューションの多くで採用されています。無線LAN関連でも性能や機能の高さ、実績の豊富な点などを評価して、シスコシステムズのワイヤレスコントローラーやアクセスポイントを組み込んで提供するケースは多いです」と富士通エフサスの柳沢雄希氏は話す。最新の無線LAN規格である802.11acに対応するシスコシステムズのアクセスポイントがリリースされたこともあり、より高速で快適なモバイル環境を求める顧客のニーズはさらに高まりそうだ。

無線LANのホットスポットで外国人買い物客を呼び込む

青山 英明 氏
株式会社富士通エフサス
サービスビジネス本部
ネットワークインテグレーション
統括部
ネットワークサービス部
青山 英明 氏

 もう一つの主要要素であるNetAttest EPSについては、「認証の分野では、これが業界のデファクトスタンダードですから」と柳沢氏。そして富士通エフサスの西田透氏は次のように話す。「NetAttest EPSの持つ日本語インタフェースは分かりやすく、構築や運用が容易です。同時に、お客様にとっても使いやすい製品です」。

 また、端末ユーザーからの申請を管理者が受けとり、許可か拒否かを判断するプロセスをワークフローとしてサポートするNetAttest EPSの機能も高く評価されている。なお、管理者による判断は自動承認に置き換えることも可能だ。「無線LAN認証の証明書をつくる際、ユーザーは直接NetAttest EPSにアクセスして証明書をダウンロードすることができます。これはユーザーにとっても、非常に使いやすいと思います」と青山氏は語る。

 また、NetAttest EPSでは無線LANのSSID情報を活用した細かなアクセス制御もできる。例えば、自分が働いている店舗のSSIDへは接続できるけれど、ほかの店舗の別SSIDではできないようにするといった、導入企業の様々な要件に対して提案が可能だ。

 このほか、最近は小売店舗でのホットスポット構築のニーズが高まっている。「業務用のモバイル環境とは別に、店舗を訪れる買い物客の利便性を高めるためにホットスポットを構築したいというお客様の声をよく聞くようになりました」と青山氏は話す。

 その背景には、インバウンド旅行者の増加がある。よく指摘されることだが、日本では無線LANを使えるパブリックスペースが少ない。様々な調査で、この点は外国人旅行者の不満の上位に位置している。

 不十分な無線LAN環境は社会全体の課題だが、企業レベルでできることもある。店舗にホットスポットを用意すれば、旅行者でも自分のスマホで気軽にインターネット環境にアクセスできる。小売業であれば、日本製品目当ての外国人買い物客を引き付ける手段にもなるかもしれない。

ソリトンFSAS
[画像のクリックで拡大表示]

セキュリティレベル統一とホットスポット提供を全国同時に実現

西田 透 氏
株式会社富士通エフサス
サービスビジネス本部
ネットワークインテグレーション
統括部
ネットワークサービス部
西田 透 氏

 富士通エフサスが最近手掛けた無線LAN導入の大規模なプロジェクトがある。導入企業は全国に約600の小売店舗を展開しているA社である。

 「A社の各店舗には以前から無線LAN環境がありました。ただ、店舗単位で導入したため、セキュリティレベルが一定ではありませんでした。そこで、全国統一のセキュリティレベルを実現しようということになり、併せて店舗を訪れる買い物客のためのホットスポットが導入されました」(青山氏)

 A社プロジェクトにおいても、シスコシステムズ製品とNetAttest EPSが採用された。この事例では、NetAttestの強みが十分に発揮されたようだ。「業務用の無線LANと店舗の買い物客向けの無線LANという2系統のインフラを別々につくるのは、コスト高につながります。A社はNetAttestの機能を活用することで、1台のアプライアンスを共用して2種類の無線LAN環境を構築しました」。西田氏はこう説明する。

 店舗スタッフはNetAttestで確実な認証を経て、社内ネットワークにアクセスする。一方、ホットスポットを利用する買い物客は社内ネットワークには入れず、インターネット環境に直接つながる。両方のネットワークは物理的な機器を共用するが、論理的には分かれているので、十分なセキュリティを担保することができるというわけだ。

 2020年の東京五輪に向けて、インバウンドの旅行客は今後も増える見込みだ。店舗や宿泊施設などで、スタッフと一般客が共用できる無線LANインフラの導入案件はさらに増えると予想される。

※本文中の所属・役職は取材時のものです。

PDFダウンロード
  • デジタル認証でホットスポットとセキュアな無線LAN環境の共存を実現

    ICTインフラの提案や設計、販売、工事、運用・保守サービスなどをワンストップでトータルに提供する富士通エフサスでは、シスコシステムズの無線LANソリューションでユーザーの幅広いニーズに対応。さらに、多彩なネットワーク認証機能を持つソリトンシステムズの「NetAttest EPS」を組み合わせることで、高い安全性を兼ね備えたネットワーク環境を実現する。

  • 富士通エフサス セキュリティソリューションカタログ

    偽装して内部に入り込む「標的型攻撃」、スマートデバイスからの「ウイルス感染」、システムの不正利用による「情報漏洩」の三つのリスクと、それぞれに対応する富士通エフサスのセキュリティソリューションを解説する。導入事例も掲載する。

  • NetAttestシリーズのご紹介

    企業ネットワークを支え、累計1万4000台以上の販売実績を持つソリトンシステムズのアプライアンス「NetAttest」シリーズ。本資料は、オールインワン認証アプライアンスの「NetAttest EPS」と、ノンストップDHCP/DNSアプライアンス「NetAttest D3」、スマートデバイスの企業活用を強力にサポートする「NetAttest EPS-ap」、モバイルワークを支えるIT基盤「Soliton Secure シリーズ」の特長をまとめたもの。導入事例も紹介する。

お問い合わせ