ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

サービスの“道具立て”が整い、時代は「クラウドファースト」へ

  • 総論 サービスの“道具立て”が整い、時代は「クラウドファースト」へ
  • ソフトクリエイト「SCCloud」長年のSIの実績の中で培われた高度なノウハウを生かしたクラウドサービス

今日の企業にとって、ITにかかわるコスト削減や運用管理負荷の軽減、さらにはシステムの柔軟性や拡張性の確保といった観点からも、クラウドの活用がもはや必然的な選択肢となっている。最近企業にとって重要なテーマとして浮上している「ワークスタイル変革」を推進する上でも、クラウドの採用は不可欠だ。重要なのは、自社にとって最適なサービスを適材適所に採用していくことである。

「ワークスタイル変革」推進のためのIT基盤としてもクラウドの採用が必須

 情報システムの活用スタイルとして、企業の間に広く定着しつつあるクラウド。グループウエアや電子メールといった情報系システムはもちろん、昨今では顧客情報管理(CRM)や営業支援(SFA)などを含む基幹系システムのクラウドへの移行に着手する企業も増えている。企業がITシステムの設計や移行を考える際に、クラウドの採用を第一の選択肢として検討を進める「クラウドファースト」という考え方が、既に一般化しているといっていいだろう。

 一方で、特に基幹システムのクラウドへの移行に関しては、自社の大切なデータ資産を社外に出してしまうことに不安を感じるユーザーがいまだ多いというのも事実だ。

 しかしながら、ますますリスクが高まるセキュリティ上の脅威への対策、あるいは万一の災害に向けたBCP(事業継続計画)といった観点から、むしろクラウドでのシステム運用を積極的に選択するという企業も最近では増えている。つまり、堅牢なデータセンターファシリティや、プロの専任担当者によるセキュリティ、可用性などに関わる運用管理を提供するクラウドサービスに、大切なデータ資産をゆだねるほうが、自社のオンプレミス環境で独自に運用するよりもはるかに安全であるとの考える企業も多いというわけだ。

 さらに近年では、少子高齢化に伴って予想される今後の深刻な労働力不足や、ますます高まるライフワークバランスにかかわる要請への対応などを背景に、企業の間で「ワークスタイル変革」の必要性が声高に叫ばれているという状況もある。それに向けた対応を考える上でも、オフィスに縛られないワークスタイルを提案するクラウドの採用は企業にとって極めて有効な選択肢となる。

 特に現在では、タブレットやスマートフォンといったスマートデバイスがユーザーの間に広く浸透している。これらデバイスを用いてクラウドやオンプレミス環境で稼働する自社システムにアクセスし、自宅などオフィス外から、いつでも、どこででも仕事ができる環境の整備を進める企業も増えている。そうしたオフィス外からのスマートデバイスを使ったリモートアクセスをセキュアに行うための仕組みを提供するクラウドサービスも登場している。

 今や企業にとって不可欠といえるクラウドの活用。ビジネス戦略上の要請をしっかりと見極めながら、自社にとって最適なサービスを適材適所に採用していくことが肝要だ。既にその道具立ては整っている。