ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

「SCCloud」長年のSIの実績の中で培われた高度なノウハウを生かしたクラウドサービス

  • 総論 サービスの“道具立て”が整い、時代は「クラウドファースト」へ
  • ソフトクリエイト「SCCloud」長年のSIの実績の中で培われた高度なノウハウを生かしたクラウドサービス

システム導入を行う企業にとって、クラウドの選択は最も優先されるべき選択肢となっている。問題は、自社にとって最適なサービスをいかに適切に選択するかだ。ソフトクリエイトが提供する「SCCloud」は、ユーザーが抱える多様なニーズに応える各種サービスを、豊富なバリエーションで用意。そこには、同社が長年のSIビジネスで培ったノウハウが活かされている。

定番パッケージソフトの機能をクラウドサービスとして提供

株式会社ソフトクリエイト
技術本部Coreサービス部
部長
武井 直孝

 企業がITシステムの新規導入や移行を行う際のプラットフォームとして、クラウドを優先的に検討する「クラウドファースト」という考え方が定着しつつある。システムの拡張性や柔軟性、運用負荷の軽減、さらには導入にかかわるリスク対策といった観点からも、今後、企業にとってクラウドを第一の選択肢とするのは、むしろ当然だといっていい。企業にとって必要なのは、自社の課題を確実に解決し得る、最適なクラウドを選択することだ。

 ソフトクリエイトが提供する「SCCloud」(エスシー クラウド)は、同社が保有するデータセンターの仮想基盤上から、グループウエアやIT資産管理、セキュリティ対策、リモートアクセスといった豊富なバリエーションのサービスを利用できる。「コンセプトは、『実績+安定+堅牢なのに低価格』。当社が過去30年にわたりSIerとして、1000社以上のお客様のシステムを支えてきた実績の中で培ってきたノウハウをクラウドサービスとしてパッケージング。それを低価格で提供しています。」とソフトクリエイトの武井直孝氏は紹介する。

 その内容は、アプリケーションサービスと、その他のインフラ系サービスに大別できる。さらに、アプリケーションサービスについては、「SaaSサービス」「Tri-Sphereシリーズ」の二つに分けられる。

 SaaSサービスは、各ベンダーが提供するパッケージソフトの機能をクラウドサービスとして顧客に提供する。具体的には、グループウエアの定番製品の機能を提供する「サイボウズ ガルーン SaaS」、広範な企業に導入されているIT資産管理ツールをサービス化した「LanScope Cat SaaS」、さらにはソフトクリエイト自身が開発した不正PCの検知・排除を行うセキュリティシステムのクラウド版となる「L2Blocker クラウド」などの各サービスを用意。「一般にパッケージ製品のクラウド版は、ある程度限定された機能のみを提供しているケースが多くなっていますが、当社のサービスではほぼフルで機能をご利用いただけます」と武井氏は説明する。

株式会社ソフトクリエイト
Coreサービス部
クラウドソリューショングループ
課長代理 グループ長
吉田 幸平

 またTri-Sphereシリーズは、「アプリケーション専用型IaaS」と表現されるもので、顧客がパッケージソフトのライセンスを購入し、それを稼働させるクラウド基盤をソフトクリエイトが提供するという形態のサービスとなっている。「一般にクラウドサービスでは、ユーザー数の増加に伴って、コスト負担も増大していくことがお客様にとっての懸念となりますが、Tri-Sphereシリーズなら、クラウド基盤の定額料金のみでの利用が可能。利用する社員数が増えても、費用を抑えて運用できるということで、お客様からは好評をいただいています」と語るのは、ソフトクリエイトの吉田幸平氏だ。

 基盤だけではなく、アプリケーションレイヤーも含むかたちでサポートサービスを提供しているのが、Tri-Sphereシリーズの注目すべきポイントだ。アプリケーションのトラブル対応などもワンストップで提供している。対応アプリケーションには、例えば「サイボウズ Office」や「Cybozu Garoon」、「LanScope Cat」、あるいはワークフローであるATLEDの「X-point」など、こちらも各分野の定番ソフトが並ぶ。

SCCloudサービス構成
ユーザー点とプライベート接続を行うオプションもある
[画像のクリックで拡大表示]

ワークスタイル変革を支えるセキュアなリモートアクセス

 一方、SCCloudで提供されるその他のインフラ系サービスとして、まず挙げられるのが「モビリティ・コネクト for SCCloud」だ。これは、タブレットやスマートフォンなどの端末から社内ネットワークに対してのリモートアクセスをセキュアに行うためのサービスである。また、Microsoft Azure などのパブリッククラウドへのセキュアなアクセスもサポートしている。

 特に最近では、従業員の生産性向上はもちろん、ワークライフバランスの拡充、さらには少子高齢化時代における人材確保、女性の活用といった様々な観点から、企業においては「ワークスタイル変革」が重要なテーマとして浮上している。

 「そのベースとなるのが、ITを活用した『テレワーク』の実現です。自宅を含む社外から、PCやスマートデバイスを用いて、オフィスにいるときと同様に社内ネットワークにアクセスし、必要なシステムを利用できる「モビリティ・コネクト for SCCloud」は、ワークスタイル変革を推進されるお客様にとっては、まさに最適なツールとなるはずです」と吉田氏は強調する。

 そのほかSCCloudには、ビッグデータの活用に取り組む企業が増える中で高まるファイルサーバーの大容量化のニーズに応え、同機能をクラウドサービスとして提供する「ファイルサーバー on SCCloud」も用意されている。

ビジネスでの活用を前提にデザインされた信頼のサービス

 さらに、セキュリティ関連機能、特にユーザー企業の社内にある既存の Active Directory 環境を活用した認証機能をクラウドにも適用できるサービスを提供していることも、SCCloudの注目すべき特長だ。具体的には「セキュアオプション for cybozu.com」および「セキュアオプション for Office 365」をそれぞれ提供。cybozu.comと Office 365 の両クラウドサービスを利用するユーザーに向け、社内の Active Directory に登録されたID・パスワードを使ったシングルサインオン環境を実現。また、これらの両サービスでは、あらかじめ登録されたPCやデバイスのみの利用を許可する端末認証機能もあわせて提供している。

 「当社では、こうした Active Directory に関連したシステム構築の領域に、とりわけ大きな強みを持っています。2015年の第1四半期には、cybozu.com、Office 365 といった特定のサービスだけでなく、様々なクラウド、さらにはオンプレミスをも含めた環境での統合的な認証を Active Directory ベースで実現する『SCCore』という基盤サービスも提供する予定です」と武井氏は明かす。

 最後に、このようにバリエーションに富んだサービスを取り揃えるSCCloudの信頼性についても言及しておきたい。SCCloudのサービスはすべて24時間365日体制で、データセンターに常駐する技術者によって監視されているほか、データバックアップなども標準で提供する。こうした可用性の担保なども含め、ビジネスでの活用を前提にデザインされた信頼できるサービスを適切に選択していくことこそが、今後の企業には求められているものといえる。

PDFダウンロード
  • SCCloudサービス概要説明資料

    オンプレミス構築実績1000社以上というソフトクリエイトのノウハウを活かしたハイブリッドクラウドサービス「SCCloud」。常時SSLや、IPアドレス制限、BASIC認証を標準で用意するなど、強固なセキュリティを標準装備し、安全性が高い地域にある都内のデータセンターから提供される。本資料は、SCCloudの各オプションサービスも含めたサービスの概要を説明する。

  • SCCloudリーフレット

    実績+安定+堅牢なのに低価格なのがセールスポイントのSCCloud。SaaSサービスで利用できるソフトウエアや、アプリケーション専用型SaaS「Tri-Sphere」で利用できるソフト、選ばれる理由などをまとめたリーフレット。

お問い合わせ
  • 株式会社ソフトクリエイト

    Coreサービス部 クラウドソリューショングループ
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目15番1号 渋谷クロスタワー
    TEL 03-3486-1520
    メールでのお問い合わせはこちら