ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

分散型ネットワークをサイバー攻撃から守る

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン 分散型ネットワークでのサイバー攻撃対策にも有効な
セキュリティアプライアンス

サイバー攻撃は年々巧妙になり、情報漏洩の防止は急務だ。一方で、企業では本社だけでなく、支店や工場にもIT機器が分散し、さらにタブレットやスマートフォンの普及によってネットワークが急速に拡大し、セキュリティ対策を難しくしている。ウォッチガードのセキュリティアプライアンス「Firebox」は、こうした事態を簡単に解決する。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社
マーケティング部 部長
堀江 徹

 企業システムのネットワークは拡大し、モバイル端末も含めてセキュリティ対策が難しくなっている。「遠隔地にある小規模な拠点や取引先の中小企業を踏み台にして本社システムを攻撃するケースも増えています」。こう指摘するのはウォッチガード・テクノロジー・ジャパンの堀江徹氏だ。

 その解決策として、ウォッチガードの統合セキュリティプラットフォーム、WatchGuard Fireboxが注目を集めている。ネットワークの出入り口における多層防御はもちろん、標的型攻撃対策として回避型マルウエアも検知するフルシステムエミュレーションのサンドボックスと連携する先進の統合型セキュリティアプライアンスだ。

 最大の特長は、様々なセキュリティ機能のうち市場で高い評価を得ているものを選択するベスト・オブ・ブリードを採用している点にある。ラストライン社による先進のサンドボックス機能も含めた最新技術を駆使したセキュリティ機能を使用できるため、実績ある高度なセキュリティ機能を低コストで導入できる他社にはない大きなメリットがある。

ネットワークの最新状況を
分かりやすくビジュアル化

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社
システムエンジニア部
プリセールスエンジニア
正岡 剛

 他にも、クラウド対応でネットワークセキュリティを可視化し、レポートとして提供するWatchGuard Dimensionを無償で提供している。サイバー攻撃の被害を減らすにはネットワークを行き交うトラフィックを監視し、素早い対応が欠かせない。「Dimensionは、すべてのトラフィックをリアルタイムで分析し、ネットワークセキュリティの可視化に加え、最適なセキュリティポリシーの策定に役立つだけでなく、クライアント端末情報、エンドユーザーやアプリケーションの相関レビュー、ネットワークの最新状況などを分かりやすく表示し、必要に応じてログデータまでドリルダウンして簡単に確認できるようになっています」。ウォッチガードの正岡剛氏はこう話す。

 また、他社にはない導入時のコストを軽減する機能として、クラウドを活用した遠隔地でのアプライアンスの自動設定機能のWatchGuard RapidDeployを標準機能として搭載している。インターネットに接続すると初期動作としてウォッチガードのクラウドに接続するように設定しており、シリアルナンバーを読み込んで自動的にコンフィグファイルを取得する仕組み。「箱からFireboxを取り出し、電源とLANケーブルに差し込むだけで自動的に初期設定ができるため、分散拠点におけるアプライアンスの導入・設定に関するコストとIT管理者の負荷を大幅に削減することが可能となります」(正岡氏)。

お問い合わせ