現場を知り尽くしたITユーザー企業出身のCTOとアナリストが斬る! 失敗しないハイブリッドクラウド導入とは?

現場を知り尽くしたITユーザー企業出身のCTOとアナリストが斬る! 失敗しないハイブリッドクラウド導入とは?

あらゆるビジネスのデジタル化は従来の競合関係をディスラプティブ(破壊的)なインパクトを与える不透明で予測できない時代にしている。その中で、今まで以上にITを経営のツールとしてとらえることが認識されつつある。しかしながらITは、シンプル化を本来求められているにも関わらず、複雑化している。潮流として多くの企業では要件に応じてオンプレミスやパブリック/プライベートクラウドを含んだハイブリッドクラウドの運用構想に着手しているのもその実例だ。だが、これらの新しいテクノロジの導入に際して、数々の障壁が塞がっているのも確かだ。失敗プロジェクトも数知れない。企業が迅速かつ容易にハイブリッドクラウド環境を構築するためのキーポイントは何か。今回は長い間、エンドユーザー企業のIT部門で新しいテクノロジを導入してきた経験豊富な二人である、株式会社アイ・ティ・アールのプリンシパル・アナリスト甲元宏明氏と本年5月にデルのグローバルで4番目に最高技術責任者(CTO)に就任し、日本法人に所属する黒田晴彦氏が、エンドユーザー目線で論陣を張った。

あらゆるビジネスのデジタル化は従来の競合関係をディスラプティブ(破壊的)なインパクトを与える不透明で予測できない時代にしている。その中で、今まで以上にITを経営のツールとし てとらえることが認識されつつある。

しかしながらITは、シンプル化を本来求められているにも関わらず、複雑化している。潮流として多くの企業では要件に応じてオンプレミスやパブリック/プライベートクラウドを含んだハイブリッドクラウドの運用構想に着手しているのもその実例だ。だが、これらの新しいテクノロジの導入に際して、数々の障壁が塞がっているのも確かだ。失敗プロジェクトも数知れない。 企業が迅速かつ容易にハイブリッドクラウド環境を構築するためのキーポイントは何か。

今回は長い間、エンドユーザー企業のIT部門で新しいテクノロジを導入してきた経験豊富な二人である、株式会社アイ・ティ・アールのプリンシパル・アナリスト甲元宏明氏と本年5月にデルのグローバルで4番目に最高技術責任者(CTO)に就任し、日本法人に所属する黒田晴彦氏が、 エンドユーザー目線で論陣を張った。

詳細はこちら

最新のインテル® Xeon® プロセッサーは、新しいエンタープライズ・アプリケーション、科学技術計算、クラウド、ビッグデータ分析など、さまざまな用途に、性能、電力効率、仮想化、セキュリティーの面で大きなメリットを提供し、IT部門の課題解決を支援します。Intel、インテル、Intelロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。