IoT Next Special powered by ITpro & 日経テクノロジーオンライン
ITpro 日経テクノロジーオンライン

PaaSの活用で、構築が早く安く簡単に

日本IBM

PaaSのサービス群でIoTを構築し
分析結果をアクションに転換する

IBMのIoTシステム基盤「IBM Internet of Things Foundation」の最大の特長は、IBM BluemixというPaaSのサービス群として提供されていること。IoTソフトウェアを利用者側で開発しなくて済むので、IoTシステムを早く・安く・簡単に構築できるのが強みだ。IoTと関わりの深いデータ分析サービスとして、自ら思考するコグニティブ「IBM Watson」も利用できる。

日本アイ・ビー・エム株式会社
アナリティクス事業部
テクニカル・リード
土屋 敦

 パワーボートの競技チームであるSilverHookは、艇内センサーから得た計測データをIBMのIoTシステムで収集・分析し、アラートという意味ある情報として操縦者に返している──。日本IBMの土屋敦氏は、IoTがすでにビジネス価値を生み出している事例をこのように紹介した。

 ネットワークに接続されたデバイスが爆発的に増え続けている今、システムのアーキテクチャーも中央集権的な形態からクラウドを中心に据えたIoTネットワークへと変わりつつある、というのがIBMの見方。「将来的には、クラウドに上がった仮想現実がマイクロサービス化して、モノとモノ、モノと人、モノとサービスが複雑に接続し合うようになるでしょう」と土屋氏は言う。

PaaSのサービス群として提供されるIoT基盤「IBM IoT Foundation」

 このような展望に立つと、IoTやビッグデータ分析の位置付けも自ずと変わってくる。土屋氏は「データを集めることは目的ではなくて、そのための手段。ビッグデータを分析し、その結果をもとにアクションすることが目的です」と述べて、データの収集→データの処理・分析→アクション→収集……と進むサイクルが価値創出には重要になると指摘した。

 このように期待が高まるIoTについて、IBMは「モノと人のつながりの拡大」「イノベーションの加速」「オペレーションの強化」の3つの領域を重視している。つまり、消費者には、IoT機器(モノ)とシステムをつなげることによって新たなカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)を提供。企業には、新しい考え方をビジネスを成長させるためのイノベーションへと開花させたり、効率改善などによってオペレーション(業務)を強化したりすることによって、成長を促すのである。

 さらに、そうしたねらいのIoTシステムを早く・安く・簡単に作れるようにするためのソフトウェア基盤として、IBMは「IBM Internet of Things Foundation」(IoT Foundation)をIBM BluemixというPaaSのサービス群として提供している(図1)。ここに含まれているサービスは、リスク管理、分析、情報管理、接続の4種類。利用者向けの機能は、インダストリートランスフォーメーション(新しいビジネスモデルへの進化)、アプリケーション&ソリューション(運用の最適化とパフォーマンス向上)、プラットフォーム(IoTソリューションの構築と管理)、デバイス&ネットワーク(接続性の確保)の4つに大別できる。

図1 Bluemixを利用して拡充するサービス
IBM Bluemix上に用意されたIoTやデータ分析のサービスを利用して、早く・安く開発できる
[画像のクリックで拡大表示]

IoTソフトを自社で開発しなくてもシステムを素早く安価に構築できる

 PaaSのサービス群として提供されることから、IBM IoT Foundationは「クイックにコストをかけずに構築できる」(土屋氏)という点でも優れている。PaaSは“出来合い”のサービスをAPI経由で利用する方式のクラウドサービスなので、IoTやビッグデータ分析のためのソフトウエアを利用者側で開発しなくて済むのだ。

 IBM Bluemixにはモバイルサービス、Webアプリケーションサービス、データベースサービス、セキュリティサービスなども含まれているので、構築のための工数は最小限に抑えられるはず。高度な使い方をするのでなければ、プログラミングなしで処理ロジックを実装できる「Node-RED」という仕組みも利用できる。

 また、オンプレミスやIaaSと違って、PaaSにはシステム基盤の準備なしですぐに使い始めることができるという利点もある。「良さそうなアイデアがひらめいたタイミングですぐに試してみることができます」と、土屋氏。30日までは無料で使えるので、社内でアイデアソンやハッカソンを開催するときのクラウド環境として利用してもよいだろう。

 さらに、システムを動作させるための構成を自由にデザインできることもIBM Bluemixならではの特長だ。土屋氏は「IBM Bluemixは柔軟なクラウドサービスなので、お客様のニーズに合わせて、共有型のパブリッククラウドと専有型のパブリッククラウドのどちらも選択できます」と説明した上で、その必要がある場合は企業のデータセンターに構築したプライベートクラウドに移し替えることもできると付け加えた。

価値創出に寄与する充実の分析機能 コグニティブのIBM Watsonも使える

 IBM IoT Foundationのもう一つの強みは、データ分析機能の充実ぶりにある。分析サービスに含まれる4機能の中でも特に強力なのが、“自ら思考するコグニティブ”とも呼ばれる「IBM Watson」。世界最高峰のテニス大会であるWimbledon 2015向けにIBMが開発したセカンドスクリーンシステム「IBM SlamTracker」にもIBM Watsonの技術が使われている、と土屋氏は紹介した。

 このセカンドスクリーンとは、スポーツなどのTV放送を見ながら手元のタブレットにデータを表示する機能のこと。IBM SlamTrackerには、過去の対戦データから算出した両プレーヤーの勝利確率を調べたり、試合を見ていて疑問に思ったことをその場で質問したりできる機能が装備されているという。

 「IBM Watsonは、『なぜ選手は白いウェアを着ているの?』という一般知識を問う質問にも、『Andy選手のサーブの平均速度は?』という統計データの問い合わせにも、瞬時に答えることができます。それができるのは、映像などのIoTデータをリアルタイムに分析してサーブの速度といった価値ある情報に変えているからにほかなりません」(土屋氏)

 IBM IoT Foundationを使ってIoTシステムを構築するには、まずデバイス(IoT機器)を用意し、それをクラウドに接続してセンサーデータをストレージに溜め、利用者側で開発したソフトウエアからREST/APIを経由してIBM Bluemixのサービスを利用するという手順を踏む。この流れを簡単に体験できるようにと、IBMは疑似体験用のWebサイトを公開中(図2)。手持ちのスマートフォンをIoT機器代わりのデバイスとして使えるようになっているので、本物のデバイスがなくても雰囲気は十分に確認できる。

図2 デモ:IoT Foundation on Bluemix.net
スマートフォンさえあれば、IBM BluemixベースのIoTシステムの雰囲気を確認できる
[画像のクリックで拡大表示]
お問い合わせ