ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

クラウドを便利にするマーケットプレイス

Microsoft Azure上で業務システムを構築するとき、マイクロソフト提供の標準サービスやツールに追加して、LinuxやOSSなども使いたい――。このような方にお勧めしたいのが、サードパーティー製のサービスやアプリケーションをネット上で提供(販売)する「Microsoft Azure Marketplace」だ。アプリケーション組み込み済みの仮想マシンとして提供されているものなら、使い始めまではわずか数分。Azureで稼働テスト済みのソフトウェアなので安心して利用でき、工数も期間も大幅に削減できる。

Microsoft Azureを業務システム基盤として選ぶ企業が増えてきた

日本マイクロソフト株式会社
マーケティング&オペレーションズ部門
クラウド&エンタープライズビジネス本部
シニアプロダクトマネージャー
青木 卓

 クラウドファースト時代の今、マイクロソフトのクラウド「Microsoft Azure」を業務システム用の基盤に採用する企業が増えている。

 その理由として、日本マイクロソフト マーケティング&オペレーションズ部門 クラウド&エンタープライズビジネス本部 シニアプロダクトマネージャーの青木 卓氏は、「Microsoft Azureが選択される理由として、提供される多彩なサービスやコスト競争力の高いサービスとともに、日本のお客様に根ざしたサービスを提供していることが大きな強みになっています。BCPの観点で東日本と西日本に2つのリージョンのデータセンターがあるので、事業継続計画 (BCP)や災害対策(DR)に対応しています。また日本のお客様にハイブリッドでシステムを管理、運用したいという要望にも、Azure及びその他のサービスやオファリングでマイクロソフトは対応しています。さらにWindows Serverの多様なエコシステムとの親和性や円建て・請求書払いで決済できる」(青木氏)ことも、Microsoft Azureが日本の企業ユーザーが選択されている重要な要因だ。

 ただし、Microsoft Azureには多種多様なサービスがあり、目的に合わせたいろいろな使い方が可能だ。このため、Microsoft Azure上に業務システムを構築するといっても、その実現手法は様々だ。

 例えば、既存のWindows Serverベースの業務システムをオンプレミスからクラウドに移行する場合は、Microsoft AzureをIaaSとして利用することが多い。Windows ServerとMicrosoft Azureの相互運用性は高いので移植はきわめて容易だが、その反面、Microsoft Azureならではのサービスを利用するには業務システムの書き替えが必要だ。

 一方、業務システムをクラウド上に新たに構築する場合は、Microsoft AzureをPaaSとして利用することもできる。そのためにはクラウドアプリケーションを一から構築することも可能だが、多くの日本企業では社内に多くのソフトウェア技術者を抱えていないのが実情だ。

Azure Marketplaceを利用するとソフトウェアを数分で入手できる

日本マイクロソフト株式会社
デベロッパーエバンジェリズム統括本部
ISVビジネス推進本部
パートナービジネス推進部
部長
陣内 裕輔

 では、Microsoft Azureの機能をフル活用したいが、業務システム開発に要するコストと時間を節約するにはどうすればよいか――。

 企業のそうした声に応えるものが、Microsoft Azure用に作られたサービスやアプリケーションをネット上で提供(販売)する「Azure Marketplace」だ。オンラインショップという位置付けは、PCやモバイルデバイス用のアプリを提供しているWindows Storeと同じ。しかし、すぐに使える単体の業務アプリだけでなく、業務システム開発用の“部品”となるサービスやアプリケーションも提供する点では大きく異なる。

 Azure Marketplaceで購入できるものには、アプリケーションサービス、データサービス、アプリケーション組み込み済みのAzure仮想マシンがある。また、いくつかのWebサービスとAzure Active Directoryは無償でダウンロードが可能だ。日本マイクロソフト デベロッパーエバンジェリズム統括本部 ISVビジネス推進本部 パートナービジネス推進部 部長の陣内裕輔氏は「全体では3500製品以上、仮想マシンになっているものだけでも600製品を超えます」と紹介する。2015年末より、日本の ISV からのパブリッシュ(Marketplace への登録)受付も開始している。

Azure Marketplaceの構成
アプリケーションサービス、データサービス、仮想マシンのほか、無償のWebアプリケーションとAzure Active Directoryも入手できる
[画像のクリックで拡大表示]

 このほか、日本独自のマーケティング施策として、サードパーティーが自ら用意した製品カタログ「Microsoft Partner Solution Digital Catalog」も用意されている。Azure に対応している ISV の製品を検索、閲覧することができる。また、Azure Marketplace に掲載されているソフトウェアであれば、直接リンクもあるので便利だ。

 Azure MarketplaceとMicrosoft Partner Solution Digital Catalogのどちらで購入する場合も、「ジャンルやキーワードで検索」→「価格などの確認」→「ソフトウェア購入と仮想マシンの作成」といった流れは共通。ほとんどのサービス/アプリケーションは数分で使用可能な状態になる。

Microsoft Partner Solution Digital Catalog
日本独自のマーケティング施策として、日本語パンフレットをオンライン提供。ダウンロードもできる
[画像のクリックで拡大表示]