ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

対談メディーバ×オープンストリーム

KDDIグループの一員として、「auスマートパス」をはじめとするモバイルメディアの企画・開発・運用および広告ビジネスを展開するmediba(メディーバ)。目まぐるしく変化するネットサービスの世界で必要とされるのは、高品質でスピーディーな開発体制だ。medibaとシステム開発パートナーであるオープンストリームの関係から、ビジネスを成長させるシステムづくりの鍵が明らかになった。

大プロジェクトの開発支援から始まった

一緒にビジネスを創っていきたい
株式会社mediba
執行役員 CTO(最高技術責任者)
兼 メディアシステム開発部 部長
山田 浩和 氏

吉原 御社とのお付き合いのスタートは「auスマートパス」のリニューアル開発でしたね。オープンストリームを選択いただいた理由をお聞かせください。

山田 KDDIグループの一員であるmedibaでは、様々な開発プロジェクトが同時に進められています。その中でも「auスマートパス」のリニューアル開発はとても大きなプロジェクトでかつタイトなスケジュールだったため、当社の開発リソースだけでは推進できませんでした。そこで、御社も含め、いくつかの開発パートナーにお声掛けをしました。

吉原 スピードと高い品質が要求されるネットサービス開発は当社の得意分野です。御社の積極的かつ先進的な事業推進とその拡大に参画させていただけることは、当社の目指す方向性の合致と相まって、大きなチャレンジを通じて成長にもつながると喜んだことを覚えています。

山田 開発パートナーに協力を要請するときは、内製リソースが不足している場合です。「auスマートパス 商品モニター」(以下、商品モニター)というサービスのリニューアル時は、社内でプロジェクトメンバーをアサインできない状況でした。当時、商品モニターのシステムは機能不足で、手作業のプロセスが混在するなど、運用面でも課題を抱えていました。
 そのような状況で、オープンストリームは技術力だけでなく、「ここまで」という線引きをせず文字通りパートナーとして広い範囲で仕事をしてくれました。

システムが変わってビジネスが加速した

難しいプロジェクトは“望むところ”
株式会社オープンストリーム
代表取締役社長
吉原 和彦 氏

吉原 2013年7月から8カ月間で全面リニューアルしたプロジェクトですね。当社にとっては“望むところ”のプロジェクトでした。オープンストリームのポリシーである、高品質かつスピーディーな開発をお見せできる絶好の機会だと思ったからです。

山田 ネットサービスの世界では品質とスピードがセットで要求されます。それを実現するためには、技術力に加えて、ビジネスへの理解が不可欠です。開発パートナーが当社のビジネスを分かってくれていることが、プロジェクトの推進力につながるのです。おかげさまで、このプロジェクトではリニューアルが予想以上に順調に進みました。
 ありがたかったのは、システムをリニューアルしたことで、ビジネス自体にドライブがかかったことです。多くの部分が改善されて業務の効率がよくなり、新しいトライアルに手が届くようになりました。O2O(オンライン・ツー・オフライン)にも取り組み、無料商品が当選した人をコンビニエンスストアに送客する試みも行うことができました。
 商品モニターのプロジェクトは過去最高の売り上げを記録し、好業績が評価されて「mediba awards 2014」という社内表彰制度の特別賞を受賞することができました。

吉原 ネットサービスの切り札を投入した甲斐がありました。本当にいいシステムとは、お客様のビジネスに貢献できるシステムです。ビジネスの成長を支援できることは、当社にとっても喜びです。

山田 開発パートナーに品質を求めるという意味では、「au WALLET ポイントプログラム」のサイト立ち上げのプロジェクトが典型的でしたね。ビジネスロジックが複雑なサービスをパブリッククラウド上で作るという技術的にもチャレンジングなプロジェクトで、バックエンドに強いエンジニアと、広告の経験者という2つの要素が必要でした。

吉原 高品質なシステムをスピーディーに開発しなければならないときに、開発パートナーが必要になってくるわけですね。

山田 頼もしい味方が支えてくださったおかげで、この一大プロジェクトを成功させることができました。どんな難易度でも対応できる技術力を信頼しています。

両社の強みを活かして新ビジネスを創り出す

吉原 これから新しいビジネスを展開されるそうですね。

山田 当社はこれまでauドメイン上でメディアを運営してきました。そのノウハウを活かして、さらに自社独自のサービスを立ち上げようとしています。市場のニーズを吸い上げ、ユーザーを増やしてビジネスを拡大していこうと考えています。

吉原 当社が注力しているのは「スマートデバイス」「クラウド」「ビッグデータ」の3つの技術分野です。その高い技術力とプロジェクトの推進力、そして社員力で、お客様のビジネスを成功に導くことが当社の企業理念です。

山田 これまでにないサービスだけに、よりスピーディーで柔軟な対応が求められます。従来のビジネスを続けながら新たなビジネスを展開する際は、体制づくりが難しい。開発パートナーには、対応がスピーディーであることと、事業への理解力があることに加えて、一緒にビジネスを創っていく姿勢があることを求めています。
 ネットサービスの世界は変化が激しく、1社ですべてをカバーするのが難しいのが現状です。もっと開発パートナーと密な関係を構築して、お互いの強みを活かして一緒にビジネスを創っていきたいと考えています。

吉原 日々情報交換しながら、両社で新しいビジネスモデルを創り上げていきたいですね。

サイト立ち上げから協働で取り組んだ「au WALLET ポイントプログラム」(左)と、リニューアルで売り上げが拡大した「auスマートパス 商品モニター」(右)

お問い合わせ

株式会社オープンストリーム
〒163-0709 東京都新宿区西新宿2-7-1  小田急第一生命ビル9階
TEL:03-4589-8800  FAX:03-4589-8810
URL:http://www.opst.co.jp/