ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

アジャイル開発とプライベートPaaS選択

バイモーダルに対応する
アジャイルとPaaSの関係

日本ヒューレット・パッカード テクノロジーコンサルティング事業統括 HOPS技術本部 部長 吉瀬 淳一 氏
日本ヒューレット・パッカード
テクノロジーコンサルティング事業統括
HOPS技術本部 部長
吉瀬 淳一 氏

 日本ヒューレット・パッカード(HPE:Hewlett Packard Enterprise)の吉瀬淳一氏は冒頭、「バイモーダルIT」という概念に言及した。これは、Gartnerが提唱する概念で、堅牢性など従来の企業ITの価値観を踏襲した「モード1」とビジネス創出に柔軟に対応する流動性ある「モード2」という“2つの流儀”のITが、今後企業の中で共存すべきという考え方だ。

 アプリケーションシステムになぞらえて説明した吉瀬氏は、前者は安全性や安定性を重要視し、年1、2回のアップデートを行うパッケージ。一方、後者のモード2は、動的であり、継続的デリバリーや統合が行えるクラウドネイティブアプリケーションと説明。さらに「モード2にあたる次世代型開発の方法論として注目されているのが、アジャイルであり、開発と運用部門の協力を実現するDevOpsである」と主張した。

 「モード2」を実現するテクノロジーとしては、当然クラウドシステムもその一つとなる。アプリケーションという意味ではPaaS(Platform as a Service)が引き合いに出されるが、コスト、性能、互換性、信頼性をうたったものが少なくない。しかし、吉瀬氏は「こうしたメリットはモード1のITに求められる従来型の価値観にほかならず、それだけではビジネスに新しい価値をもたらすことにはなりません」と断言する。

「次世代型のシステム開発を行って、新たなビジネスモデルを支えるためには、迅速性、柔軟性、拡張性といったシステムの特性はもちろんのこと、ここに開発者の視点を入れてシステム構築を考えていくべきです」(吉瀬氏)

 具体的には、「好きな言語やフレームワークが使えるコーティング環境」「使い慣れたCI(継続的インテグレーション)ツールによる柔軟なパイプライン管理」「既存のバックエンドサービスとの連携」といった観点が必要だという。「だからこそアジャイル開発が適切なのです。そのためにはプライベートPaaSという選択肢に価値があります」と続ける。

 HPEでは、PaaSソリューションとして「HPE Helion Stackato」を提供(図1)。これはCloud Foundryテクノロジーを基にしたエンタープライズクラウドアプリケーション向けのオープンプラットフォームである。インフラのIaaSにはあまり制限を持たせずAzure、AWS、VMwareなど仮想環境を含め利用が可能だ。アプリケーションの構築に必要な部品、外部サービスとのブローカーをPaaS内で準備。開発者はソースコードと必要な部品の情報をプッシュするだけでアプリケーションのデプロイが可能になるという。これにより「開発者はコード開発に集中し、ビジネスでイノベーションを起こせる」と吉瀬氏は強調する。

図1●Cloud Native Application Platform
図1●Cloud Native Application Platform
Helion Stackatoによるアプリケーションデプロイ開発者はソースコードと必要な部品の情報をプッシュするだけ。ビルドされたアプリケーションはDockerコンテナとして、可用性・スケーラビリティが確保された形で実行管理される。
[画像のクリックで拡大表示]

競争力を高めた
PaaS活用3つの事例

 既に多くの企業でHPE Helion Stackatoの活用事例が存在している。吉瀬氏は、豊富な事例の中から3つほど先進事例を紹介した。

 まず、1つ目の事例は米国のメガバンクによるものだ。7万台のサーバーが稼働し3000以上のアプリケーションを活用している大手銀行だが、クラウドネイティブ技術を応用したアプリケーション開発体制へと転換。背景には、新興インターネット系ベンチャーの台頭があった。同社では、開発体制を変化させることで、アプリケーションのリリースに要する期間を数日から数時間に短縮。クラウド上の各種サービスやデータソースを活用したアプリケーションをショートサイクルで開発する体制を実現した。

 また、大手自動車メーカーでは、自動運転などの最新技術を支えるアプリケーション開発と運用をグローバル規模で実現するためのマルチクラウドPaaSを構築。マルチクラウド環境への迅速なアプリケーション配備を可能にしたほか、開発者とITスタッフの満足度も向上させたという。吉瀬氏は、「特に、グローバル規模のプロジェクトでは、“楽しい開発”でないと優秀なスタッフが集まりません。開発者の満足度がサービスに影響します」と開発者のモチベーションの大切さを語った。

 さらに吉瀬氏は、大手テレコム企業がパブリッククラウドサービス、プライベートクラウド、モバイルアプリ開発基盤をオープンテクノロジで統合した事例を紹介すると、あわせて3事例に求められた共通点を分析。3事例ともに「迅速性、柔軟性、拡張性が求められたこと」「フロントのアプリケーションはインフラに依存せず、どこでも動くこと」「外部サービスをアプリケーションから容易に利用できること」であるとし、これにはプライベートPaaSが有効との見解を再度強調した。

アジャイル開発を阻む
課題と対策

 PaaSの次はアジャイル開発の実践に伴う様々な課題について説明があった。吉瀬氏は推進部門により2つのパターンがあることを指摘。1つは「トップダウンで行われるIT部門主導の改革」であり、もう一方は「現場からボトムアップされるビジネス主導による改革」だ。

 IT部門主導による改革では「内製化できない」という課題が挙げられやすい。こうした点に「すべてをアジャイルで開発するのは難しいものです。既存のWater Fall手法を一歩進め、間にアジャイルを導入するWater - Scrum - Fallが現実解です」(吉瀬氏)。

 また、現行のアプリケーション/サービス群をどのように扱うかといった課題には、いきなりの全面刷新ではなく、段階を踏む必要があるという。「まずは新規アプリケーションやサービスのみを対象とし、次にパイロットとなる既存システムを選択して、最後に全面的な棚卸しを行うことが理想です。この際、アーキテクチャーや開発手法を見直さず、単にインフラレイヤーの乗せ換えを行うのは避けるべきです」と指摘する。

 一方、ビジネス主導で行う場合、全社のIT方針が固まる前にプラットフォームを扱うとシャドウITになる懸念が挙げられた。これに対しては「プライベートPaaSもCI/CDツールも、インフラ部門から見るとLOBにほかなりません。まずは予算とコンプライアンスの範囲内でスモールスタートしてしまうことが大切です。その上でアプリケーション開発とDevOpsの実績を作れば全社展開がスムーズになります」という。

Helion Stackatoと
プロフェッショナルサービス

 こうしたアジャイル開発をサポートできるのが、HPE Helion StackatoでありHPEのプロフェッショナルサービスだ(図2)。HPE Helion Stackatoは、オープンソースPaaSとしては最も充実したエコシステムを形成しているCloud Foundryをベースとし、Dockerやエンタープライズクラスの管理機能を付加している。この安定感の上で生産性の高いDevOpsフローを実現する。

図2●Mode2の開発を支援するプロフェッショナルサービス
図2●Mode2の開発を支援するプロフェッショナルサービス
[画像のクリックで拡大表示]

 「構成規模もパブリックIaaSやVMwareなどの仮想インフラにHelion Stackatoを載せるシンプルなものから、本番環境にはプライベートIaaSをベースに、開発環境ではパブリックIaaS上でPaaSレイヤーを構築するなど分離したステージング環境なども実現します。Helion Stackatoでは、コードベースでもコンテナベースでも開発ができるほか、Visual Studioとの連携も実現していて、CI/CDでのパイプラインを実現しています」とその魅力を語る。

 HPEではプラットフォームの提供だけでなくサービスメニューも充実させている。アプリケーション変革を成功に導くための「コンサルティング」を豊富な導入実績をもとに実践。導入時にはPaaS基盤はもちろんのことIaaS基盤、ハイブリット基盤も構築するほか、アジャイル型開発や運用支援なども行う。さらにアプリケーションの開発まで手掛けることができるという。

 最後に、吉瀬氏は新バージョン「HPE Helion Stackato 4」のリリース情報にも言及。DiegoベースのCloud Foundryに準拠するほか、Cloud Foundryの各機能もコンテナとして実行される。さらにDockerにも対応し、kubernetesやMesosへの対応も予定されているという。最新バージョンの登場からも次世代型のITシステムの構築と適切な開発環境の実現を約束し講演を締めくくった。

お問い合わせ